« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月27日 (金)

モーヴィ浜名湖

2019.12.26

静岡県 湖西市

モーヴィ浜名湖

 

子供が冬休みに入ったのでどこかに連れて行こうと考えていたら浜名湖競艇場の中に子供が遊べる施設があることを知ったので、行ってみました。

モーヴィ浜名湖という施設だそうです。

E_mooovi01

1歳~小学校低学年くらいまでが楽しめそうな施設でした。

ウチの子も楽しんでいました。

それにしても混んでるなぁと思ってたら、どうも今月の中旬にオープンしたばかりみたいですね。

 

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

レトロゲーム ゲームボーイ 『スーパーマリオランド』6

戻る

 

Gs_d07

ステージ2-3

このステージは潜水艦に乗り込んでの横シューステージになっています。

ショットは1種類ですが、A・Bどちらのボタンでも発射でき、Aボタンの方はオート連射になっています。

敵はこれまでにも登場したホーネンとユラリン・プーのほか、トリオン、ユラリン、グニョンと結構種類が豊富です。

トリオンは名前の通り3匹セットで登場。

少し縦にずれて並んで突っ込んできて、画面左端で折り返していきます。

ちなみにホーネンはトリオンがタタンガに食べられた姿だとか。

なんでこんな目に遭わされてまでタタンガに従ってるんだろう。

ユラリンはユラリン・プーと同じデザインで、ゆっくりマリオに近づいてきます。

何でもユラリン・プーはユラリンのお兄さんだとか。

プーって何?

グニョンはタコ型の敵。

動きませんが、倒すと2つの弾になって飛んできます。

このステージにはUFOがいくつも沈んでいます。

ホントになんなんだろう、このUFO。

 

序盤には壊せるブロックが4つ固まったものが配置されています。

そのブロック塊2つ目の右上のブロックの中にキノコ、3つ目の塊の右上のブロックの中にスターが入っています。

スターは結構役立ちますね。

途中でブロックがたくさん並んでいる場所に出ます。

水中神殿の柱に見立てているのでしょうか?

最初の柱、隙間より下側の右上のブロックにキノコが入っています。

 

神殿を抜けるとまた広い空間になり、しばらく進むとコインが「MARIO」の形に置かれています。

昔はなかなか全部取れずにいたのですが、今やると余裕で全部取れますね。

その直後にまた神殿に入ります。

そして神殿の最初の柱の隙間の下側、右上のブロックにハートが入っています。

コインに気を取られて取り逃しやすいです。

また、最後の柱の隙間の下側、右上のブロックにキノコが入っています。

 

神殿を抜けるとボスです。

タツノオトシゴのような形をしたドラゴンザマスです。

ユラリンにも似てますね。

にしてもこの名前は何だ?

ボスは上下に移動しながら一定の間隔で弾を撃ってきます。

また、同時にタマオーという球体の敵が画面内を跳ねまわっています。

この敵は破壊不可能です。

1面ボスのように後ろのスイッチを押せば戦わずに倒すこともできますが、ボスの移動ルートに入っていかないといけない上にブロックで塞がれていますので、ちょっとタイミングが厳しくなっています。

大人しく戦った方が楽ですね。

横シューステージはちびマリオでもショットが撃てますし。

 

ボスを倒してデイジーを救出・・・今度はグニョンが化けていました。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

 

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

スタートレック スターシップコレクション115号

E_mh133

スタートレック スターシップコレクションの第115号が安く売られていたので購入。

テラライト巡洋艦。

22世紀のバルカン船3隻とアンドリア戦艦を手に入れたらテラライトの船も揃えておきたいなと思いましてね。

この船はズィンディ毛長族の船を色を変えて再利用したものです。

ちょっとくらい形に手を加えていれば両方ともラインナップできたのに、色以外全く同じなので毛長族船の方は出る可能性はほとんどなさそうです。

ズィンディの船は集めているのですが、毛長族船だけ無いというのはちょっと残念ですよ。

肝心の模型の方はというと、これもちょっと残念。

左右のライトみたいな部分にクリアパーツを使って欲しかったな。

それ以外は別に気になるところは無いんですけどね。

 

