« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月29日 (日)

スタートレック スターシップコレクション71号

E_mh84

スタートレック スターシップコレクションの第71号を購入。

エンタープライズA。

最初はこの号は買う予定は無かったんですけどね。

そういえばコンスティテューション級エンタープライズは1つも買ってなかったなぁ、スタートレックファンとして1つくらいは持っているべきかなぁと思ってつい買ってしまいました。

この船は出来が悪くて散々叩かれてた第2号の改良型エンタープライズとほとんど同じ形の船なのですが、塗装はしっかり改良されていて、アズテックパターンなども再現されててなかなか良い感じです。

形状自体は全く同じなのかな。

パーツのつなぎ目がちょっといいかげんだったり、片方のナセルが少し傾いてたりとちょっと不満があります。

あと船底が赤い塗料で汚れていました。

ちょっと残念な本に当たってしまったみたいですけど、それでも第2号よりはずいぶん良くなっていますね。

第2号も最初からこのクオリティで出していればもっと購読者が増えていたのに。

まぁ、これはイギリスのイーグルモスの商品なので日本のデアゴスティーニにはどうすることもできなかったんですけど。

むしろ出来が悪いことをあらかじめ知ってたから第2号の値段を半額にしたんでしょうね。

無駄でしたけど。

ここで質が悪いというレッテルを貼られたせいで人が離れていってしまいました。

一度離れるとなかなか戻すのは難しいんですよね。

半額にするよりも順番を入れ替えて第10号ぐらいにくるようにすれば1回叩かれるだけで済んだんじゃないかな。

今更言っても仕方ないですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

nanoblock ナノブロック 出世法師直虎ちゃん

Nb394

ナノブロックで浜松市の新ゆるキャラ 出世法師直虎ちゃんを作りました。

Nb395

直虎ちゃんは2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の舞台が浜松市ということで市を挙げて盛り上げていこうという過程で作りだされたゆるキャラです。

Nb396

首元や頭巾からはみ出す髪の毛などの造形には苦労しました。

結構細かく半ブロックずらしを使ってなんとか完成させることができました。

Nb397

まだ本物の直虎ちゃんには会ったことがありません。

直虎ちゃんや家康くんは基本的に土日しかスケジュールが公開されていないので、木曜休みの私はなかなか会えないんですよね。

Nb398

浜松市のゆるキャラを並べてみました。

出世大名家康くん、出世法師直虎ちゃん、出世大名家康くん超やらまいかバージョン。

Nb399

今までに作ったゆるキャラも並べて撮影。

左端が愛知県岡崎市のオカザえもん、右端は静岡県磐田市のしっぺい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

こんなときに風邪

そろそろロウバイが見ごろになってくる時期なので、森町の森町体験の里アクティ森に行く予定でしたが、風邪をひいてしまいました。

しばらく天気予報ではこの日は雨の予報になっていて、行けるか心配していましたが、だんだんと雨が金曜日にずれていったので、これなら行ける・・・と思った途端に風邪ですよ。

もう・・・。

 

数日前に子供が熱を出しましてね。

で、子供はすぐに治ったのですが、爺さんに風邪がうつってしまい、それが私にもきたみたいです。

仕方ない、今日はおとなしくナノブロックでもやってるとしますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

レトロゲームファミコン『所さんのまもるもせめるも』8

戻る

 

渋谷区

 

Ft_d40

このステージには2段の垣根が2つあります。

その最初の方には赤いハートが隠されています。

Ft_d41

ビルが地下道の入口です。

入ってすぐの場所に黄色いツボがあります。

Ft_d42

階段の後ろの壁を掘り進んでいくと星が隠れています。

Ft_d43

地下道の出口付近に白いツボ。

Ft_d44

2つ目の2段垣根には赤いツボが隠れています。

Ft_d45

ゴールのビルの壁を破壊すると星が出てきます。

このステージは星が2つもあるのでショットエネルギーをあまり気にしなくて済みますね。

Ft_d46

7つも扉があります。

A(上左)・・・新宿区、港区

B(上中)・・・目黒区、品川区

C(上右)・・・中野区、世田谷区

D(下左)・・・港区、杉並区

E(下左から2)・・・新宿区、目黒区

F(下左から3)・・・世田谷区、品川区

G(下右)・・・杉並区、中野区

このステージが一番、隣接する町が多いのかな。

 

これまでのステージでは地下道などに入ると別の場所から出てくるようになっていましたが、ここは同じビルから出てくるんですね。

ボスは最初のステージと同じでフラッシュ使うボスでした。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

nanoblock ナノブロックオリジナル作品まとめ その1 いきもの編

nanoblock ナノブロックで作ったオリジナル作品まとめ その1

いきもの編

 

その2 キャラクター編

その3 建物・食べ物・風景・乗物編

その4 スーパーマリオブラザーズ編

オリジナル設計図配布

 

-----------------------

Nb38 Nb95 Nb71 Nb375

-----------------------

シャチ(父親)

制作No.7  2013.9

Nb22Nb23Nb24Nb25

ナノブロックを始めたとき、真っ先にシャチを作ったのですが、ちょっとサイズが大きすぎたので分解して一回り小さく作り直しました。

最初よりもナノブロックに慣れたこともあり、前のものよりもかなり出来が良くなりました。

-----------------------

シャチ(子供)

制作No.8  2013.9

Nb26Nb27

最初に作ったシャチをダウンサイジングした際に大量にパーツが余ったので子供を作ってみました。

裏返ってじゃれているようなポーズにしてみました。

単純な形状なのですが、なかなか良い感じ。

-----------------------

シャチ(母親)

制作No.9  2013.9

Nb30Nb29Nb32Nb31

調子に乗ってもう1体シャチを作ってみました。

せっかくだから両親を揃えてみようと思いましてね。

同じものを作っても面白くないので、ポーズは変えてシャチホコスタイルにしてみました。

口も開いています。

-----------------------

シャチ(姉)

制作No.10  2013.9

Nb34Nb36Nb35Nb37

名古屋港水族館のシャチは4頭一家なので(当時)、それにちなんでもう1頭作ってみました。

今度は体を曲げています。

パーツの組み合わせはこれが一番複雑で作るのも苦労したのですが、一番出来が良い感じ。

ちなみにシャチ4頭はすべて違う方向に尾びれを向けています。

-----------------------

座るハチワレ猫

制作No.12  2013.9

Nb40Nb41Nb42Nb43

本当はもっとハチワレっぽく白黒で作りたかったのですが、モノトーンカラーセットでシャチを作った余りのパーツを使っているのでダークグレー。

この前に同じモチーフを作ったのですが、ちょっと気に入らない部分があったので、作り直しました。

その際、新たにパーツを仕入れたのですが、色はそのままにしました。

斜め後ろからの見た目がお気に入り。

-----------------------

歩く三毛ネコ

制作No.6  2013.9

Nb19Nb20Nb18Nb21

顔の形状自体はハチワレと同じですが、模様の位置は異なっています。

ちょっと茶色が濃かったですね。

オレンジ色か黄土色を使えばよかったかな。

-----------------------

ハエトリグモ(オス)

制作No.18  2013.10

Nb67Nb68Nb93

通称ハエトリグモと呼ばれるアダンソンハエトリのオスです。

実物よりも何倍も大きくなってしまいました。

目もしっかり8つあります。

足の角度は自由に変更可能。

裏返すとちょっとごちゃごちゃした見た目が本物みたいにグロテスクです。

-----------------------

ハエトリグモ(メス)

制作No.19  2013.10

Nb69Nb70

アダンソンハエトリのメスです。

微妙にオスとは体型や模様が異なります。

体が茶色なのでオスよりも目が分かりやすくなりました。

-----------------------

ハクセキレイ

制作No.95 2016.10

Nb374Nb375Nb376

冬になると近所にやって来る小鳥のハクセキレイです。

ナノブロックを始めた当初から作る計画があったのですが、なかなか取り掛かれなくて3年ほど経ってやっと完成させることができました。

ちょっと目が分かりにくいですけど、結構かわいく出来上がりました。

Nb377

モデルのハクセキレイです。

-----------------------

シャチ(旧)

