« 形原温泉あじさいの里 | トップページ | 週刊少年サンデー30号 »

2013年6月25日 (火)

神のみぞ知るセカイ 22巻 感想・コミック修正箇所

「神のみぞ知るセカイ」22巻のコミック修正箇所です。

 

 

OVA「マジカル☆スター かのん100%」

 

今回の限定特典はかのん番外編のOVA。

このOVAの続編という位置付けでかのん番外編のマンガがサンデーに掲載されて、それをコミックにまとめたものが前巻の限定特典に付いてきたんですよね。

そこではかのんが子供にされた状態のまま始まっていましたから、OVAは解決しないで終了するのかと思っていました。

が、観たら1話で完結してるじゃないですか。

かのん、しっかり元に戻ってますよ。

ここからどうマンガにつながるっていうんだろう。

原作とかのん番外編OVAでは世界観が多少変更されていますけど、OVAとかのん番外編マンガとでも世界観が変えられてるってことですか。

 

表紙

前巻の時に予想した通り大人うららですね。

ちょっと首が曲がり過ぎな気もしますが。

次の巻は誰かな。

メインになるのは子供天理ですよね。

他に1位の6年生のコとかもいますし、女装桂馬って可能性も捨てられません。

でもやっぱり天理かな(希望も含め)。

 

表紙裏

ケイ。

この絵の元ネタはまたアレですか?

名前は知りませんが、星新一さんの挿絵の人。

栞の小説のイメージに使われていた絵です。

色遣いが似ているだけで無関係かもしれませんが。

 

カバー下

いつもの通り16コマ漫画。

最初、ちょっと意味が分からなかったのですが、エルシィの作った看板を燃やしたからUFOがすべて去って行ったってことですか?

ってことはこの看板はUFOの意思に関係なく集めたり遠ざけたりできる?

すごい看板だ。

もしかして看板に捕らわれてしまったために桂馬に助けを求めたってことなのかな。

 

 

FLAG.212 「Flashpoint」

 

P4 2コマ目

内容が完全に描き替えられています。

掲載時はじいさんの上半身の絵で、「さあ、もう帰りましょう。」「夕飯の時間です。」というじいさんのセリフでした。

それがコミックでは桂馬の上半身で、「あの場所で工事をしているのは・・・」「きっと偶然じゃない・・・!!」という桂馬の心の声に変更されています。

 

P4 3コマ目

このコマも内容変更。

掲載時は桂馬の全身像で「本気で悪魔と戦うつもりなら・・・」「ボクの話を聞いておいた方がいいよ。」という桂馬のセリフ。

コミックでは建て直し前の舞校?の写真で、「白鳥家は舞島という町にも大きく関係している。」「このじいさんを帰しちゃダメだ!!」という桂馬の心の声に変更されました。

 

P5 6コマ目 じいさんのセリフ

「けいまちゃん君・・・でしたね。」 → 「けいまちゃんくん・・・でしたね。」

 

P7 2コマ目 じいさんのセリフ

「懐しい・・・」 → 「懐かしい」

 

P7 2コマ目

桂馬の心の声のふきだしのヒゲ描き忘れを修正。

 

P9 1コマ目

じいさんの瞳のトーン貼り忘れを修正。

 

P10 3コマ目 伝説の文章

「討チ果シ」 → 「討チ果タシ」

 

P11 3コマ目

じいさんの瞳のトーン貼り忘れを修正。

 

P11 4コマ目 じいさんのセリフ

「舞島の人達」 → 「舞島の人たち」

 

P12 3コマ目 じいさんのセリフ

「奴等には・・・・・・」 → 「奴らには・・・・・・」

 

P12 4コマ目 桂馬のセリフ

「やつら・・・?」 → 「奴ら・・・?」

 

P13 1コマ目 桂馬の心の声

「このじいさん、悪魔を見たことがあるのか・・・」「いつ、どこで・・・?」 → 「やっぱりこのじいさん・・・・・・」「悪魔と関わりがあるんだな・・・」

ここはセリフが完全に変えられていますね。

 

P13 2コマ目 桂馬の心の声

「いや、そもそも・・・・・・」「このじいさんとこんな話してていいのか?」 → 「どうする・・・・・・」「このじいさんを放っておくのか・・・?」

 

P13 3コマ目 桂馬の心の声

「海岸の足場は工事現場じゃなく、悪魔に対抗する砦だった・・・」「しかしあんなもので悪魔を防げるだろうか・・・」「勝てるとは思えない・・・」 → 「じいさんが悪魔を倒せればすべては一件落着なんだ・・・」「駆け魂の大脱走もなくなる・・・・・・」「いや、しかし待てよ・・・?」

3コマ連続でセリフが大きく変えられていますね。

 

P13 4コマ目 桂馬の心の声

「しかし仮に、じいさんが悪魔を防いだとしたら・・・」 → 「仮に、じいさんが悪魔を倒せたとしたら・・・」

 

P13 4コマ目

桂馬の心の声のふきだしのヒゲ描き忘れを修正。

 

P15 5コマ目 桂馬のセリフ

「多分あんた達じゃダメだ!」「それより現場の人らをヒナンさせた方がいい!」 → 「あんたたちだけじゃ不安だ!」「ボクも一応連れてけ!!」

 

P17 1コマ目 じいさんのセリフ

「香衣子さん」 → 「香夜子さん」

そういえば掲載時はうららの母親の名前がきちんと定まっていませんでしたね。

 

P18 2コマ目

じいさんがかけてくれたコートの毛皮部分のトーンが欠けていたのを修正。

 

いやぁ、今回の1話目の修正箇所、かなり多いですね。

しかも結構大掛かりな修正ですよ。

 

 

FLAG.213 「Alarm a la mode」

 

P23 5コマ目 じいさんのセリフ

「南無阿弥陀仏。」 → 「やはり・・・この場所で間違いなかった・・・」

 

P23 6コマ目

「南無阿弥陀仏。」というセリフが消されています。

 

P24 1コマ目

「南無阿弥陀仏。」というセリフが消されています。

 

P34 1コマ目

エルシィの襟の線描き忘れを修正。

 

 

FLAG.214 「今日までそして昨日から」

 

P41 5コマ目 桂馬の心の声

セリフ用の字体だったのが心の声用の字体に変更されています。

 

P45 6コマ目 じいさんのセリフ

「だめ・・・だ!!」 → 「ダメ・・・だ!!」

 

P47 6コマ目 桂馬の心の声

「じーさん達を・・・」 → 「じーさんたちを・・・」

 

 

FLAG.215 「因果律タービュランス」

 

P67 2コマ目 ドクロウのセリフ

「おにいちゃんの」 → 「お兄ちゃんの」

 

P71 1コマ目 エルシィのセリフ

「ふェ!?」 → 「はい!?」

掲載時の方が不意を突かれた感じで良いと思うんですけどね。

 

 

FLAG.216 「E.T.」

 

P75 5コマ目 桂馬のセリフ

「また戦ってしまう・・・」 → 「いずれまた戦ってしまう」

 

P85 6コマ目 桂馬のセリフ

「ぼくは・・・」 → 「ボクは・・・」

 

P88 5コマ目 桂馬のセリフ

「気づかれたくない・・・」 → 「気づかれたくないんだ。」

 

P90 1コマ目 桂馬のセリフ

「ぼくの」 → 「ボクの」

 

P92 1コマ目

結の着物の肩の部分のトーンを修正。

 

P92 2コマ目

「結!?」の文字と重なっていた「フィン」という効果音がコマの右下へ移動しています。

その際、文字は少し縮小し、角度も変わっています。(新たに描いたのではなく、文字自体はそのまま使っているみたいです)

 

 

FLAG.217 「宇宙は大ヘンだ」

 

P96 4コマ目 桂馬のセリフ

「ぼくの」 → 「ボクの」

 

P103 4コマ目

柳のふきだしがあるコマの左側がおかしいです。

掲載時はちゃんとしてたのに。

 

P106 4コマ目 桂馬の心の声

「子供は論理的展開の大敵だ!」「宇宙人になったのは間違いだったか・・・?」 → 「こいつらと一刻も早く手を切らないと!」「子供は論理的展開の大敵だ!!」

 

P106 6コマ目 桂馬の心の声

「この3人が」 → 「この三人が」

 

P107 2コマ目 桂馬の心の声

「この3人の」 → 「この三人の」

 

P109 2コマ目 桂馬のセリフ

「灯がついてる。」 → 「明かりがついてる。」

 

 

FLAG.218 「亡霊」

 

P111 2コマ目 結パパのセリフ

「いつに・・・なったら」 → 「いつになったら」

 

P112 5コマ目 美生パパのセリフ

「祈祷師の類」 → 「祈祷師の類い」

 

P113 5コマ目 結パパのセリフ

「美夜子さんが」 → 「香夜子さんが」

 

P114 4コマ目 結パパのセリフ

「美夜子さんの」 → 「香夜子さんの」

 

P114 6コマ目 じいさんのセリフ

「ご心配なく、」「私はもう大丈夫です。」 → 「それより、」「ご存知ですか?」

 

P115、116

うわっ、2ページ丸ごと追加されてる。

今回1話目は多かったけど、それ以降の修正箇所は少な目だなと思っていたら、いきなりこんなの来ましたか。

 

P117 5コマ目 結パパのモノローグ

「美夜子さんが」 → 「香夜子さんが」

 

P120 1コマ目 桂馬の心の声

「どこかにいるかもしれない・・・」「うららの母親に取りついた駆け魂が・・・!!」 → 「うららの母親に取りついた駆け魂は・・・」「まだ捕まってないのか?」

 

P122 1コマ目

じいさんの鼻が描き直されています。

長過ぎた?

