« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ43 | トップページ | 富士川楽座、柿田川、日本平、三保 »

2013年2月21日 (木)

週刊少年サンデー12号

史上最強の弟子ケンイチ

BATTLE510 「気の暴走」

 

動の気の持ち主なのにやけに冷静だな、アタランテー。

いちいち分析しながら戦ってる。

千影はやっぱり本気を出せない様子。

宇喜田のピンチにキサラ覚醒か?

王道だな。

結局この戦いは拳聖の弟子ではなく新白のパワーアップイベントに終わりそうですね。

 

 

マギ

第174夜 「マギの力」

 

誰も死なせないように戦いを終わらせると宣言するアラジン。

いや、散々戦いに加勢してきたのに今さら言うなよ。

でもどうやってそれを実行するのだろう。

あとアリババがここにどう絡んでくるのかも気になりますね。

 

 

最後は?ストレート!!

第107話 「新打法の威力」

 

すんなり活躍しないのが梶谷の良いところ。

話的に必ず打つってことは分かり切っていましたが、ここまで不安にさせるとは。

そしてミキミキも来るのか。

すごい執念ですね。

ただ結局間に合わず、代わりに火堂が駆け付けて活躍っていう展開を予想しておこうかな。

 

 

電波教師

63限目 「カガミの生命線」

 

ああ、やっぱりスケジュールはおしていたのか。

もともとキツいスケジュールだったのに、あの双子で何日も消費してしまいましたものね。

で、久しぶりにスカウト科学者登場。

やっぱり結構重要なキャラなのかな。

今回はただアニメを一緒に見ただけですけど、今後もまだまだ出てきそうですね。

ところで一時的な銃巨大化と髪量増加をどう説明付けたんだろう。

 

 

月光条例

第24条[かぐや姫](35) 「当日~夜」

 

エンゲキに事情を話さずに別れて裏で行動するのかと思ったら匿うんですね。

まぁそうか、必ず勝てる保証はありませんから、もしもの時のために安全な場所にいてもらう方が良いですね。

でもどこに?

 

 

姉ログ

第28話 「風花ランチ」

 

風花、一旦は姉の妄想を疑うも理想の姉だからという理由で信じ込む。

いやいや、いくら理想の姉でも勘違いすることはありますから盲信は危険ですよ。

ところで風花、弟に好意を持っているというよりも理想の姉になりたがってるの?

妹か弟がいるのだろうか。

それともちょっと天然入ってるコなのか?

それにしても足払いのキレに気付く姉って。

どこまでも高性能な人ですね。

 

 

神のみぞ知るセカイ

FLAG219 「Old La La」

 

駆け魂の影響で大人になったうらら。

それを桂馬の宇宙パワーのおかげってことに。

まぁ、そうくるわな、普通。

相手はお子様ですから簡単に信じてくれますね。

化粧をするうらら。

シロウトにありがちなゴテゴテメイクに。

学校にも化粧して行ってましたけど、こんな状態だったのだろうか。

やり直してなんとか成功。

そんな簡単にうまくいくものなのか?

 

駆け魂の創り出した仮想世界。

檜の時にもっていうのが最初は思い出せませんでしたけど、巨大檜の体内のことを言っているのかな。

駆け魂の力で本来の年齢に戻る桂馬。

おお、これで従来の攻略っぽくなってきましたね。

これを望んでいた人も結構いるんじゃないかな。

 

一方、ドクロウは無理矢理爺さんを止める。

いやそんなことしたら悪魔だって思われて敵対されますよ。(実際に悪魔ですけど)

そして現れる死んだはずのうららの母。

駆け魂本体はうららの中だし、一体なんだろうな。

 

|

« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ43 | トップページ | 富士川楽座、柿田川、日本平、三保 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/56802652

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー12号:

« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ43 | トップページ | 富士川楽座、柿田川、日本平、三保 »