制作No.1  2013.7

Nb01

最初に作ったシャチです。

サイズが大きすぎたので分解して作り直しました。

 

座るハチワレ猫(旧)

制作No.2  2013.7

Nb04

横幅を奇数にしたかったのですが、パーツが足りなくて仕方なく偶数で作りました。

その後、ダイヤブロックファクトリーの存在を知り、1×3のサイズのブロックが手に入ったので、分解して作り直しました。

-----------------------

 

その2 キャラクター編

その3 建物・食べ物・風景・乗物編

その4 スーパーマリオブラザーズ編

オリジナル設計図配布

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

nanoblock ナノブロックオリジナル作品まとめ その2 キャラクター編

nanoblock ナノブロックで作ったオリジナル作品まとめ その2

キャラクター編

 

その1 いきもの編

その3 建物・食べ物・風景・乗物編

その4 スーパーマリオブラザーズ編

オリジナル設計図配布

 

-----------------------

Nb66 Nb221

Nb48 Nb86 Nb13 Nb44 Nb117 Nb130 Nb131 Nb208 Nb239 Nb385 Nb255 Nb349 Nb357 Nb366 Nb368 Nb384 Nb386

-----------------------

出世大名家康くん

制作No.5  2013.9

Nb16 Nb17
Nb148

静岡県浜松市の公式ゆるキャラ 出世大名家康くんです。

ゆるキャラグランプリ2015では念願のグランプリに輝きました。

着ぐるみではなく、元のイラストを参照しています。

ウナギのちょんまげもしっかり再現。

ダイヤブロックファクトリーを知ってピンクやオレンジが入手できるようになったので、前に作ったものを分解して作り直しました。

旧型は斜め上から見ると怒ったような眉毛に見えたり、ウナギの尻尾が落ちやすかったので修正しています。

元々ベーシックセットを使って作っていたので、着物の色は本物よりも薄い色になっています。

ハカマの鍵盤はサイズの都合で黒鍵が左右1本ずつ少なくなり、背中の浜松の文字も再現不可能でした。

参考にした画像が小さくて分かりにくかったので、髪を黒とグレーで作りましたが、実際には白黒でしたね。

-----------------------

出世大名家康くん 超やらまいかバージョン

制作No.15  2013.10

Nb52 Nb53

Nb54 Nb55

出世大名家康くんはゆるキャラグランプリ2013に出場する際に新しい着ぐるみを作りました。

それが超やらまいかバージョンです。

兜をかぶり、眉毛や口などがキリっとしていて、状況によって軍配を持ったり、帯刀したりして、しかもこのバージョンの時はしゃべることができます。

兜には2匹のウナギが付いていますので、なんとかそれも再現。

せっかくなので軍配と刀は両方持たせてみました。

もっと濃い青と緑が手に入るようになりましたが、前に作った通常バージョンの家康くんと色を合わせました。

髪もグレーです。

-----------------------

しっぺい

制作No.16  2013.10

Nb57 Nb58

Nb59 Nb60

静岡県磐田市の公式ゆるキャラ しっぺいです。

ゆるキャラグランプリ2013では9位、2014は10位、2015は11位になりました。

背中の紅白の紐の再現には苦労しました。

-----------------------

オカザえもん

制作No.17  2013.10

Nb62 Nb63

Nb64 Nb65

愛知県岡崎市のアート広報大臣を務めるゆるキャラ オカザえもんです。

これも着ぐるみではなく元のイラストを参考。

胸の「崎」の文字は再現できずに塗りつぶされたようになってしまいました。

形状自体は単純なのですが、パーツの使用量はかなりのものになっています。(主に頭部の黒)