 

P122 5コマ目 うららのセリフ

「すごいもの見たんですわ!!」 → 「ウチュージン見たんですわ!!」

 

P125 1コマ目

うららの「うらら今日・・・」「宇宙人を見たんですわ」というセリフが、じいさんの「うらら・・・」「もう少しの我慢です。」というセリフに変更されました。

ふきだし自体はそのままで、ヒゲの位置が変更されています。

 

P125 3コマ目

じいさんの瞳が変更されています。

 

 

FLAG.219 「Ooh La La」

 

P131 4コマ目 うららのセリフ

「かえれないのですわ!!」 → 「帰れないのですわ!!」

 

P132 5コマ目 桂馬の心の声

「間違いなくこれは・・・」 → 「あのじいさんどこ見てんだよ!!」

 

P133 1コマ目 桂馬の心の声

「駆け魂のしわざだ・・・!!」 → 「駆け魂だ・・・!!」

 

P135 3コマ目 桂馬のセリフ

「2人が」 → 「二人が」

 

P136 3コマ目

「ズビシ」という効果音が消されました。ナゼ?

 

P141 6コマ目

うららの服装が間違っているのを修正。

 

P141 7コマ目

うららの服装が間違っているのを修正。

 

P145 2コマ目 じいさんのセリフ

「洞くつ」 → 「洞窟」

 

 

FLAG.220 「The Present Time"YUI"」

 

P149 1コマ目

「相手は子供なんだし。」という結のモノローグが追加されました。

 

P154 4コマ目 結のセリフ

「ぼくが」 → 「ボクが」

 

P155 1コマ目 桂馬のセリフ

「1人で」 → 「一人で」

 

P156 3コマ目 結のセリフ

「もっともっといい女になるから!!」 → 「いい女になるから!!」

 

P158 3コマ目 ナレーション

「2人の」 → 「二人の」

 

 

FLAG.221 「The Pleasure Land」

 

P161 5コマ目 じいさんのセリフ

「まさか・・・・・・あれは・・・・・・」 → 「まさか・・・・・・」

 

P167 4コマ目 香夜子のセリフ

「始めは」 → 「はじめは」

 

P168 2コマ目 香夜子のモノローグ

「1人で」 → 「一人で」

 

P172 4コマ目

桂馬の胸のマーク?描き忘れを修正。

 

P176 2コマ目

桂馬の服装が違っているのを修正。

 

 

FLAG.222 「Owner of A LONELY HEART」

 

P181 2コマ目

桂馬の胸のマーク?描き忘れを修正。

 

P181 6コマ目

桂馬の胸のマーク?描き忘れを修正。

 

P182 1コマ目

桂馬の胸のマーク?描き忘れを修正。

 

P189 3コマ目 うららのセリフ

「1人で」 → 「一人で」

 

P189 4コマ目 うららのセリフ

「1人で」 → 「一人で」

 

P192 5コマ目

じいさんの前髪とその影が描き直されています。

 

P193 3コマ目 じいさんのセリフ

「2人で」 → 「二人で」

 

P196 4コマ目 桂馬のセリフ

「さて、」 → 「さ・・・」

 

 

おまけ4コマ

今回は柳さん特集。

セクハラを受ける柳さん。

あれ?岡本さんの髪が白い。

この巻には新旧の岡本さんが出てきますから、間違えたのかな。

柳さんはまだ26歳なのか。

26歳で小1の子供。まぁ若いけど、有りえなくはない年齢ですよ。

じいさんのアンチエイジングに興味を持つ柳さん。

そうですよね、なんでこんなに若いの?じいさん。

特に話の内容には関係ないみたいだし。

うららに慕われて悪い気はしない柳さん。

10年後にどうなっているか見てみたいな。

実は私、当初この柳さんを疑っていた時期があるんですよ。

何か裏があるんじゃないか。

悪魔なんじゃないかって。

全くの見当外れな予想でしたね。

 

 

これで今回の修正箇所チェック終了。

大掛かりな修正があったものの、数自体はそんなに多くなかったですね。

女神編の時は数字・漢数字や漢字・ひらがなの変更が多かったけど、あのころに比べてセリフ自体が少な目ですから、修正の必要がないんですね。

|

« 形原温泉あじさいの里 | トップページ | 週刊少年サンデー30号 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/57620098

この記事へのトラックバック一覧です: 神のみぞ知るセカイ 22巻 感想・コミック修正箇所:

« 形原温泉あじさいの里 | トップページ | 週刊少年サンデー30号 »