« 週刊少年サンデー1号 | トップページ | 週刊少年サンデー4・5号 »

2013年1月 8日 (火)

週刊少年サンデー2・3号

今更サンデー感想。

今回は2・3号。

 

アラタカンガタリがアニメ化ですか。

ええ?そんなに人気あったのこのマンガ?

いや、私は毎号読んでいますよ、それなりに楽しいマンガだとは思いますよ。

でもアニメ化するほどの需要があるのだろうか。

まぁどうなるかは分かりませんけどね。

人気のあるマンガでもアニメがコケる場合もありますし、その逆もあります。

制作会社、放送局、放送時間、キャスト、そしてそのマンガとアニメの相性なんかで変わってきますからね。

そしてもう1つのアニメ化情報。

神のみ第三期決定。

おお、きたか。ついにきたか。

ちょっと第二期終了から時間がかかりすぎな気もしますが、これは嬉しい。

このアニメ8弾連続掲載が企画されたときは、1つはどうせ神のみのコミック20巻限定版付属のOVAのことでしょって高を括っていたので、驚かされましたよ。

ところで内容はどこからになるんだ?

物語の重要なエピソードである天理編はOVAになってしまっていますよ。

この話を抜くワケにはいかないでしょう。

もう一回作り直すのか?それともOVAを見ていることを前提に天理のいる状態でスタートするのか?

前に14巻限定版に付属したテスト勉強の話は展開が原作とは少し異なっていて、作者が第三期があったら原作通りの話を放送するでしょうみたいなこと言っていましたから、やっぱり作り直しかな。

それなら今度はエルシィの地獄帰郷と引越しの話もやってもらいたいですね。

なんであれ楽しみではあります。

 

 

マギ

第166夜 「開戦の前」

 

ふぅむ、マグノシュタットはアルサーメンと一緒に黒いルフ等を創り出したけど、今は決別したのか。

アルサーメンが黒い金属器を非魔導士に与えたことが原因みたいですけど、でもそのあとに盗賊に売ってるのは同じことじゃないの?

量産して売る計画って、結局非魔導士に力を与えることに変わりないでしょ。

そしてレーム側の戦力も出始めました。

ファナリス軍団が。

これは今後、アリババやモルさんがどう関わってくるのか楽しみだな。

 

BD・DVD2巻にはドラマCDですか。

第1巻の限定コミックといい、相当な力の入れようですね。

実際には売り上げはどうなんだろう。

 

 

神のみぞ知るセカイ

FLAG212 「Flashpoint」

 

最初、未来にはない舞島パークが建造中と聞いて、ヴィンテージに脅迫されて何か作らされているのかと思っていましたよ。

逆だったか。

でも悪魔と戦うための砦ですか。

人間が用意したものが悪魔に通用するのかな。

 

工事現場で爆発があり、駆けつける前に桂馬を催眠ガスで眠らせるじいさん。

いや、悪魔の存在を知っている希少な存在なんだから、もうちょっと情報を聞いておこうよ。

今は緊急事態だから子供を巻き込むわけにはいかないだろうけど。

 

うららの両親はどうやら悪魔のせいで亡くなったみたいですね。

何があったんでしょうね。

駆け魂脱出前なのに。

 

ところで過去が変わることでエルシィとの出会いがなくなることや駆け魂集めをしなくて済むことをまずい事態と考えていることに違和感を感じます。

昔の桂馬ならそんなこと考えなかったでしょうに。

そもそも駆け魂の脱走を防げれば誰も不幸にならないし、桂馬もゲーム三昧の日々が送れるんですよ。

なんだかんだいって桂馬もリアルとの接点を失いたくないのかな。

 

 

終末のラフター

第4話 「子どもの悪魔」

 

ハルが悪魔になったいきさつ、そして2人が旅立ちが描かれました。

恐らくあの巨大な悪魔は倒されたときに分裂して、こうやって人間に取り憑いて復活しようとしているんですね。

相手を吸収するとスティグマがそのまま移行。

まぁこれは予想できましたが、よく考えたら全部で悪魔の口は101個あるとか言ってましたよね。

最終的には全身スティグマだらけになってしまいますよ。

想像したら不気味だな。

 

ゴドー側にも何かあるのかとも思ったんですけどね。

事件の真犯人じゃなかったとか、死んだことになっている女の人たちはまだ生きているんじゃないかとか。

でも特に何もなく普通に悪人でしたね。

 

さぁて町へ戻ってきましたが、そのまま約束守るとは思えませんよね。

 

 

姉ログ

第18話 「風花スタイル」

 

風花は姉を理想の姉としてインプット。

その姉が言うことだからと弟のあることないこと(いや、全部ないか)を信じ切りました。

マンガだからいいけど、リアルでこんな妄言言いふらす家族(しかも世間的には優秀)がいたらたまったもんじゃないな。

 

 

電波教師

55限目 「もう1人の少女」

 

久しぶりの登場、顔面パンチ。

すっかり忘れ去られたキャラかと思っていました。

先生に好意を持っていて、しかもなかなか会うことができないというのに、事情を説明するだけで特に先生との絡みはなしか。

先生はチーム入り。

姉がアイドルというのはこの件の解決に何らかの形で絡んでくるんですよね、たぶん。

 

 

ハヤテのごとく

第388話 「多分「らめぇ・・・!!」って言葉はこういう時に出る」

 

ひなぎくでも風邪ひくんですね。

無敵超人かと思っていましたよ。

ハヤテは相変わらずデリカシーがないな。

人一倍気のきく奴なのに。

 

 

史上最強の弟子ケンイチ

BATTLE502 「愛のために」

 

いや、リミ強すぎでしょ。

こんなポッと出の非シリアスキャラがパワーバランスを乱しまくりですよ。

リミでこれだけ強いんだから他の拳聖の弟子たちはどれだけの強さだ?

|

« 週刊少年サンデー1号 | トップページ | 週刊少年サンデー4・5号 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/56417762

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー2・3号:

« 週刊少年サンデー1号 | トップページ | 週刊少年サンデー4・5号 »