-----------------------

みっしぃ

制作No.14  2013.9

Nb48 Nb49

Nb50 Nb51

日本ファルコムのゲーム『英雄伝説 零の軌跡』『英雄伝説 碧の軌跡』『那由多の軌跡』などに登場するキャラクターです。

英雄伝説ではゲーム内の遊園地のマスコット、那由他では謎の生物でした。

それぞれ作品ごとにデザインが微妙に異なり、同一のゲーム内でも着ぐるみやイラスト、グッズで差異があります。

全部を参考にしたため、それらを融合させたような感じのものになっています。

-----------------------

onちゃん

制作No.23  2014.1

Nb86 Nb87

HTB(北海道テレビ)のマスコットキャラ onちゃんです。

水曜どうでしょうでお馴染みですね。

これも着ぐるみよりも元のイラストの方を参照。

単純な形状ですが、なかなか可愛く仕上がりました。

-----------------------

アーリマン

制作No.4  2013.9

Nb13 Nb14

Nb15

『ファイナルファンタジー』シリーズに登場するモンスター アーリマンです。

アーリマンは登場する作品によって多少デザインが変化します。

共通するのは大きな1つ目、大きな口、コウモリのような翼、2本足、シッポです。

これは『ファイナルファンタジーIV』をベースに複数のデザインを参考にして作りました。

翼は根元の角度は自由に変更可能。

Sf_ab32

参考画像

-----------------------

超時空戦闘機ビックバイパー

制作No.13  2013.9

Nb44 Nb45

Nb47 Nb46

ゲーム『グラディウス』シリーズに登場する戦闘機 超時空戦闘機ビックバイパーです。

アトリエ彩のプラモデル(グラディウスIIバージョン)を参考にして作りました。

ちょっと厚くなってモッサリしてしまいましたね。

-----------------------

パンパカくん

制作No.27  2014.5

Nb105 Nb106

子供向け番組「パンパカパンツ」に登場するパンパカくんです。

パンパカパンツはアニメ化もしましたね。

これは一度作ったのが大きすぎたので作り直しました。

実物よりも白目の割合が多くなってしまいましたが、これが精一杯でした。

-----------------------

ぷーにゃん

制作No.30  2014.11

Nb115Nb116

子供向け番組「パンパカパンツ」に登場するパンパカくんの親友のぷーにゃんです。

パンパカくんとスケールを合わせたかったのですが、顔をこれ以上小さく出来なかったので、サイズが大きくなってしまいました。

この頭に合わせた体を作るとさらに大きくなってしまいますので、頭に対して体は小さめです。

-----------------------

モスラ(幼虫)

制作No.32  2014.12

Nb122Nb125

Nb123Nb124

怪獣映画モスラシリーズやゴジラシリーズに登場する怪獣 モスラの幼虫です。

モスラは作品ごとにデザインが異なりますが、これは主に「ゴジラVSモスラ」を参考にしました。

顔のシワを色を変えて再現したのですが、ちょっとイメージしていたよりも色の差が大きくなってしまいました。

-----------------------

モスラ(成虫)

制作No.33  2014.12

Nb126Nb127

Nb128Nb129

怪獣モスラの成虫です。

幼虫と同様に「ゴジラVSモスラ」を参考にして作りました。

口のパーツ配置をサイズの基準にして作った結果、予想以上に大きくなってしまい、かなりスペースをとられます。

前の羽は重みで持ち上がりませんが、劇中のモスラもこういうポーズで着地しているので問題なし。

-----------------------

モスラ(繭)

制作No.34  2014.12

Nb131Nb132

繭状態のモスラです。

幼虫、成虫とは異なり初代「モスラ」を参考に作りました。

東京タワーはキットを利用しています。

支柱の1本は崩して作りましたが、ちょっと分かりにくいですね。

東京タワーを基準にして作ったので、幼虫、成虫とはスケールが異なっています。

-----------------------

ワンワン

制作No.35  2015.1

Nb133Nb134

Nb135

NHKの子供向け番組「いないいないばあっ!」のワンワンです。

小さいサイズで上手くワンワンに見えるように完成させられました。

-----------------------

うーたん

制作No.69  2015.12

Nb254

NHKの子供向け番組「いないいないばあっ!」のうーたんです。

一度作ったものを修正しました。

前に作ったのは口元がイマイチだったので、改良してみたのですが、あまり良くなりませんでした。

-----------------------

サボさん

制作No.59  2015.6

Nb203Nb204

Nb205

NHKの子供向け番組「みいつけた!」に登場するサボテンのキャラクター サボさんです。

頭はもう一回り、体はもう二回り大きく作るとバランスが良くなるのですが、もう既に大きすぎるのでできませんでした。

-----------------------

コッシー

制作No.60  2015.6

Nb206Nb207

NHKの子供向け番組「みいつけた!」に登場するイスのキャラクター コッシーです。

こちらも顔に対して体が小さくなってしまいました。

-----------------------

ムテ吉

制作No.61  2015.7

Nb209Nb210

Nb211Nb212

NHKの子供向け番組「おかあさんといっしょ」に登場するラーテル(ミツアナグマ)のキャラクター ムテ吉です。

胸の飾りやいつも持ってるデッキブラシも再現。

そこそこ良い出来に仕上がりました。

-----------------------

ミーニャ

制作No.62  2015.7

Nb213Nb214

Nb215Nb216

NHKの子供向け番組「おかあさんといっしょ」に登場するネコ(マンチカン)のキャラクター ミーニャです。

ちょっと顔がイマイチですね。

3種のピンクの服は赤と白を使ってなんとか再現、よく持ってるバスケットも持たせました。

-----------------------

メーコブ

制作No.63  2015.7

Nb217Nb218

Nb219Nb220

NHKの子供向け番組「おかあさんといっしょ」に登場するヒツジ(ジャコブヒツジ)のキャラクター メーコブです。

三人組の中で一番単純な顔をしているので、設計は楽でした。

ただ、丁度いい色が無くてダークグレーを使用したため、ムテ吉とカブっています。

ダークブルーを使えばよかったかとちょっと後悔。

メーコブには観察ノートを持たせました。

-----------------------

トーマス

制作No.64  2015.8

Nb226Nb227

Nb228Nb229

イギリスの子供向け番組(原作は絵本)「きかんしゃトーマス」に登場する蒸気機関車のキャラクター トーマスです。

顔や赤い線がブロックだけでは再現できなかったので、ラベル印刷して貼りました。

-----------------------

パーシー

制作No.65  2015.8

Nb234Nb235

Nb236Nb237

イギリスの子供向け番組(原作は絵本)「きかんしゃトーマス」に登場する蒸気機関車のキャラクター パーシーです。

トーマスと同様に顔と赤い線はラベル印刷です。

-----------------------

線路

制作No.66  2015.8

Nb238

トーマスとパーシーのディスプレイ用線路です。

-----------------------

トーマス(大)

制作No.90 2016.8

Nb349Nb350

Nb351Nb352

Nb353

イギリスの子供向け番組(原作は絵本)「きかんしゃトーマス」に登場する蒸気機関車のキャラクター トーマスです。

ラベル印刷ではなく、ブロックだけで顔や模様を作りたいと考えて大きいサイズで作ってみました。

細かいところまで再現できました。

Nb354

運転室の中も再現したのですが、完成したらほとんど見えなくなりました。

-----------------------

はなかっぱ

制作No.70 2015.12

Nb255Nb256

Nb257Nb258

NHKの子供向けアニメ「はなかっぱ」の主人公はなかっぱです。

鼻の穴はつけられませんでしたが、なかなかイメージ通りに作ることができました。

-----------------------

アンパンマン

制作No.91 2016.8

Nb357Nb358

Nb359Nb360

子供向けアニメ(原作は絵本)「アンパンマン」の主人公アンパンマンです。

パーツ取り用にキットを買ったらライトブラウンがたくさん余ってしまったので、何か利用できないかと考えて作りました。

でもライトブラウンではちょっと色が濃かったかな?

造形はイメージ通りにできました。

-----------------------

ハローキティ

制作No.93 2016.9

Nb366Nb367

サンリオのキャラクター ハローキティです。

キティはキットでも出ていますが、顔が角ばっていたのが気に入らなかったので自分で作ってみました。

口がないので表情を気にしなくてよかったから設計は楽でした。

-----------------------

ミッキーマウス

制作No.94 2016.10

Nb368Nb369

Nb370Nb371

Nb372

ディズニーのキャラクター ミッキーマウスです。

ミッキーはディズニーランド限定キットとして売られていますが、もっとリアルなものをと考えて大きいサイズで作りました。

参考にしたのは顔が肌色で眉毛の無いタイプです。

手袋の3本線など細かいところまで再現することができました。

顔は苦労して斜めを向かせています。

-----------------------

ガムボール

制作No.96 2016.11

Nb378Nb379

Nb380

海外アニメ「おかしなガムボール」の主人公 ガムボール・ワタソンです。

一応猫がベースのキャラクターです。

初期の目が縦長だった頃のデザインを参考にしました。

顔はアニメの見た目通りに作るか現実的な形に整えるか迷いましたが、後者を選択しました。

ただ、牙は左右につけると変だったので片方だけにしました。

-----------------------

ダーウィン

制作No.97 2016.11

Nb381Nb382

Nb383

海外アニメ「おかしなガムボール」の主人公の相棒 ダーウィン・ワタソンです。

手足の生えた金魚です。

こちらもガムボール同様に形を整えて作りました。

-----------------------

ドラえもん

制作No.98 2016.11

Nb386Nb387

Nb388Nb389

ドラえもんです。

これは一度作ったものを作り直しました。

前のは顔が平面的だったので鼻周りを少し膨らませました。

また、腕や体が太かったので1ブロック分薄くしました。

口はもう少し横に広げたかったのですが、輪郭の都合で無理でした。

-----------------------

出世大名家康くん(旧)

制作No.3  2013.8

Nb09

最初に作った家康くんです。

ピンクやオレンジを手に入れたので分解して作り直しました。

 

パンパカくん(旧)

制作No.24  2014.1

Nb88

最初に作ったパンパカパンツのパンパカくんです。

大きすぎたので作り直しました。

 

うーたん(旧)

制作No.36  2015.1

Nb136

最初に作ったうーたんです。

口元がイマイチだったので作り直しました。

 

ドラえもん(旧)

制作No.92 2016.9

Nb361

最初に作ったドラえもんです。

顔が平面的だったのと腕が太かったので作り直しました。

-----------------------

 

その1 いきもの編

その3 建物・食べ物・風景・乗物編

その4 スーパーマリオブラザーズ編

オリジナル設計図配布

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

浜松科学館、浜松出世の館

2017.1.12

静岡県 浜松市中区

浜松科学館

 

浜松科学館で今、「30年 ここまで進んだ科学と技術展 -昭和のゲーム機から、平成のティラノサウルスまで-」が開催されています。

新旧ゲーム機が並べられていると聞いて、行ってみることにしました。

E_hsm07

入場無料というだけあって通路の壁際に並べられているだけのちょっとした展示物になっています。

ティラノサウルスの予想図が時代によって変化していった図など結構面白い。

E_hsm08

並ぶゲーム機。

でもPCエンジンは無いんですね。

E_hsm09

体験コーナーがあって実際に触れることができます。

ファミコンの「高橋名人の冒険島」がプレイできるようになっていました。

 

 

静岡県 浜松市中区

浜松出世の館

 

浜松駅の近くにはべんがら横丁という飲食店街があったのですが、少し前に廃れて閉鎖されてしまいました。

E_hs05

今年になってその跡地に「浜松出世の館」という施設がオープンすることになったというので、ついでに寄ってみました。

今年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台は浜松市なのでそれを記念して作られたみたいですね。