恒例の今後のラインナップの話。

あれから一気に175号までのラインナップが発表されました。

残念ながら私がこれだけは入れるべきだと思っていた船は1つも入っていませんでした。

170号はヴォイジャーに登場したシンクタンクの船。

171号はエンタープライズに出たデノビュラの船。

172号はズィンディ昆虫族の戦闘機。ああ、あったなこんな船。これは欲しいな。

173号はよく覚えてないけどTNGに出たらしい船。159号のクリンゴン艦と明らかにベースが同じ船ですね。

174号はアーチャーが子供のころ遊んでたスペースシャトルを進化させたような船。こんなものまでラインナップするのか。

175号はTNGに出た船。これもよく覚えてないな。

 

他にはボーナス版に色々と追加がありました。

ボーナス版っていうのがどういうものなのか私にはちょっとよく解らないのですが、ゲームに登場した船や鏡像世界の船やコンセプト版がラインナップされていました。

少し前、ここにカーデシアの武器プラットホームとネメシスに登場したスコーピオン級戦闘艇がラインナップ予定に加わりました。

武器プラットホームは無人機なので別枠で出すのは仕方ないとは思いますが、なぜスコーピオン級まで?

映画に登場した船なんだから通常版じゃなければスペシャル版に入ると思っていたのに。

と思っていたらしばらくしてスコーピオン級の情報は消滅。

誤報だったんですかね。

武器プラットホームの方は正式にラインナップされました。

これはちょっと欲しかったので通常版に入らなかったのは残念です。

 

叛乱に登場したソーナ戦艦はスペシャル版にラインナップ予定。

結局ソーナ艦は3種類ともスペシャル版で出るのか。(正式に決定しているのはまだ司令艦だけですけど)

 

これだけは出すべきだと思う船

 

1.ネメシスに登場したロミュランの攻撃艇。スコーピオン級。

2.ケイゾンの大型戦艦。プレデター級。

3.ケイゾンの突撃艦。

4.ズィンディのデグラの船。

5.ズィンディ昆虫族のシャトル。

 

ソーナ戦艦が消えて残り5隻になりました。

前回予想したときには11号中に6隻だから全部入る可能性もあると思っていたのですが、残り5号中5隻になってしまいました。

キビしいな。

まぁスコーピオン級はスペシャル版に入る可能性が高いですけど、それでもやっぱり全部入る可能性は低いな。

200号までの延期はあるのか?

 

| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

レトロゲーム ゲームボーイ 『スーパーマリオランド』5

戻る

 

Gs_d06

ステージ2-2

海に浮かぶ遺跡みたいなところが舞台です。

新たにロボット型の敵メカポンが出現します。

頭を飛ばして攻撃してきて、それぞれ踏むことが可能ですが、頭だけ倒しても復活してしまいます。

体の方を倒せば完全に倒せますが、倒した後も体があった場所まで頭が飛んでくるので注意。

丈夫そうに見えますが、スーパーボール1発で倒せます。

 

最初の入れる土管の中は前のステージにもあったコイン群が上下に分かれているタイプです。

こちらは隠しブロックは無く、キノコ入りだったブロックはコインが複数枚入ったものに変わっています。

土管から出て少し進むとブロックが並んだ遺跡の中に入ります。

下の方にコインが並んでいるのが見えます。

実はこの遺跡の入口付近には見えない足場ブロックがあって、ちびマリオなら下のルートを通ることが可能です。

大きいマリオでも技を使えば通れますが、時間がかかるのであまりお勧めできません。

下のルートにはコインの他にキノコの入ったブロックもあります。

上のルートの並んでいるブロックは途中で途切れて3つに分かれているのですが、最初の列の最後にスター、2つ目の列の最後にキノコが入っています。

このスターを取ったらアイテムを無視して突き進めばこの先を楽に進むことができます。

この先はユラリン・プーと他の敵が重なって結構大変なので。

でも焦ってリフトから落ちたりということもよくありますが。

 

2つ目の土管は前のステージにあった穴だらけの通路を隠しブロックで上っていくタイプです。

このステージの土管はどちらも前のステージと同じ形なんですね。

ただし、隠しブロックの場所は一番左の穴の下に移動しています。

また土管の下のブロックに複数のコインが入っています。

 

ゴールは落ちる足場をジャンプで上っていき、リフトに乗る形になっています。

このリフトは直前のはてなブロックから大ジャンプで乗ることも可能です。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

 

