« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』5

戻る

 

Pm_c06

並び洞窟~ウンチの泉~飛燕仙人の庵

 

正解の洞窟は左から3番目です。

ここだけ奥が深いので入ってすぐに分かります。

奥のつづらを開けると下から階段が出てきてダンジョンが続きます。

進んでいくと・・・うわぁ、なにやら鬼の行列がありますよ。

これを1体1体倒していかないといけないのか。

鬼は赤鬼が5、青鬼が5、銀の鬼が2、金の鬼が1でした。

黄鬼と緑鬼はいないんですね。

その先の階段が出口です。

 

洞窟から出ると広い台地が広がっています。

木で「ギャグ命」って書かれていました。

ここでは通常とは違ってギャグ敵が登場します。

これが結構厄介な敵が多くて、ちょっと紹介してみますね。

 

1.天邪鬼

ジャンプの編集者 鳥嶋さんがモデルのキャラですね。(ドクタースランプのドクターマシリトで有名)

戦闘にはならず、「しばらく千鳥足になりたい」「スリルを味わいたい」の2択を迫られます。

千鳥足はエンカウントするまでの間、真っ直ぐ歩けなくなり、スリルの方は体力が1になってしまいます。

鬱陶しいけど千鳥足を選ぶべきですね。

 

2.福の神

ゲーム監督のさくまあきらさんですね。

戦闘にはならず、2桁の数字のスロットでお金がもらえます。

 

3.貧乏神

お馴染み榎本さんがモデルの貧乏神。

攻撃はダメージを受けず、お金を1両盗まれます。

あと、すぐに逃げます。

 

4.クロオニマティ

野球のクロマティ選手がモデルの鬼です。

向こうから攻撃してくることはありませんが、こちらの攻撃が跳ね返されることがあります。

しかもランダムでダメージが倍になったり3倍になったりします。

経験値は多め。

 

5.ラッキー鬼田

ラッキー池田さんがモデルだと思われます。

不思議なダンスを踊り、何故か桃太郎の技(MP)が回復します。

 

6.鬼レンジャー

戦隊ヒーローもののノリで赤鬼、青鬼、黄鬼、緑鬼、ピンク鬼が登場します。

ピンク鬼は初見ですね。

5人いますが、1体の敵扱いになっています。

攻撃の際にいちいち掛け声をかけるのが鬱陶しい。

倒すと遊園地で会おうとか握手しようとか言うので戦隊ヒーローそのものではなくヒーローショーがモデルなのかな。

 

7.説教の鬼

金八先生のパロディですね。

攻撃の度に説教してきます。

たまに長い説教があり、その時には攻撃を忘れてしまいます。

 

8.リングの鬼

プロレスの猪木さんがモデルの鬼。

攻撃の時にしゃべる以外は特に変わったところはないですね。

 

北側には穴が開いていて、中に入ると池があります。

なんでも、茶釜村にある鉄のウンチを入れると何か起きるそうです。

茶釜村を解放すれば手に入るんでしょうけど、まだクリアしてないのでできませんね。

ここには牛を連れた人がいてミルクを飲ませてくれます。

全回復できるので、ここを拠点にマップ探索ができます。

 

西側の川を渡ると飛燕仙人の庵がありました。

飛燕の術は今まで行ったことのある村にワープできる便利な術です。

ただ、これに関する裏技がありましてね。

その裏技を実行するには飛燕の術を覚えずに進む必要があるんですよ。

というわけでちょっと不便ですが、飛燕の術は覚えずに進むことにします。

 

飛燕仙人の庵付近ではギャグ敵は出ないので、ここでレベル上げしておきます。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

深海アドベンチャー、スーパーエクスプレスカーニバル2017

2017.7.27

静岡県 浜松市中区

浜松科学館

 

今回は浜松科学館で開催されている「深海アドベンチャー」に行ってきました。

浜松科学館では毎年、夏休みになると色んな特別展を開催しますけど、今年は深海がテーマですね。

最初、子供は興味ないだろうと考えて、子供が夏休みに入る前に自分一人で行くつもりでしたが、結局両親たちも連れてみんなで行くことになりました。

E_hsm10

深海魚の標本やグソクムシ、深海探索用の船の模型や水圧で潰れたカップめんの容器などが展示されています。

でもやっぱり子供はそんなに興味は無かったみたいですね。

外に水を使って遊ぶ設備があるのですが、中よりもそっちの方を楽しんでいました。

 

 

静岡県 浜松市中区

メイワン

 

E_hs09

次に駅ビル メイワンに寄りました。

今、7Fでプラレールのイベント「スーパーエクスプレスカーニバル2017」というのが開催されています。

当然、子供はここから離れなくなりました。

 

ついでに6Fの鉄道模型の店にも寄りました。

E_hs10

やっぱりここでも離れなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』4

戻る

 

Pm_c05

茶釜村~スズメのお宿1~稲妻仙人の庵~並び洞窟

 

茶釜村から進むとスズメのお宿1がありました。

スズメのお宿は各地に存在する村で、安価で泊まれる宿屋があり、イベントはありません。

そこから南東に進むと稲妻仙人の庵がありました。

戦って勝つと稲妻の術を習得できます。

この仙人も強くて苦戦しましたが、なんとか倒せました。

 

スズメのお宿1の北には洞窟が並んでいます。

この中の1つが次の地域につながっています。

また、お地蔵さんの話では中からキジの声がするそうです。

1つ1つ入って確認していきますね。

それぞれの洞窟は短い1本道でつづらが置かれています。

右から2番目の洞窟のつづらにはキジが入っていました。

どうやら鬼に捕まって閉じ込められていたみたいですね。

仲間にしてくれと言ってきました。

断ることができるみたいですね。

・・・。

試しにやってみますか?

たぶん途中で話が進まなくなると思いますけどね。

ちなみにキジなどの動物を仲間にすると何故か桃太郎の能力が上昇し、戦闘ではランダムで敵に攻撃したり桃太郎を回復してくれます。

フィールドでは特殊なお役立ち能力を使うこともできます。

これらが得られないのはちょっと厳しいですけど、せっかくだから試してみます。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

はまぼう公園

2017.7.20

静岡県 磐田市

はまぼう公園

 

今回は磐田のはまぼう公園に行きました。

ハマボウは7月下旬ごろに満開になると聞いていたのですが、何年か前に7月中旬に行ったら既に満開になっていたので、今回も早めに行ってみます。

P_hamabou04

やっぱりもう満開に・・・あれ?よく見ると枯れてる花も多い。

満開は既に通り越して散っていく段階に入ってるみたいですね。

今年は色んな花が遅れて咲いていたけど、ハマボウは早かったかぁ。

P_hamabou05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』3

戻る

 

Pm_c04

カチカチの村~金丹仙人の庵~茶釜村

 

戦闘を繰り返して武器防具を揃えることができました。

途中でまた記念仙人が現れて仙人の桃というアイテムを貰いました。

このままカチカチの村をクリアしてもいいのですが、ちょっとマップ探索をしてみます。

 

少し北へ進むと金丹仙人の庵がありました。

金丹は回復の術です。

習得するには仙人と戦って勝つことです。

仙人は攻撃力が高く、術で回復したりもするので結構厄介です。

なんとか倒してきんたんを習得。

これで戦闘が楽になりますよ。

 

更に進んでいくと茶釜村に到着。

ここは文福茶釜の村ですね。

タヌキと人間がお茶を栽培して暮らしているそうです。

なんでも、ぶんぶくというタヌキの長老が毎年お茶摘みの時期を予言して美味しいお茶を収穫しているとのこと。

そのぶんぶくが鬼によって大きな茶釜に監禁されて困っていました。

 

ここでもお金集め&レベル上げをして装備も整えました。

さて、まだまだ先へ進んでいきますよぉ。

このゲームってイベントをクリアしなくてもどんどん進めるんですよね。

でもどこまででもというワケではありません。

やり残しがあると途中で止められるポイントがあったハズ。

そこまで進んでみようと思います。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

nanoblock ナノブロック しまじろう

Nb437

ナノブロックで知育教材やアニメのキャラクターのしまじろうを作りました。

Nb438

子供がしまじろうを大好きなんですよ。

生まれて初めて映画館で観た映画もしまじろうでした。

Nb439

しまじろうのデザインは時期やメディアによって異なります。

私が一番参考にしたのは現在放送中のアニメ「しまじろうのわお!」のデザインでした。

Nb440

しま模様は2ブロック分の幅があります。

本当は1ブロック分の幅にしたかったのですが、顔のサイズの影響でこの大きさになりました。

Nb441

もう少しデフォルメしてもっと小さいサイズで作った方が良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

小さなフィギュアの世界 海洋堂のおまけコレクション

2017.7.13

静岡県 磐田市

磐田市香りの博物館

 

P_kaori05

磐田市香りの博物館で「小さなフィギュアの世界 海洋堂のおまけコレクション」を開催しているというので行ってみました。

ガチャガチャや食玩のフィギュアを多数展示。

フィギュアを使ったジオラマやフィギュアを大人の身長ほどに拡大させたものなどもありました。

 

 

そういえば香りの博物館に到着する直前に物凄いドシャ降りに遭いましてね。

雨が少し収まるまで駐車場で待ったりしたのですが、自宅(浜松市中区)ではほとんど雨が降らなかったそうです。

かなり局地的な豪雨だったみたいですね。

まぁこの日、静岡市ではもっと大変な雨が降ったみたいで、これでもマシな方だったらしいですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』2

戻る

 

Pm_c03

旅立ちの村~オートバトル仙人の庵~カチカチの村

 

装備を整えようと思ったのですが、お金が100両しかないのでとりあえず体用の防具 板の胴だけを購入。

あまり効果は高くありませんが、無いよりマシ。

しばらく戦ってわらじ、竹刀を購入。

これである程度戦えるようになりました。

でもまだ敵は強いですね。

なんでこんなにザコで苦労するんだ。

 

しばらくお金集め&レベル上げをしてたら突然画面が止まりました。

なんだ?バグったのか?と焦ってたら画面が変わり、仙人が出現しました。

敵を50匹退治したことで記念仙人が出てきたとのこと。

仙人の霞というアイテムを渡されました。

 

更にしばらく敵と戦ってここで入手できる一番強い武器 木刀を買うことができました。

ある程度レベルも上がり、ここら一帯で一番強い赤鬼も1発で倒せるようになったのでそろそろ進みますね。

 

まずは村で情報収集。

重要なのはカチカチの村が鬼に占領されたという情報くらいかな。

 

村を出発して北に進んでいくと仙人の庵がありました。

オートバトル仙人だそうです。

特に試練も何もなく技?を授かることができます。

授かったことで戦闘でオートのコマンドが現れて自動戦闘にできるようになりました。

 

さらに北に進んでカチカチの村に到着。

ここはウサギと改心したタヌキが仲良く暮らす村だそうです。

毎年お祭りで大文字焼きをやるそうなのですが、鬼が居座ってるせいでできなくて困っているそうです。

結構ショボイ悪さをするんですね。

嫌がらせのようなものですよ。

 

ここで売られている装備を買うお金がないので付近でお金集めすることにします。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

遠州三山風鈴まつり

2017.7.6

静岡県 袋井市

遠州三山風鈴まつり(法多山、油山寺、可睡斎)

 

今、袋井市で遠州三山風鈴まつりというのが開催されているというので、今回はそこに行ってみることにしました。

遠州三山というのは法多山、油山寺、可睡斎の3つのことをいうそうです。

 

E_hattasan01

まずは法多山から。

懐かしいです。

子供の頃は祖父母に連れられてよく来たんですよ。

もう何年ぶりなんだろう。

E_hattasan02

E_hattasan03

風鈴は本堂の左右に500個設置。

透明のガラスにアサガオ、花火、金魚、蛍といった絵柄が描かれています。

風が吹くと一斉に綺麗な音色を響かせます。

E_hattasan05

大人気の厄除だんごがそのまま刺さった厄除氷(+練乳)を食べました。

美味しかった。

帰りにはお土産に厄除だんごを購入。

ここに来たらやっぱりこれを買っていかないとね。

E_hattasan04

途中アジサイも綺麗に咲いていました。

 

E_yusanji01

次は油山寺。

ここは来るのは初めてだな。

E_yusanji02

E_yusanji03

風鈴の数は50個と他より少なめですけど、ここだけ南部鉄器の風鈴が飾られています。

風はたまにしか吹きませんが、澄んだ綺麗な音色が聞けます。

 

E_kasuisai18

最後に可睡斎。

今年はゆり園含めてここに来るのは4回目です。

E_kasuisai19

表には2,000個ものカラフルな江戸風鈴が飾られています。

風もよく吹いてて絶えず鳴っています。

E_kasuisai20

参拝料を払って中へ入ると中庭に赤富士を模して1,000個の赤い風鈴が飾られているのが見られます。

ガラス戸越しですけど綺麗な音が聞こえます。

E_kasuisai21

先着100名は冷やし白玉ぜんざいが無料ということで食べました。

これも美味しかった。

帰りに江戸風鈴を1個購入しました。

色が選べるというので、赤富士で使われてた真っ赤な風鈴にしました。

 

 

風鈴はどこも良い音色を響かせていました。

風鈴まつりの期間は7月、8月いっぱいの予定。

袋井市ではこれを今後、毎年恒例の行事にしていくつもりらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

レトロゲームPCエンジンHu『桃太郎伝説II』1

Pm_c02

今回のゲームはPCエンジンの『桃太郎伝説II』です。

あの有名な和風RPGの続編です。

前にも言ったことがありますが、このソフトは私が生まれて2番目にプレイしたRPGであり、生まれて初めて自分で購入したRPGでもあります。

当時、私はRPGに興味はありませんでした。

友人がプレイしているところを見ても、こんなのどこが面白いんだろうって思ていましたよ。

そんなとき、家に遊びに来た友人が帰り際に「これおもしろいから」とファミコンの『ゴエモン外伝 消えた黄金キセル』を無理矢理貸し付けてきたんです。

あまり気は進まなかったのですが、せっかく借りたんだからとプレイすることにしました。

すると・・・ハマりましたね。

戦っていく度にキャラクターが強くなっていく、それまでプレイしたゲームでは無かった感覚が無性に楽しかったんです。

クリアしてゲームを返したあと、自分でも他のRPGをプレイしたくなりましてね。

そんなとき丁度タイミングよく発売されたのがこの『桃太郎伝説II』でした。

 

さてスタートしますか。

まずはナレーションが流れます。

前作から3年の月日が経ってるみたいですね。

前回は鬼が島の閻魔大王を懲らしめて鬼たちを改心させましたが、地下深くで閻魔よりも偉い地獄王が再び鬼たちに悪さを命じてしまいます。

命令された鬼の中に改心したはずの風神、雷神がいますが、閻魔はいないみたいですね。

代わりに新キャラの阿修羅がいます。

地獄王の娘の夜叉姫も後を追っていきました。

桃太郎は鬼たちが再び悪さを始めたので、また征伐に出かけることにします。

 

お爺さんに出発を告げたあと、家の外にいるお婆さんにも話しかけると100両とキビダンゴを渡されました。

前作のラストでかぐや姫に貰った水晶に挨拶するように言われたので、言われたとおりにします。

すると水晶が話しかけてきました。

しゃべれるのか、この水晶。

そして体力全回復。

これは序盤のレベル上げに役立ちそうです。

 

フィールドに出てちょっと戦闘してみました。

最初に出たのは鬼瓦。

結構ダメージを喰らいますね。

戻って水晶に話しかけて回復。

前作では爺さんに話しかけると体力が回復しましたが、今作は水晶があるからその仕様は無くなったみたいですね。

外に出てまた敵と戦闘。

今度は赤鬼。

硬いですね。

向こうの攻撃はかなり喰らいます。

結局やられてしまいました。

えーー。

ゲーム開始直後のザコ敵のくせに強すぎませんか?

気付くと旅立ちの村の神社にいました。

通常はセーブした場所から再開だと思いますが、まだ一度もセーブしてないので勝手にここからスタートか。

とりあえずこのままだと弱すぎるので、装備を整えてみますかね。

よく見たら桃太郎は何も装備していませんでした。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

スタートレック スターシップコレクション65号

E_mh88

スタートレック スターシップコレクションの第65号が安く売られていたので購入しました。

ズィンディ水棲族船。

昆虫族船を買った時にも言いましたけど、私はENTを第2シーズンの途中までしか観ていないので、ズィンディについては全く知りません。

でもENTの廉価版DVDを所有しているので、そのうち観ていく予定です。

多分、観たらズィンディ船が欲しくなるんじゃないかなぁと考えて買っておくことにしました。

幸い昆虫族船と水棲族船は比較的好みのデザインだったので抵抗なく買うことができました。

でも今後ラインナップされてる爬虫類族船はちょっと微妙なデザインだなぁ。

ズィンディは他に人族と毛長族がいるらしいのですが、これもそのうちラインナップされるんでしょうね。

今のところ、どんな形なのか全然知りませんが、好みのデザインだといいんですけど。

 

ところでこの第65号は台座の支柱が間違ったものが入ってて、定期購読の人は次の配送の時に正しいものが送られてきたそうです。

某大手通販サイトでは発売直後に売り切れになってしまい、しばらく買うことができない状態になっていました。

恐らく問題に気付いて回収してたんでしょうね。

その後、在庫は復活して普通に買うことができるようになっていました。

私の買ったものはというと・・・回収前のものだった模様。

なので正しく設置させることができず、写真の船は前後逆に設置しています。

それにしてもこれって定期購読の人以外は正しい支柱に交換する術はないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »