« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ77 | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク、ららぽーと磐田 »

2013年8月 1日 (木)

週刊少年サンデー35号

なんかサンデー分厚いな。

前にもありましたよね、こんな厚かった時期。

元に戻ると逆にすごく薄く感じるんですよねぇ。

次号も厚いみたいですけど。

 

 

国士無双

第1話 「始まりの部屋」

 

なんかオーソドックスな少年漫画始まった。

仲良くなった記憶喪失の謎の少年は普段弱いけど時折強力な能力を発揮し、上層部は何らかの事情を知ってると。

今のところ、結構ありきたりな感じ。

個人的にはもうちょっとギャグが欲しいところ。

 

 

姉ログ

第52話 「姉モスキート」

 

もう自分の行動なのに何でもかんでも弟の策略に。

 

 

バードメン

第4話 「flight002 交信」

 

鳥男は身近にいて、結構あっさり判明。

こんな展開は予想できなかったな。

この人も他の鳥男に助けられてこうなったのだろうか。

あ、でもこの人は翼だけじゃなくて足も鳥になってましたね。

もともと鳥男なのか、鳥化は進行していくのか。

 

やっぱりつばめも羽が出るんですね。

破れてもいいタンクトップっていうけど、あの背中の模様の位置からだと破れてそのまま脱げてしまいそうな感じなんですけど?(大丈夫でしたけど)

翼の出し入れ、操作は鍛錬で可能になるのか。

翼を出した状態の人に触れると自分の翼も出る。

これは何の役に立つ仕組みなんだろう。

とりあえず先の展開が読めなくて次が楽しみ。

 

 

マギ

第191夜 「ルフを喰うモノ」

 

紅炎の極大魔法は本人が命じない限り永遠に消えない。

どれだけ強力な魔法だよ。

暗黒点から出てきた今までの依代とは違う存在(何て呼べばいいんだろ)。

紅炎、アリババの攻撃は防いだけど、紅玉の攻撃は効きました。

炎には強いけど水属性に弱いのかな。

いや、顔付近への攻撃は防いでいますね。

胴体への攻撃は防げないとかかな。

 

 

電波教師

85限目 「”高校生”デビュー」

 

ああ、あぶれた人たちが徒党を組んでやって来た。

キャラが弱くて代表に入れなかったのに、チーム同士のキャラの濃さのバランスが悪くなるだけですよ。

そして・・・ええ?先生が参加?しかも生徒になる?

アホか?

それにしても相手のリーダーは扱いやすいですね。

 

 

神のみぞ知るセカイ

FLAG237 「ロミオのくもり空」

 

う~ん、天理が桂馬を意識し始めたきっかけってやっぱり香織のせい?

素で桂馬を好きになった希少で特別なキャラだと思っていたのに。

ということはちひろだけなのか、攻略関係なく桂馬を好きになったのって。(楠も微妙なところだけど。あ、そうだハクアとディアナがいましたね。)

こうやって天理に桂馬を意識させておいて、香織とのキスシーンを見せつけて2人の中をこじれさせようとしているのかな。

でもどうやって天理をこの場に誘った?

それにしても次のページに付録が付いているせいでラストのキスシーンが真っ先に開いてしまって読む前に見てしまいましたよ。

え?もう攻略完了?とか思ってしまいました。

 

お蔵出しBOOK

 

今号の付録冊子は神のみか。

かのんの告白シーンが中心の内容になっています。

ラストページにコミックの宣伝。

公式ガイドブックなんてのが出るのか。

「恋して!?神様!!」が収録されるみたいですね。

じゃあ買わないと。

作中にたまに出てくるパロディ作画の元ネタとかが紹介されてるとうれしいんですけどね。

(「勝手に改蔵」のガイドブックにはそういう情報満載だったと聞きました)

ところで23巻には特典付きの限定版は出ないのかな。

 

 

東風(不)見聞録

 

おお、久しぶりの久米田先生。

自分だけ会うことができない。

ギャグマンガでは珍しくないのですが、失顔症とはね。

いやぁ面白かった。

WEBサンデーではもう1つのオチが公開中。

え、なにそれ。

さっそく見てみたのですが、まだ準備中でした。

 

 

史上最強の弟子ケンイチ

BATTLE532 「抗えない何か」

 

長老に匹敵する最強の敵がこんな突然に出てこられてもなぁ。

それにしても敵の達人多過ぎ。

 

 

ハヤテのごとく

第416話 「職業選択の自由あははん♪ってのはなんのCMだったっけ?」

 

ルカ、アイドルの仕事を何だと思ってるんだ。

なりたくてもなれない人はたくさんいるでしょうに。

 

 

BUYUDEN-武勇伝-

第112話 「抽選発表」

 

萌花との溝はまだしばらくは埋まらないでしょうね。

2戦目で誠堂館と戦うのか。

多分、今の時点では負けるんじゃないかな。

 

 

最後は?ストレート!!

第128話 「裏切りの決勝戦」

 

能力差がそんなに大きくない双子なのに片方だけを白服にするからこんなことになるんだよ。

無自覚に兄を見下すようになっていったんですね。

確かに弟の方が少しは能力が上だったみたいですけど、メンタル面は弱かったってことかな。

でもこんな状況でそんなこと言わなくてもいいのに、チームメイト。

 

 

月光条例

第24条[かぐや姫](57) 「シンデレラと赤ずきん」

 

また打ち出の小槌かよ。

ちょっと便利すぎやしませんか。

姫サマもそんな簡単に小槌振るなって。

でも鉢かつぎは違う方法で雪から戻ったんですよね。

他にどんな方法があるんだろう。

シンデレラ、赤ずきんが敵と戦えるのは月打のおかげか。

どうやって正気を保ってる?

これも分からないな。

そしてピンチのおとぎ話のキャラクターたち。

雪から戻る方法は・・・やっぱり打ち出の小槌かい。

|

« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ77 | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク、ららぽーと磐田 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/57898286

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー35号:

« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ77 | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク、ららぽーと磐田 »