« 新年早々PC壊れました | トップページ | 週刊少年サンデー2・3号 »

2013年1月 6日 (日)

週刊少年サンデー1号

PC壊れましたが、新婚旅行に出掛けていたことで滞っていたサンデーの感想を再開します。

とりあえず新婚旅行出発当日に発売された1号から。

 

マギ

第165夜 「発端」

 

やっぱりティトスはこういう産まれ方をしていたんですね。

かなり自分のイメージしていたものに近い感じです。

それにしてもティトスを産み出すためにシェヘラザードは肉と骨のひとかけらを使用ですか。

例え歯だとしても骨を直接削るっていうのは、結構シェヘラザードも大変な思いをして産んでいるんですね。

そしてついにマグノシュタットとレームが戦争へ。

アリババもそろそろ出てくるのだろうか。

 

 

マギ外伝「シンドバッドの冒険」プロトタイプ

 

シンドバッドってここまで特別な存在だったのか。

これだけの能力者たちが反応しているなんて。

 

この話は限定コミックのプロモーションですね。

シンドバッドの若い頃の話はいつか描かれるだろうとは思っていましたが、限定版ですか。

しかもBD・DVDの初回限定特典。

よっぽどBD・DVDを売りたいんだな。

そのために70ページ以上のマンガを描き下ろしたとかって、マンガ家は大変ですね。

 

 

終末のラフター

第3話 「悪魔狩り」

 

おお、なるほど。

兄は人間で妹の方が悪魔だったのか。

そんなに突飛な設定ではありませんが、全然気付きませんでした。

そういえば思い出しましたよ。

イエロウさんって結界師のキャラ設定を考えたとき、単純にヒロインが敵に捕まって主人公が助ける展開が嫌で年上ヒロインを採用したような人でしたね。

明らかに足手まといな妹には何かあると思わなければいけなかったな。

 

 

ハヤテのごとく

第387話 「ご覧になられている漫画はつまりこういう漫画です」

 

結局話が進まない。

それにしても爺さん元気そうだな。

 

 

史上最強の弟子ケンイチ

BATTLE501 「それぞれの戦い」

 

宇喜田あっけないな。

まぁ相手がオーディーンじゃ仕方ないか。

リミは予想外に強くなりました。

美羽とここまで張り合うとは。

今のところ新白側の方が不利な感じですね。

 

 

神のみぞ知るセカイ

FLAG211 「The Present Time Kanon 後編」

 

7歳桂馬とかのんのラブコメの続編。

今回もページ数半分か。

 

デートを続ける2人。

仕事を投げ捨ててまで一緒にいるとはかのん、相当真剣なんだな。

まぁ、好きな人が記憶喪失になったって言われたら仕事どころじゃないか。

 

時間切れで結と交替。

ああ、こういうルールだったのか。

じゃあ特に1番手であるメリットとかはないのかな。

1番最後の方が印象に残りそうですよ。

 

一応この話は続けるつもりなんですね。

全員分細かく描かれるのかどうかはまだ分かりません。

もしかしたらオムニバス形式になったり、全部が終わったあとでセリフで説明されるだけとかということもあり得ますね。

あとコミックのおまけ4コマとか。

 

 

電波教師

54限目 「ストリートガール」

 

柊学園って柊学園町なんていう場所にあるんですね。

地名にまでなるって、相当な学校ってことですか。

会長と夜回りしたことで不良少女と知り合う先生。

最終的には更生させることにはなるんでしょうね。

通常の更生とは感じが違うことになるかもしれませんが。

 

 

姉ログ

第17話 「香澄ウォッチング」

 

ああ、やっぱり。

心配している風に見えて実際は楽しんでいますね、香澄。

 

 

いやぁ、少し期間が開いただけでこんなにもコメントが書きづらくなるとは。

前の号がどんな内容だったのか、そしてどんなコメントを書いたのかを忘れていたりしますからね。

あと、一部のマンガは次の号も読んでしまっていますから、純粋にその話の感想が書きにくかったりもしますよ。

|

« 新年早々PC壊れました | トップページ | 週刊少年サンデー2・3号 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/56398684

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー1号:

« 新年早々PC壊れました | トップページ | 週刊少年サンデー2・3号 »