« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ74 | トップページ | 掛川ひまわり畑、高天神城跡、大浜公園、磐田市香りの博物館 »

2013年7月25日 (木)

週刊少年サンデー34号

競女

HiP1 「私の進路」

 

新連載第2弾。

女性が出場する公営ギャンブル 競女の物語ですか。

実際にこういう競技を作ろうとしたら全力で反対されますよね、競技名からして。

競技内容はというと、よく特番とかでアイドルとかがやらされてポロリを期待されるアレっぽい。

純粋なスポーツマンガというより他意を感じます。

まぁ、前に連載していたマンガ(1、2度本誌に載った時に読みました)から考えるとそういうことですね。

 

 

マギ

第190夜 「炎の共闘」

 

紅炎は支配欲よりも知識欲が上回るタイプですか。

これなら展開次第では敵対しなくて済む方向に行くかもしれませんね。

アリババと2人で極大魔法。

前に撃ちそびれたのはもう消えてしまったのかな。

そのままになってて忘れたころに役立つ展開の予想は外れか。

 

 

バードメン

第3話 「flight001 TAKE OFF」

 

ああ、やっぱりこういう方向に進みましたか。

タイトルからしてどうしても「パーマン」のバードマンを連想していましたけど、内容的にも近い感じ。

いや、まだ能力をどう活かすのかは分かりませんけどね。

 

「突然の事故を経て、俺は変わった。」

意識が変わったとかじゃなくて視力が回復してメガネが不要になったってだけの「変わった」ですか。

みんなに事故の話を聞かれた際の対策シミュレーション。

何パターンも考えている時点で、こういう状況にはならないだろうなと思ってたらやっぱりね。

2人だけ話しかけてきたってのが妙にリアル。

 

そして翼が。

ああ、服が破れるのか。

これは何かと不便だな。

こんな状況で電話に出る鴨田。

冷静過ぎるって。

結局男性3人に翼が生えました。

ということはつばめにも生えたのかな。

女性だとますます不便でしょ、服破れるの。

契約の記憶のある鷺沢ですけど、部屋を見るとなんだか荒れてる様子。

どんな契約だったんだろう。

 

 

神のみぞ知るセカイ

FLAG236 「Love is a Smoke」

 

香織の言葉がどれだけ影響してくるんだろうな。

もしかして天理の桂馬への好意ってこれが元になったってことはないですよね。

香織が仕掛けてきたのは演劇対決ですか。

ミスコンは日にちも次の日ですし、キャンプがなくなってしまいますから、やっぱり元々やるつもりはなかったみたいですね。

プールに誘う香織。

なんでプール?

色仕掛けとかのつもりなのかな。

「ボクはエスパーだから!!」

この展開は予想できなかったな。

でも大人しくならない香織。

プールに落ちておぼれたのも演技かと思ったら、本当に落ちたみたいですね。

本気で怒ってますよ。

押さえつけられるのはどうにも我慢できないって感じなのでしょうか。

にしても怖いって、このコ、ホントに。

 

そういえば屋上で本性を見た後で桂馬が何か変わった動きをしていましたよね。

その次の話でも胸ポケットに何か入れてました。

本性をあらわしたところを写真に撮ってばら撒くつもりだったり?

 

 

史上最強の弟子ケンイチ

BATTLE531 「八煌断罪刃」

 

長老を呼び出した老人の正体は小太刀使い。

輪郭から大体予想はつきますね。

それにしてもいきなりトップ同士の戦いですか。

 

 

電波教師

84限目 「初陣・・・!」

 

相手のリーダーの顔が適当なデザインだからすぐに終わるかと思ったんですけど、そう簡単にはいかないか。

でもまぁ負けることはないですね。

こんな相手、さっさと片付けて次に行きましょう。

 

 

最後は?ストレート!!

第127話 「白服のエース」

 

睦月、御角パパの過去話。

「タッチ」みたいに兄が弟のために力を抜いているのかと思ったけどそうじゃないのか。

実力は弟の方が上、でも兄の方がそれ以外のチームをまとめたりする能力が上ってことなのかな。

それにしても3年生のこの時点ではまだ弟も仲良くやっていますね。

ということはこのあと急速にひねくれていくってことか。

何が起こるんだろう。

 

 

ハヤテのごとく

第415話 「どっちかを選べといわれても・・・」

 

このメガネ、ボタンに関係なくマイクで理沙がしゃべってるってことなのかな。

まぁギャグだから有り得ないようなセリフでも最初から収録されているってこともありますが。

 

 

BUYUDEN-武勇伝-

第111話 「天才高校生」

 

あのあとも会話は続いたんですね。

でも結局分かり合えず。

そして剣の試合。

いやもう相当な強さですね。

まだしばらくは目標であり続けるのかな。

 

 

姉ログ

第51話 「姉サマバケ」

 

なんだかんだ言って自ら状況を作り出してるんですよね。

 

 

月光条例

第24条[かぐや姫](56) 「竜宮丸 前進」

 

エンゲキが力を取り戻すためにあと20分。

時間かかり過ぎ。

戦いの最中の20分は致命的ですよ。

そこに助けに来たのはシンデレラと赤ずきん。

やっぱりね。

ていうか他にいませんものね。

でも人間になってたってどういうことだろう。

 

 

アラタガンガタリ

第215話 「二次被害」

 

このマンガって重い展開のあとは急にギャグ展開になりますよね。

それにしても1回で終わるかと思ったらまだ引っ張りますか。

門脇にも見られるし、コトハはやたらと凛々しいし。

そしてまだ続きますか。

|

« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ74 | トップページ | 掛川ひまわり畑、高天神城跡、大浜公園、磐田市香りの博物館 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/57853751

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー34号:

« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ74 | トップページ | 掛川ひまわり畑、高天神城跡、大浜公園、磐田市香りの博物館 »