趣味

2017年7月 3日 (月)

スタートレック スターシップコレクション65号

E_mh88

スタートレック スターシップコレクションの第65号が安く売られていたので購入しました。

ズィンディ水棲族船。

昆虫族船を買った時にも言いましたけど、私はENTを第2シーズンの途中までしか観ていないので、ズィンディについては全く知りません。

でもENTの廉価版DVDを所有しているので、そのうち観ていく予定です。

多分、観たらズィンディ船が欲しくなるんじゃないかなぁと考えて買っておくことにしました。

幸い昆虫族船と水棲族船は比較的好みのデザインだったので抵抗なく買うことができました。

でも今後ラインナップされてる爬虫類族船はちょっと微妙なデザインだなぁ。

ズィンディは他に人族と毛長族がいるらしいのですが、これもそのうちラインナップされるんでしょうね。

今のところ、どんな形なのか全然知りませんが、好みのデザインだといいんですけど。

 

ところでこの第65号は台座の支柱が間違ったものが入ってて、定期購読の人は次の配送の時に正しいものが送られてきたそうです。

某大手通販サイトでは発売直後に売り切れになってしまい、しばらく買うことができない状態になっていました。

恐らく問題に気付いて回収してたんでしょうね。

その後、在庫は復活して普通に買うことができるようになっていました。

私の買ったものはというと・・・回収前のものだった模様。

なので正しく設置させることができず、写真の船は前後逆に設置しています。

それにしてもこれって定期購読の人以外は正しい支柱に交換する術はないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

スタートレック スターシップコレクション77号

E_mh86

スタートレック スターシップコレクションの第77号を購入しました。

ロミュランシャトル。

私の記憶ではこの船はDS9の1エピソードで数秒出てきただけの船ですよね。

遮蔽したままシャトル格納庫に入ってきて、遮蔽を解いて姿を現す。

たったこれだけの登場だったんじゃないかな。

実際に冊子の方の作中の写真はこのシーンしか載っていません。

そんな船までラインナップするとはね。

ロミュラン好きな私には嬉しいことですけど。

 

モデルの出来はかなり良いです。

なんか塗装にメタリック入ってますけど、色分けもディテールもしっかりしています。

 

それにしても番組内でもこの一瞬の出番だけのために精巧な模型を作ったんですね。

なんか勿体ないですね。

もっとで番増やしてほしかったな。

 

次は第90号ロミュランのスカウトシップを購入予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

スタートレック スターシップコレクション3号

E_mh82

スタートレック スターシップコレクションの第3号が安く売られていたので購入しました。

エンタープライズNX-01。

この本が発売された当初、店頭で見て出来が良さそうだったから買おうか迷ったんですよ。

実際に出来はかなり良いです。

全体的に金属製でズッシリしています。

金属パーツはモールドが甘いものが多いのですが、これはディテールがクッキリしていますね。

塗装もアズテックパターンがしっかり再現されています。

号によってアタリハズレが激しいシリーズですけど、これはかなりのアタリモデルですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

