« アッポーペンとパイナッポーペン | トップページ | nanoblock ナノブロックオリジナル作品まとめ その2 キャラクター編 »

2017年1月13日 (金)

浜松科学館、浜松出世の館

2017.1.12

静岡県 浜松市中区

浜松科学館

 

浜松科学館で今、「30年 ここまで進んだ科学と技術展 -昭和のゲーム機から、平成のティラノサウルスまで-」が開催されています。

新旧ゲーム機が並べられていると聞いて、行ってみることにしました。

E_hsm07

入場無料というだけあって通路の壁際に並べられているだけのちょっとした展示物になっています。

ティラノサウルスの予想図が時代によって変化していった図など結構面白い。

E_hsm08

並ぶゲーム機。

でもPCエンジンは無いんですね。

E_hsm09

体験コーナーがあって実際に触れることができます。

ファミコンの「高橋名人の冒険島」がプレイできるようになっていました。

 

 

静岡県 浜松市中区

浜松出世の館

 

浜松駅の近くにはべんがら横丁という飲食店街があったのですが、少し前に廃れて閉鎖されてしまいました。

E_hs05

今年になってその跡地に「浜松出世の館」という施設がオープンすることになったというので、ついでに寄ってみました。

今年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台は浜松市なのでそれを記念して作られたみたいですね。

E_hs06

大河関連情報が展示されていたり、浜松土産や家康くん・直虎ちゃんグッズが売られています。

E_hs07

金の家康くん像と出世運うなぎのぼり像。

後ろには浜松市の公式ゆるきゃら出世大名家康くん(超やらまいかバージョン)と出世法師直虎ちゃんの屏風。

 

この施設は大河に合わせて1年間限定オープンとのことです。

|

« アッポーペンとパイナッポーペン | トップページ | nanoblock ナノブロックオリジナル作品まとめ その2 キャラクター編 »

絶景・観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/64754468

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松科学館、浜松出世の館:

« アッポーペンとパイナッポーペン | トップページ | nanoblock ナノブロックオリジナル作品まとめ その2 キャラクター編 »