« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ86 | トップページ | 粟ヶ岳 »

2013年9月 5日 (木)

週刊少年サンデー40号

神のみぞ知るセカイ

FLAG241 「Love's Labour's Lost」

 

久しぶりにドクロウが登場。

でもなんか違和感。

こんな顔だったっけ?

前々回では珠を置いてって何もかも投げ出したように思えたのですが、すぐそばにいたんですね。

前々号を見直してみたらちょっと分かりにくい位置ですが、桂馬も美術室にいました。

だんだんと崩壊していく空間。

なんか今までと感じが違いますね。

それとも単なる桂馬の心象風景なのかな。

過去編解決までにもう1回くらいリセットがあると思うんですけど、ここじゃないですよね。

ここで生まれた天理との結びつきまで消えてしまいますから。

ところでヴィンテージはただ単に撃退するだけじゃまた体制を整えて再開しそうですから、計画を潰すだけじゃ解決しませんよね。

どうすれば10年後までの活動を停止させられるんだろう。

 

 

電波教師

89限目 「農作業アゲイン」

 

本当にこんなシステムで学校として機能しているのかな、柊学園。

ランクで授業内容が変わるっていうことは変動するたびにそこまでの教育内容がリセットされてしまいますよ。

そもそもランクが低いとまともな授業すら受けられないみたいだし。

今度はノーブルガーデンを馬鹿にしているチームと対戦することになりましたけど、勝ったところで退学の取り消しにはならないですよね。

それともご都合主義的な展開で免れるのか?

 

 

マギ

第195夜 「全ての力」

 

なんかもうクライマックスっていう雰囲気なんですけど。

このまま終わってしまうってことはないですよね。

急に敵が出てきて、急に煌一族と協力することになって、急に仲間が駆けつけてきて。

急展開続きでイマイチ盛り上がりに欠けるというか。

やっぱり敵に対する怒りなどが共感できてやっと倒した時にスッキリするワケで。

こんな何やったのかも分からない敵を倒したところで満足できませんよ。

取り合えずここはここで終了して、また新章に入ることを期待。

 

 

史上最強の弟子ケンイチ

BATTLE536 「活人拳の力」

 

力を合わせれば何倍にもなる。

少年漫画ではよくある展開ですけど、それをやってるのがおっさんたちっていうのは新しいですね。

 

 

最後は?ストレート!!

第132話 「偽りのストレート」

 

見ただけで球の正体をつかんで再現できるってのはさすがですね。

まぁ御角の本領はそれだけじゃないみたいですけど。

それにしても飴は関係なかったのかい。

ご褒美って・・・。

 

 

ハヤテのごとく

第419話 「迷いながら伸ばす指に」

 

これでようやく現在につながりましたか。

ドクターはやっぱり何らかのルカ関係者だったみたいですね。

ルカが患者で何か重大な病気を患ってる?それとも医者は特に関係なくてルカの親族?

でもどうやってこんな舞台裏に入ってこられたんだろ。

 

 

BUYUDEN-武勇伝-

第116話 「オールラウンダー」

 

予想通り簡単に撃破。

もう誠堂館との対戦が見えてきましたけど、でもそんな簡単にいくかな。

何が起こるかは分かりませんが何か起きそう。

 

 

姉ログ

第56話 「姉メイド」

 

結局バイトすることになったのか。

ブリサの人物紹介で「出番はたったの1コマ。どこだ?」って書かれてたからどこか見つけにくい場所にコッソリ描かれているかと思ったら、最後に普通に出てきてるじゃないですか。

 

 

月光条例

第24条[かぐや姫](61) 「守戦」

 

前回半信半疑で書いた他のゲームなどの物語を護りに行くってのが正解だったみたいですね。

でもエンゲキ、あんなに弱っちゃって大丈夫なのかな。

|

« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ86 | トップページ | 粟ヶ岳 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/58124983

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー40号:

« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ86 | トップページ | 粟ヶ岳 »