マインクラフト 海底神殿隠し通路探索

マインクラフトの海底神殿探索。

一通り内部を調べてみましたが、たいしたお宝は見つかりませんでした。

探索の際、壁などを一切傷つけずに調べていましたが、もしかしたら壁の中に隠されているかもと思って調べてみました。

Mc21

海底神殿の壁の材質はいくつかあるのですが、濃い色の壁を壊すと隠し部屋や隠し通路が出てくるみたいですね。

Mc22

金を発見。

あとはスポンジがたくさんありました。

ううむ、これだけなのかな。

まだどこかに隠し部屋があるかもしれないと思い、試しにマップを描いてみました。

すると行くことのできないスペースがありました。

濃い色の壁を壊すだけでは行くことのできない本当の隠し部屋があったみたいですね。

さすがにここにはお宝があるんじゃないかと期待して入っていきましたが・・・なにもありませんでした。

結局、海底神殿にはたくさんのスポンジと金がいくつかあっただけですか。

ちょっと期待外れだったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

マインクラフト 海底神殿探索

Mc17

マインクラフトで海底神殿の内部を探索しました。

内部も砂と梯子を使って水抜きしながら探索していったのですが、内部も思ったよりも広くて結構大変でした。

Mc18

海底神殿には正面の入口の他に裏口みたいなのがあったので、そこから探索していきました。

でも結局、正面入り口とつながっていましたけどね。

Mc19

複雑に入り組んだ構造をしています。

中は水で満たされていることが前提の作りなので、階段がないので自分で作る必要があります。

Mc20

海底神殿には貴重な宝があると聞いていたのですが、スポンジぐらいしか見つかりませんでした。

壁を壊して探索しないといけないのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

マインクラフト 海底神殿水抜き

Mc15

マインクラフトで海底神殿を探索しようと思い、砂と梯子で水抜き作業をしました。

いやぁ、予想以上に大変な作業でしたよ。

こんなことに何か月もかけてしまいました。

最初は単に水中を通る海底通路を作ろうと思ってただけなんですよ。

でも作っている途中で近くに海底神殿があることが分かり、そっちを探索してみようと思ってしまったワケです。

Mc16

とりあえず今は周りの水抜きを終えただけの状態で、内部の探索はこれからです。

一応、当初の予定通り陸と神殿をつなぐ海底通路は完成させました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

スタートレック スターシップコレクション73号

E_mh85

スタートレック スターシップコレクション第73号を購入しました。

集合体を離れたボーグの船(名前が長いって)。

どんな名前になるかと思ったら、こんな名前になりましたね。

もっと簡潔な良い名前なかったのかな。

 

この船はTNGのボーグ変質の謎に登場した船です。

VOYの1エピソードでもモニター画面にこの形が表示されていたことがありましたね。

一応、ボーグ関連の話だったと思いますが、でも全然関係ないような場面で出てきた気がします。

 

この船は私好みの不思議な形状の船です。

なのでかなり期待していたのですが・・・

このモデルはなんだかずいぶんちっちゃいな。

しかも塗装の質感のせいだと思いますが、すごくおもちゃっぽい。

スケール感が感じられないんですね。

墨入れとかされてたら多少良くなりそうですが。

あと、台座の安定も悪いです。

今回のはちょっと残念なモデルでしたね。

 

次回は77号のロミュランシャトルを購入予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

水曜どうでしょうフィギュア其の13開封

水曜どうでしょうフィギュア其の13を全部開封したので報告します。

 

Hwf1301

1個目はイタリアの種馬。

大泉さんが着てたBで始まる偽バレンチノですね。

質感がすごく良いです。

どうでしょうフィギュアがシリーズ化したときにすぐにラインナップされると私は思っていたのですが、今になってやっと登場しました。

 

Hwf1302

2個目はスポンジ縦noちゃん&タオルonちゃん。

これはあんまり覚えていないんですけど、温泉で大泉さんがねじって遊んでいたような記憶があるような無いような・・・

これはどちらもストラップになっていますね。

 

Hwf1303

3個目はミスター花瓶マネキン。

ミスターがこれ着て会場で潜んでいる姿を想像するとマヌケだ。

 

Hwf1304

4個目は鶴のon返し。

これもミスターの仮装。

よく出来てるな。

この調子でアリとキリギリスのアリとかもラインナップして欲しい。

 

Hwf1305

5個目6個目は米屋上下(ハングオンスタイル)シークレット。

今回、米屋上下が2個ずつ入っていましてね。

最初見た時、アソートミスか?とか思ってしまいましたが、今回は米屋上がシークレットでした。

ノーマルと違って上着を着ています。

 

Hwf1306

7個目、8個目は米屋上下(ハングオンスタイル)。

ノーマルの方は上着を腰に巻いています。

表情とかもよく出来てますね。

 

今回は上下分割の上の方がシークレットでした。

箱に明記されているので2分の1の確率で手に入りますね。

ダブりは上下分割の下だけで、ノーマル、シークレットそれぞれに装着できるから丁度良い感じです。

 

前回は半分以上が過去の復刻という残念なラインナップでしたが、今回は通常通りに戻ってよかったですよ。

復刻も1個か2個なら入ってても良いですけど、半分以上はやっぱダメですね。

 

開封順は次の通り。

8 6
7 5
4 2
3 1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

スタートレック スターシップコレクション ラインナップ追加(101~115)

スタートレック スターシップコレクション 101~115号が発表されました。

 

#101 ベイジョーの貨物船

この船の模型は改良されて色んな種族の船として使い回されているものですね。

TNGの時代からちょくちょく使われていました。

ちょっとこの船、欲しいかな。

 

#102 クリンゴンD5級

よく知らないけどENTに出てきたのでしょうか。

TOSに登場したクリンゴン船はD7級とか呼ばれてましたから、これは名前もデザインもそれより前っぽいですね。

 

#103 ヴィディア戦艦

ヴィディアはVOY初期では重要な種族だったのに100号越えてやっとラインナップですか。

 

#104 ジェノーラン

TNGの1エピソードに登場した小型船ですね。

スコットが乗っててダイソンの天球に不時着していました。

確かシドニー級だったかな。

まぁこの船はいつかラインナップされるだろうと思っていました。

 

#105 smuggler's ship

ううむ、何だろうこの船。

TNGの前後編「潜入ロミュラン帝国」に登場したらしいですね。

見た感じベイジョーの貨物船と同じ模型をベースにしているみたいに見えます。

だとしたらもうちょっと号を離した方が良かったんじゃないかな。

 

#106 ケイゾン戦艦

ケイゾンもVOY初期の重要種族なのに今ごろの登場ですよ。

これはプレデター級と呼ばれてた大型戦艦の方ですね。

ケイゾンはあまり好きな種族ではありませんが、この船のデザインは結構好きなので気になります。

ケイゾンはあと小型船と先の尖った突撃船がありましたね。

今後どちらも入ってくるのでしょうか。

 

#107 クリンゴン バードオブプレイ アタックバージョン

うわっ、こんなのまでラインナップしてくるんですか?

バードオブプレイは交戦中は翼を下げるのですが、そのポーズをしたモデルです。

 

#108 連邦 cheyenne級船

何だコレ。

連邦の船はウルフ359の戦いやドミニオン戦争でチラッと出てきただけの船までラインナップされるからよく分かりませんね。

 

#109 ボーグクイーン専用艦

ひし形の形からボーグダイヤモンドと呼ばれてた船ですね。

これは欲しいな。

 

#110 連邦 springfield級船

またよく分からない連邦艦か。

 

#111 キャプテンプロトン ロケットシップ

いやいやいや、こんなものまで・・・

VOYでパリスがホロデッキで遊んでたプログラムに登場する船です。

 

#112 USSフェニックス

センサーが円形だった初期のネビュラ級です。

前からこれはラインナップするって言ってましたね。

私は後期型のネビュラ級の方が好きなのですが、これもちょっと気になります。

 

#113 ロキリムの戦闘機

この船はVOYに登場した船ですね。

1エピソードにチラッと登場しただけの船ですけど、これも入ったのか。

確か色を変えて他の種族の船としてもVOYで登場しましたね。

形は結構カッコ良かったような気がします。

 

#114 連邦 challenger級船

またか。

 

#115 テラライトクルーザー

ENTに登場した船みたいですね。

なのでよく知りません。

 

 

やっとヴィディアとケイゾンの船が入ってきましたね。

なんでこんなに遅くなったんだろう。

連邦のよく分からない船は3つも入っていますね。

こんなほんのちょっと画面の隅に登場しただけ(多分)の船を入れるよりももっと目立ってたジェムハダー大型戦艦とかを入れてよ。

バードオブプレイだって余分な気がします。

 

とりあえず今回の中で買う予定なのはベイジョーの貨物船とボーグクイーン専用艦の2つ。

ケイゾン艦と初期ネビュラ級も気になるのでもしかしたら買うかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

スタートレック スターシップコレクション71号

E_mh84

スタートレック スターシップコレクションの第71号を購入。

エンタープライズA。

最初はこの号は買う予定は無かったんですけどね。

そういえばコンスティテューション級エンタープライズは1つも買ってなかったなぁ、スタートレックファンとして1つくらいは持っているべきかなぁと思ってつい買ってしまいました。

この船は出来が悪くて散々叩かれてた第2号の改良型エンタープライズとほとんど同じ形の船なのですが、塗装はしっかり改良されていて、アズテックパターンなども再現されててなかなか良い感じです。

形状自体は全く同じなのかな。

パーツのつなぎ目がちょっといいかげんだったり、片方のナセルが少し傾いてたりとちょっと不満があります。

あと船底が赤い塗料で汚れていました。

ちょっと残念な本に当たってしまったみたいですけど、それでも第2号よりはずいぶん良くなっていますね。

第2号も最初からこのクオリティで出していればもっと購読者が増えていたのに。

まぁ、これはイギリスのイーグルモスの商品なので日本のデアゴスティーニにはどうすることもできなかったんですけど。

むしろ出来が悪いことをあらかじめ知ってたから第2号の値段を半額にしたんでしょうね。

無駄でしたけど。

ここで質が悪いというレッテルを貼られたせいで人が離れていってしまいました。

一度離れるとなかなか戻すのは難しいんですよね。

半額にするよりも順番を入れ替えて第10号ぐらいにくるようにすれば1回叩かれるだけで済んだんじゃないかな。

今更言っても仕方ないですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