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

nanoblock ナノブロック ルーク・トライトン

Nb656

ナノブロックでゲーム「レイトン教授シリーズ」に登場するルーク・トライトンを作りました。

アニメでは成人していましたが、ゲームの印象の方が強かったので子供時代の姿にしました。

Nb657

髪型の造形に少し迷いました。

斜め前からの絵では耳の後ろ左右2か所が尖っているようにも見えるので、最初はそう作ろうとしてしまいました。

でも色々と画像を調べてたら実際に尖ってるのは中央の1か所だけみたいですね。

作る前に気付いて良かったですよ。

Nb658

ナノブロックで作った「レイトン教授シリーズ」のキャラクターたち。

ルークだけ時代が違います。

他の人は倒れやすいけどシャーロは安定してるからいいかと思ってたんですけど、1つだけ土台がないのは不自然ですかね。

 

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

浜松城公園

2019.12.12

静岡県 浜松市中区

浜松城公園

 

今回もまた浜松城公園に行ってきました。

先週は紅葉の見頃にはまだまだでしたが、あのあと土曜日に見頃を迎えたと聞きましてね。

P_hamamatsu90

先週とは大違いの光景です。

1週間でずいぶん変わるものですね。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

レトロゲーム ゲームボーイ 『スーパーマリオランド』4

戻る

 

Gs_d05

2面はミューダ王国。

名前の元ネタはバミューダからきている感じですね。

1つ目のエリアは海に浮かぶ小さな島々が舞台です。

ところでスタート地点のUFOは何なんでしょう。

 

ステージ2-1

このステージにはホーネンという魚の骨型の敵がジャンプしてきます。

なんか噛みつかれそうですが、踏んで倒すことができます。

紛らわしい形をしていますね。

 

始めてすぐ、3枚のコインが置かれてる島の下にもう1つ小さな島があります。

ここにキノコの入った隠しブロックがあります。

最初の入れる土管の中の左端の壁にもキノコの入った隠しブロックがあります。

また、この土管の中の他のブロックにもキノコが入っています。

ここはコインが上下2か所に分かれて配置されていて、大きいマリオだと片方しか取れないようになっていますが、技を使えば両方取ることができます。

下から先に取る場合は1個だけ浮かぶブロックの上に乗って右を押しながら下を何度も押して通過、コインを取ったら浮かぶブロックの横で左を押しながら下を何度も押して通過。

決して浮かぶブロックは壊さないように。

上から先に取る場合はコインを取ったあと土管の横まで降りて隙間のあるところの横で左下を押しながら何度もジャンプ。

これで隙間に挟まりますのでその後も左下を押しながら連続ジャンプです。

 

次にスターがブロックから出てきます。

このあと、ジャンプしながら弾を吐いてくるユラリン・プーという敵がいるのですが、当時は結構強敵に感じていたので無敵を利用して倒そうと考えて焦ってよく海に落下していました。

落ち着いてやれば全部の敵を体当たりで倒しながらユラリン・プーの後のパックンフラワーも倒すことができます。

そのパックンフラワーのいる土管は入ることができます。

土管の中は一見、出口に続く通路にジャンプで届きそうもないのですが、右端に足場になる隠しブロックがあります。

通路は穴だらけですが、他のマリオ作品と同じでBダッシュで走れば落ちません。

 

そのあとの橋ではユラリン・プーが2連続で出てきます。

今では何でもないこの場所も当時は苦手だったなぁ。

次にコインがブロックに囲まれていて、その手前にリフトとはてなブロックがあります。

はてなブロックの下にはブロックがあるので大きくないと取ることができません。

中にはハートが入っていて、出すとコインの中を通って落ちてきます。

これもよく取ろうとして焦って落ちてたなぁ。

 

ゴールはまたリフトと落ちるブロックの組み合わせです。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

 

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

スタートレック ディスカバリー 第2シーズン BD-BOX

E_mh132

スタートレック ディスカバリー第2シーズンのBD-BOXが届きました。

第1シーズンに比べてイマイチという意見も何度か聞いてちょっと不安ではありますが、楽しみにしていました。

パッケージにエンタープライズと戦っているような写真が載ってるのが気になります。

何が起こるんだろう。

 

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

浜松市紅葉巡り 二俣城跡、鳥羽山公園、万葉の森公園、浜松城公園

2019.12.5

 

今週もまた紅葉を見に行ってきました。

先週は小國神社と二俣城跡に行きましたね。

まだ見頃には少し早い感じでしたが、もうそろそろ見頃を迎えたんじゃないかと思いましてね。

 

静岡県 浜松市天竜区

二俣城跡

 

まずは先週も行った二俣城跡から。

ここは遅く行くとゲートボールをやりに来た老人たちで駐車場が埋まってしまうことがあるので早めに行きました。

C_futamata12

ううむ、まだ見頃には早いみたいですね。

1週間じゃ足りなかったか。

ちなみに8時半ごろ着いたのですが、既にゲートボールの老人たちは何台か来ておりました。

 

 

静岡県 浜松市天竜区

鳥羽山公園

 

P_tobayama34

次は二俣城跡からすぐ近くの鳥羽山公園。

ここもまだ見頃には早いのですが、それでも二俣城跡よりは紅葉が進んでいました。

こんなにすぐ近くなのに差が出るんですね。

P_tobayama35

紅葉越しの天竜川。

下の道路を走ってくるとき、この展望台付近だけが赤くなっているのを確認できました。

 

 

静岡県 浜松市浜北区

万葉の森公園

 

P_manyonomori30

3か所目は万葉の森公園。

一応、綺麗な写真を撮ることができる場所はありましたが、やっぱり見頃にはまだ早いですね。

 

 

静岡県 浜松市中区

浜松城公園

 

P_hamamatsu88

最後は浜松城公園。

当然ここも見頃にはまだまだ。

ただ、天守閣付近の木だけはほとんど散っていました。

P_hamamatsu89

浜松城公園でリスを発見。

何やら食べてるみたいです。

食べられるものが何かついてるのかな。

芽とか?

 

やっぱり今年は全体的に紅葉が遅れていますね。

かといって来週に延ばしたらもう散ってしまったということになる可能性もありますからね。

まぁ来週、時間があったら浜松城公園ぐらいにはまた行ってみようかな。

 

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

nanoblock ナノブロック ひまわり畑

ナノブロック アワード2019投稿作品2つ目はひまわり畑です。

Nb652

ナノブロックばかり作ってたら何かを見ると「これはブロックで再現できるかな」と勝手に考えるようになってしまいましてね。

これもそうやって発想しました。

Nb653

1本だけだと寂しいので、横に並べて、後ろの隙間に並べて、ってやっていったら最終的に花畑になってしまいました。

花は後ろに行くほど小さくなっていって、広大なひまわり畑をコンパクトに再現しています。

Nb654

これもリアル猫と同様に浜名湖ガーデンパークで撮影したのですが、距離感に関係なく幅が一定なので、ちょっと違和感がありますね。

Nb655

本物のひまわり畑の写真と合成してみました。

想像していたよりもうまく溶け込んでいますね。

 

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

nanoblock ナノブロック リアル猫

ナノブロック アワード2019が終了しました。

いつもはキャラクターものばかり作ってるせいでなかなか参加することができませんでしたが、今回は2作品を投稿することができました。

賞が取れるような面白い作品ではありませんが、希少なナノブロックの祭典ですから参加できるだけでも楽しいですね。

せっかくなので投稿作品をここでも紹介しておこうと思います。

まずは1つ目の作品 リアル猫から。

Nb645

この作品は元々アワードとは関係なく設計していました。

設計図が完成してから組み立てるまでの間にアワードの開催が発表されましてね。

ああ、これならアワードに出せるなと考えて参加することにしました。

Nb646

私は猫が好きなのですが、我が家では猫を飼うことができる環境ではありません。

それならブロックで作ろう。

というのが作ろうと思ったきっかけです。

Nb647

せっかく作るんだから最も理想的な模様のリアルな猫にしようと考えました。

白黒のハチワレ&ソックスで顔の色の境目は目です。

Nb648

ちょっと目つきは悪くなってしまいましたが、なかなかいい感じに仕上がりました。

Nb649

いつもの背景だと殺風景なのでわざわざ浜名湖ガーデンパークまで行って撮影してきました。

真夏の昼間に汗だくでおもちゃの撮影をしてる様は傍から見て異様だったかもしれませんね。

でもいい写真を撮ることができました。

Nb650

参考にした猫画像その1。

昔、出掛けた先で見つけて撮った猫たちです。

Nb651

参考にした猫画像その2。

一時期、近所に住み着いてたノラ猫です。

4枚とも同一の猫です。

赤ちゃんの時から成猫になるまで見続けていました。

結構理想に近い模様の猫でしたね。

顔の色の境目の位置が惜しかったな。

 

もう1つの作品はまた次回。

 

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »