« 白脇田んぼアート2019 | トップページ | メガドライブミニ »

2019年9月17日 (火)

ゾイドワイルド

E_mh128

ゾイドワイルドがスタートして1年以上経った今更になって一気にキットを集めてしまいました。

 

私は旧ゾイドのメインターゲット世代です。

第1期の「メカ生体ゾイド」の時は小学生でした。

SFは好きだけど人型ロボットに興味のなかった私にとってゾイドは特別な存在で、同級生の誰よりも豊富なゾイドコレクションを保有していました。

中学生になって周りがゾイド離れしていく中でも私だけは続けていたのですが、さすがに終盤のデザインにはついていけず、ギルベイダーを最後にゾイドを卒業することになりました。(正確に言うとゲームボーイソフト「ゾイド伝説」が最後かな)

そんな私が大学4年生の時にゾイド第2期「機獣新世紀ゾイド」がスタート。

同時に初のアニメ化をして再びゾイドブームが到来しました。

翌年、就職した私は豊富な資金力を手に大人買いしまくることに。

複数買いは当たり前、塗装や改造技術も上達して第1期以上にハマることになりました。

しかしブームの終焉はいつか来るもの。

4作品続いたアニメも終了し、その後は大人向けの商品展開を細々と続けることに。(ほとんどが長続きせず)

 

そして去年、ゾイド第3期「ゾイドワイルド」がスタート。

ただ今度のゾイドは世界観を一新した上にスケールも変更されてしまったため、手を出すのを躊躇することに。

ちょっと様子見しようと思っていたらアニメを見逃してしまい、今回は見送りを決め込みました。

ところが少し前にCSで1話目から放送が開始されましてね。

せっかくだから観てみることにしました。

ずいぶん子供向けの内容になっていますね。

敵がカッコ悪いのがちょっとイタダケません。

相変わらずライオン型が主役で敵のメインが肉食恐竜。

どちらもそんなに好きなモチーフではないので、やっぱり今回はアニメだけ観て、キットはスルーかなって思っていました。

でも他にどんなのがあるんだろうと商品サイトを覗いてみたところ、私の大好きなディメトロドン型のゾイドがいるじゃないですか。

他にも旧ゾイドのモルガとグスタフを合わせたようなのとかクモ型とか私好みのものもいくつかいました。

ただ値段が全体的に昔よりも高い感じなのでやっぱりスルーすることに。

そんな時、食玩でゾイドのミニチュアがオマケについてるものを発見。

ディメパルサーがラインナップされてて、しかも中身が選択可能なので1個買ってみました。

これなら安くて置き場所にも困らないからキットを買わずに済む・・・って思ったんですけどね。

誤算でした。

呼び水になってしまいましてね。

このミニディメパルサー、かなり出来が良くてカッコいいんですよ。

本物はどんな動きをするのかyoutubeで確認したらますます欲しくなってしまいました。

こうしていきなり一気買いという結果に。

買ったのはスコーピア、スパイデス、ガノンタス、ディメパルサー、キャタルガ。

最初、ガノンタスは買う気がなかったのですが、動画で動きを見たら結構動きが良くて、それがネットで安く売られていたのでつい注文してしまいました。

他の4つは私の好きなモチーフのものばかり。

ビックカメラとトイザらスで買ってきました。

ただ、こんなに一気に増えると置く場所が問題に。

やっぱり押し入れの整理をしないといけないかなぁ。

 

|

« 白脇田んぼアート2019 | トップページ | メガドライブミニ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白脇田んぼアート2019 | トップページ | メガドライブミニ »