E_hs06

大河関連情報が展示されていたり、浜松土産や家康くん・直虎ちゃんグッズが売られています。

E_hs07

金の家康くん像と出世運うなぎのぼり像。

後ろには浜松市の公式ゆるきゃら出世大名家康くん(超やらまいかバージョン)と出世法師直虎ちゃんの屏風。

 

この施設は大河に合わせて1年間限定オープンとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

アッポーペンとパイナッポーペン

E_mh83

妹がゲームセンターでアッポーペンとパイナッポーペンを取ってきました。

前にyoutubeで見てこういうクレーンゲーム景品があることは知っていましたが、まさか近所にもあるとは。

子供はコレ持って大はしゃぎでしたよ。

ちなみにリンゴとパイナップルは発泡スチロール製、ペンは本物のボールペンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

レトロゲームファミコン『所さんのまもるもせめるも』7

戻る

 

中野区

Ft_d35

最初の川を渡ってすぐ、音符をまき散らす敵がいる家の手前の木にショットを3発当てると木が伸びます。

港区と同じでここが高速道路の入口になります。

Ft_d36

高速道路には白いツボ、白いハート、白いツボの3つのアイテムがあります。

Ft_d37

ゴールのビルの右上に星が隠れています。

ビルの入口の屋根に乗るには手前の家の屋根から飛び移るか、高速道路から降りた場所に出現するクジラに乗ってくるしか方法はありません。

手前の建物はやっぱりスクロールで消えてしまいますので、チャンスは一度きり。

音符をまき散らす敵が横にいるのが厄介です。

Ft_d38

あっここのボスも違う。

ハンマーらしきものを撒き散らしています。

隙間がなくてこちらから攻撃するのは困難ですけど、動かないので梯子に上って通過することができますね。

Ft_d39

扉は5つ

A(上左)・・・豊島区、渋谷区

B(上右)・・・杉並区、練馬区

C(下左)・・・豊島区、新宿区

D(下中)・・・渋谷区、練馬区

E(下右)・・・杉並区、新宿区

 

このステージは難易度が高いですねぇ。

落ちたら一撃死の川を動くリフトや狭い足場を使って越える場面がいくつもあります。

しかも川からは飛び跳ねるタコ(色違いは耐久力2発)がいるし、狭い足場にもザコがウロウロ。

ショットエネルギーがないとかなり苦労します。

なのにアイテムはほとんど手に入らないときてます。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

浜名湖佐久米駅、のんほいパーク

2017.1.3

静岡県 浜松市北区

浜名湖佐久米駅

 

正月休みなのでどこかに遊びに行こうと考え、浜名湖佐久米駅に行くことにしました。

毎年冬にやって来るユリカモメを見るために。

本当は去年の12月22日に行く予定だったのですが、大雨が降って中止してたんですよ。

E_tenhama03

クリスマス付近がピークと聞いていたのでまだいるかどうか不安でしたが、まだまだいました。

今冬は鳥インフルエンザの影響でエサやりが禁止されていましたけど、それでもたくさん集まっていますね。

E_tenhama02

子供の頭にも乗りました。

前回はそれで泣きだしたんですよね。

今年はもう平気か?

と思ったら泣きはしないけど怖がっていました。

 

それにしても鳥インフルエンザか。

エサやり禁止は仕方ないけど、このせいで今後来てくれなくなるかもしれないと思うと複雑な気分。

 

 

愛知県 豊橋市

豊橋総合動植物公園 のんほいパーク

 

P_nhp09

そのあと豊橋ののんほいパークに寄って遊びました。

P_nhp10

子供は観覧車や汽車には喜んで何度も乗るのに、他のアトラクションは怖がって乗ってくれなくなってしまいました。

せっかく行ったんだから色々乗りたいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

2017初日の出

S_ensyu08

浜松市南区 米津の浜からの初日の出。

今年は雲が少なくて水平線からの初日の出を見ることができました。

いやぁ、初めてでしたよ。

感動。

S_ensyu09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »