レトロゲーム

2017年10月11日 (水)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』13

戻る

 

Pm_c14

金の洞窟~金太郎の村

 

次は金太郎の村を助けます。

村人が連れ去られたという金の洞窟へ。

洞窟の一層目の通路は「金」の字になっていますね。

村人が働かされていて、途中には監視役の鞭鬼がいます。

一層目が「金」だから二層目は何だろうなと思ってたら、今度は「玉」でした。

・・・・・・。

「玉」の点の部分に下へ行く階段がありますが、そこへつながる通路がありません。

上の階の村人が隠し通路があるって言ってましたね。

探してみたら鞭鬼が立っていた付近に隠し通路がありました。

三層目は「で」、四層目は「か」。

四層目には回復の泉がありました。

そして最後の五層目は「い」でした。

・・・・・・。

まぁいいや。

最深部にいる飴練り鬼を倒し、飴練り棒を入手。

ボスを倒したことでダンジョン内の敵はいなくなり、村人も各自帰っていったみたいです。

 

金太郎の村に戻ると、あれ?逃げたはずの村人がいませんね。

金太郎の前で飴練り棒を使ったら飴にされてた人々が元に戻り、金太郎が仲間になりました。

そして祭りが始まり、みんな踊っています。

鬼も一緒に踊っていますね。

村人が改心した鬼を受け入れたみたいですね。

牧歌的でいいなぁ。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』12

戻る

 

Pm_c13

浦島の村~目覚まし仙人の庵~麻痺消し仙人の庵

 

浦島の装備を整えようと兵具屋に入ったのですが、浦島って何も装備を着けていなかったんですね。

道理で弱いハズだ。

なんでそんな恰好で駆けつけてくるんだよ。

そういえばアイテムですが、昔のこういうゲームってキャラ一人一人が道具袋を持っていることが多いのですが、このゲームは道具袋が共有になってて仲間が増えるとその分容量が増えるシステムになっているんですね。

 

金太郎の村に行く前に仙人の庵に寄っていきます。

まずは目覚まし仙人の庵。

修業内容は流れる文字列を読み取るというもの。

流れが結構早いし同じ文字が連続するのでなかなか大変です。

正解は「もももももももものうちすもももももももものうちまもももみもももむもものうち」でした。

漢字にしたら少し分かりやすいかな。

「桃も 桃も 桃のうち  スモモも 桃も 桃のうち  ま桃も み桃も む桃のうち」

まもも、みもも、むももって何だろう。

 

次は麻痺消し仙人の庵。

修業は庵の南西にある一本松の付近にある「おおつづらふじ」という薬草を採ってくるというもの。

前にこの庵に来る途中で1本だけ松が生えているのは何だろうって思っていましたけど、こういうことだったんですね。

歩いて行って調べたら左下のマスにおおつづらふじがありました。

帰ろうとした途中で記念仙人が登場。

敵を2,000匹倒した記念として萬金丹の術を教えてくれました。

千金丹、萬金丹と連続で術をくれるんですね。

麻痺消し仙人の庵に戻るとおおつづらふじを材料に麻痺消しの薬を作ってくれました。

それを桃太郎たちの体に振りかけるともう麻痺することはなくなるとのこと。

飲むんじゃなくてかけるだけなんですね。

お風呂とか入っても取れないのだろうか。

そういえば金太郎がまだいないけど大丈夫なのかな。

金太郎だけ麻痺するとかじゃイヤですよ。

 

念のため先へ進む橋で通せんぼしている天の仙人を確認してみました。

まだいますね。

やっぱり全員連れてこないとダメですね。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』11

戻る

 

Pm_c12

浦島の村~竜宮城

 

さてもうこれ以上進めなくなったことだし、放置してきたイベントをクリアしていきますかね。

最初まで戻って通常通りに進めるのでは面白くないので、逆ルートでやっていこうと思います。

 

まずは浦島の村から。

若返りの泉の前で待ち構えている竜巻鬼に話しかけたら戦闘になりました。

桃太郎一人しかいなくて大変ですが、必要以上に高いレベルまで上げているので何とか倒すことができました。

すると灰色だった村が色を取り戻し、老人になった村人がお礼も言わずに次々と泉の水を飲んで若返っていきました。

最後の爺さん(この泉の管理者?)だけはお礼を言ってくれましたが。

 

カメが若返ったことで竜宮城に連れて行ってもらえるようになりました。

竜宮城には敵が出ますが単純な形状なのであっという間に最上階へ着きました。

まぁここはダンジョンではなくてお城ですからね。(そう考えると不便な造りですけど)

待ち構えてた三つ目鬼に話しかけると、浦島太郎が駆けつけてきました。

村人の話では浦島は修業してたらしいですね。

そのせいで鬼に襲われた村を助けられなかったのでは本末転倒ですけど。

浦島が仲間に加わり三つ目鬼と戦闘。

いやぁ、浦島弱い。

敵の攻撃数発喰らうだけで瀕死になりその都度桃太郎が回復してあげないといけません。

桃太郎だけならそんなにダメージも喰らわないので攻撃に集中できるのに。

せめて回復の術くらい持っててよ。

それでも何とか浦島を死なせずに倒すことができました。

すると乙姫様が出てきてお礼として浦島に全員回復効果のある乙姫の術を教えてくれました。

今更回復覚えても遅いよ。

珊瑚の涙というアイテムも貰いました。

持っているだけで毒を受けないようになるらしいですね。

これは便利だ。

他に人魚の舞なども見せてもらい竜宮城をあとにしました。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』10

戻る

 

Pm_c11

浦島の村~スズメのお宿2~目覚まし仙人の庵~麻痺消し仙人の庵

 

浦島の村で装備を整えたのでスズメのお宿2まで引き返し、北東へ進みます。

広い土地が広がっていますね。

ここにも痺れ薬を撒く敵が出てきてかなり厄介。

広い土地の南東には目覚まし仙人の庵がありました。

でも目覚ましの術は浦島しか覚えられないそうです。

この付近は敵がかなり強いのでこの庵の傍でレベル上げをしました。

戦闘で鹿角を使い、2回戦闘したら仙人に話しかけて回復。

これを繰り返したら簡単にレベルが上がりました。

 

更に進みます。

広い土地の北にも麻痺消し仙人の庵がありました。

麻痺消しの術も浦島が覚えるそうです。

そこから東へ進んでいくと橋があり、その向こう側に天の仙人がいました。

話しかけたら仲間を連れてこなかったことを叱られます。

イベントを一切こなさずに来られるのはここが限界か。

でもかなり進みましたね。

もうちょっと何か自然に足止めできるようなストーリーにできなかったのかな。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』9

戻る

 

Pm_c10

スズメのお宿2~浮遊仙人の洞窟~浦島の村

 

レベルが23段になったら稲妻の術がパワーアップしたと言われました。

もうすっかり忘れていましたけど、術がパワーアップするシステムがあったんですね。

戦闘で稲妻の術を使おうとすると稲妻1、稲妻2が選択できるようになりました。

 

浦島の村を目指します。

敵は硬いカニだけでなく痺れ薬を吐く亡者も出てきますね。

桃太郎一人しかいないので喰らった時点でゲームオーバーになってしまいます。(このゲームのゲームオーバーはセーブポイントに戻されるだけですけどね)

途中、橋で渡れる小島があり、そこの穴に入ると浮遊仙人がいました。

修業は洞窟の奥までいくこと。

途中には落とし穴があって下の階はダメージ床になっています。

落とし穴は一番近いルートを通ろうとすると落ちるように配置されています。

角にもあるので大回りすればいいというものでもありません。

まぁ、敵は出ないので何度も繰り返していけばそのうち正解のルートが分かってきますけどね。

修業を達成して浮遊の術を手に入れました。

ダンジョンでダメージ床や落とし穴を一定時間回避できる術ですね。

 

浦島の村に到着。

なんか一面グレーですね。

村人はみんな老人でフンガフンガ言ってて何が言いたいのかよく分かりません。

例によって家の中の人は無事なので、そちらから情報収集。

なんでも、浦島太郎が留守の隙に竜巻鬼が襲ってきて玉手箱をひっくり返し、若返りの泉も占拠されてしまったとか。

竜巻鬼はその若返りの泉の前で待ち構えています。

竜宮城でも何か起こっているみたいですが、カメも老人にされてしまい、竜宮城に桃太郎を連れていくことができないそうです。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』8

戻る

 

Pm_c09

金太郎の村~スズメのお宿2

 

敵の体力がまだ2桁と低いので、レベルが1上がるだけで結構戦闘が楽になりますね。

一度にたくさん出てくるとキツいですけど。

 

敵を1,500匹倒したことで記念仙人が出現。

今度は千金丹の術を貰いました。

アイテムじゃなくて術もくれるんですね。

しかもこの術はかなり重要な回復術ですよ。

 

ある程度レベルが上がり、ここら一帯の敵は一撃で倒せるようになったので次に進みます。

しばらく歩いて行ったらスズメのお宿2がありました。

金太郎の村から距離があってちょっと大変でした。

ここから南に行くと浦島の村です。

確か、かなり硬いカニ型の敵が出てくるんでしたよね。

今の強さではまだちょっとキビシイな。

また、北東の方向にも進めますが、こちらはもっと強い敵が出るので結局レベル上げは必要ですね。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』7

戻る

 

Pm_c08

阿弥陀洞窟~金太郎の村

 

レベル上げしてたら敵を1,000匹倒した記念として記念仙人から御祝儀の珠を貰いました。

 

ある程度強くなったので阿弥陀洞窟に入ってみたのですが、結構苦戦します。

レベルが充分に上がったと思ったんですけど、やっぱりお供がいないからかなぁ。

洞窟を抜けて進むと金太郎の村がありました。

この村では村人たちが金太郎飴にされていました。

やっと敵が悪らしくなってきましたね。

金太郎も飴にされていました。

敵の名前は飴練り鬼。

飴練り鬼の持ってる飴練り棒を使えば村人を元に戻せるそうです。

また、村人の一部はこの近くにある金の洞窟に連れていかれて働かされているとのことでした。

それにしても、店の人は無事なんですね。

真っ先に飴にしておけば桃太郎を苦戦させられるというのに、詰めの甘い奴らだ。

 

敵がかなり強いのでまたレベル上げします。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』6

戻る

 

Pm_c07

花咲かの村~鹿角仙人の村~阿弥陀洞窟

 

レベル上げしてたらまた記念仙人が出てきました。

今度は500匹倒した記念で、物増やしの珠を貰いました。

 

ある程度レベルが上がったので次の場所に進んでいきます。

ウンチの泉から北東に進むと花咲かの村があります。

花咲かの村は桜の名所ですが、今年は黒い桜が咲いて困っているそうです。

でもまぁ、先に進みますね。

 

花咲かの村から北西に進むと鹿角仙人の庵がありました。

他の仙人の庵と違って、なにやら外に人が何人もいますね。

鹿角仙人の修業は当然戦闘です。

かなり攻撃力も防御力も強い強敵です。

なんとかギリギリで倒すことができました。

鹿角は敵全員にクリティカル攻撃できる非常に強力な術です。

消費MPが高い(最大MPの40%)のがネックですが、いざというときに役に立ちます。

 

次の場所へ進むには阿弥陀洞窟を通る必要があります。

この洞窟は入ると5つの階段があり、その先はあみだくじのような通路になっています。

下りた階段によって通路に置かれた石の位置が変化して、あみだくじ通りにしか進めません。

が、石は進めなくするように配置されているだけで無関係なルートには置かれていないので、下りる階段によっては一度に複数のゴールに到達することが可能です。

正解のルートの最後には出口の階段、不正解のルートにはつづらが置かれています。

入口にいた人たちの話によると猿の鳴き声が聞こえたとか。

どうやらつづらの中に猿が捕まっているみたいですね。

 

ちょっと敵に苦戦するので、洞窟を抜ける前にもうちょっとレベル上げしておきます。

やっぱりキジや犬を仲間にしていないのが響いてるのかな。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』5

戻る

 

Pm_c06

並び洞窟~ウンチの泉~飛燕仙人の庵

 

正解の洞窟は左から3番目です。

ここだけ奥が深いので入ってすぐに分かります。

奥のつづらを開けると下から階段が出てきてダンジョンが続きます。

進んでいくと・・・うわぁ、なにやら鬼の行列がありますよ。

これを1体1体倒していかないといけないのか。

鬼は赤鬼が5、青鬼が5、銀の鬼が2、金の鬼が1でした。

黄鬼と緑鬼はいないんですね。

その先の階段が出口です。

 

洞窟から出ると広い台地が広がっています。

木で「ギャグ命」って書かれていました。

ここでは通常とは違ってギャグ敵が登場します。

これが結構厄介な敵が多くて、ちょっと紹介してみますね。

 

1.天邪鬼

ジャンプの編集者 鳥嶋さんがモデルのキャラですね。(ドクタースランプのドクターマシリトで有名)

戦闘にはならず、「しばらく千鳥足になりたい」「スリルを味わいたい」の2択を迫られます。

千鳥足はエンカウントするまでの間、真っ直ぐ歩けなくなり、スリルの方は体力が1になってしまいます。

鬱陶しいけど千鳥足を選ぶべきですね。

 

2.福の神

ゲーム監督のさくまあきらさんですね。

戦闘にはならず、2桁の数字のスロットでお金がもらえます。

 

3.貧乏神

お馴染み榎本さんがモデルの貧乏神。

攻撃はダメージを受けず、お金を1両盗まれます。

あと、すぐに逃げます。

 

4.クロオニマティ

野球のクロマティ選手がモデルの鬼です。

向こうから攻撃してくることはありませんが、こちらの攻撃が跳ね返されることがあります。

しかもランダムでダメージが倍になったり3倍になったりします。

経験値は多め。

 

5.ラッキー鬼田

ラッキー池田さんがモデルだと思われます。

不思議なダンスを踊り、何故か桃太郎の技(MP)が回復します。

 

6.鬼レンジャー

戦隊ヒーローもののノリで赤鬼、青鬼、黄鬼、緑鬼、ピンク鬼が登場します。

ピンク鬼は初見ですね。

5人いますが、1体の敵扱いになっています。

攻撃の際にいちいち掛け声をかけるのが鬱陶しい。

倒すと遊園地で会おうとか握手しようとか言うので戦隊ヒーローそのものではなくヒーローショーがモデルなのかな。

 

7.説教の鬼

金八先生のパロディですね。

攻撃の度に説教してきます。

たまに長い説教があり、その時には攻撃を忘れてしまいます。

 

8.リングの鬼

プロレスの猪木さんがモデルの鬼。

攻撃の時にしゃべる以外は特に変わったところはないですね。

 

北側には穴が開いていて、中に入ると池があります。

なんでも、茶釜村にある鉄のウンチを入れると何か起きるそうです。

茶釜村を解放すれば手に入るんでしょうけど、まだクリアしてないのでできませんね。

ここには牛を連れた人がいてミルクを飲ませてくれます。

全回復できるので、ここを拠点にマップ探索ができます。

 

西側の川を渡ると飛燕仙人の庵がありました。

飛燕の術は今まで行ったことのある村にワープできる便利な術です。

ただ、これに関する裏技がありましてね。

その裏技を実行するには飛燕の術を覚えずに進む必要があるんですよ。

というわけでちょっと不便ですが、飛燕の術は覚えずに進むことにします。

 

飛燕仙人の庵付近ではギャグ敵は出ないので、ここでレベル上げしておきます。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』4

戻る

 

Pm_c05

茶釜村~スズメのお宿1~稲妻仙人の庵~並び洞窟

 

茶釜村から進むとスズメのお宿1がありました。

スズメのお宿は各地に存在する村で、安価で泊まれる宿屋があり、イベントはありません。

そこから南東に進むと稲妻仙人の庵がありました。

戦って勝つと稲妻の術を習得できます。

この仙人も強くて苦戦しましたが、なんとか倒せました。

 

スズメのお宿1の北には洞窟が並んでいます。

この中の1つが次の地域につながっています。

また、お地蔵さんの話では中からキジの声がするそうです。

1つ1つ入って確認していきますね。

それぞれの洞窟は短い1本道でつづらが置かれています。

右から2番目の洞窟のつづらにはキジが入っていました。

どうやら鬼に捕まって閉じ込められていたみたいですね。

仲間にしてくれと言ってきました。

断ることができるみたいですね。

・・・。

試しにやってみますか?

たぶん途中で話が進まなくなると思いますけどね。

ちなみにキジなどの動物を仲間にすると何故か桃太郎の能力が上昇し、戦闘ではランダムで敵に攻撃したり桃太郎を回復してくれます。

フィールドでは特殊なお役立ち能力を使うこともできます。

これらが得られないのはちょっと厳しいですけど、せっかくだから試してみます。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