« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ10 | トップページ | ハンバーグマのグーグー »

2012年7月26日 (木)

週刊少年サンデー34号

サンデーを買う際、前日に先週号の次号予告で値段を確認するのですが、今回は260円になっていました。

久しぶりに前の値段設定に戻るのかぁ、とか思ってたら実際には280円でした。

前にも1回こういうことありましたよ。

いい加減な情報だな。

でも値段が上がっている分、サンデー自体も厚くなっているんですよね。

神のみのコミック修正チェックで過去のサンデーを見たらあまりの薄さに驚きましたよ。

 

 

マギ

第148夜 「さらに半年後」

 

裏をかいているつもりですべて敵の掌で転がされていた白龍。

紅炎もやっぱり善人とはいかなそう。

ただジュダルはどうだ?

展開次第では敵ではなくなる可能性もありそうですね。

そして一気に半年経過。

アラジンは主席になるまでに成長。

もうちょっと成長過程を見てみたかった気もしますが。

まだ1年生が終了ってだけで学校生活は続くんですよね?

 

 

史上最強の弟子ケンイチ

BATTLE483 「アクアリウム決戦!」

 

美羽ってばゴールド奪う気満々じゃないですか。

龍斗とケンイチのやり取りは良いですね。

どんな状況でもやっぱり友達なんですね。

美羽が一瞬怯んだのはなんだろう。

ジュナザードの洗脳の後遺症で暴走しかけたとかかな。

 

 

神のみぞ知るセカイ

FLAG195 「Beyond the FLAG」

 

あのまま過去に旅立ったのかと思ってたけど、まだ行ってなかったのか。

旅に出るとか言ってましたが、女神の力で無理矢理送り飛ばしたという感じですね。

結局あまり詳しいことは桂馬に伝わりませんでしたけど、過去へ送られたことだけは分かりました。

どうやって呼ばれたのか、どこからともなくアポロも到着。

アポロも調子に乗ったエルシィが使ってた業界用語を使っています。

そして顔の模様を描き忘れ。

 

この先、この漫画の多くの読者が望んでいるであろうヒロインが不在になってしまう上に、桂馬に渡すべき室長の形見が渡されない状況だったので、過去への旅は長くても数週間程度で終わるだろうと踏んでいたんですけどね。

結局鍵は渡されて(使われて?)しまったし、エルシィも同行することになったから、もしかすると長くなる可能性も出てきました。(エルシィをヒロインとしてカウントしていいのかちょっと微妙ですけど)

ところでホント、天理はどこまでのことを知っているのでしょう。

もしかして過去で桂馬に聞かされたとかでしょうか。

エルシィの荷づくりまでしてましたけど、どうやってほうきまで持ち出した?

 

そして過去へ。

桂馬、体が子供になってしまいました。

若返ったというよりは子供の頃の自分に乗り移ったという感じでしょうか。

これがどうやってあのシーンにつながる?

 

 

電波教師

36限目 「パートナー」

 

ゲームを一時抜けてルーチェを連れ戻しに。

大丈夫なのか、こんな烏合の衆を放置して。

全滅はしないまでも何人かはやられたりしてるんじゃ?

ゲームでもリアルでもパートナー。

口説いちゃってますよ。

こんなこと言って大丈夫?

今後無用なトラブルが起きそうな予感。

 

 

ひめはじけ

第23話 「姫と雅」

 

今回はひめが日本古来の遊びで雅を追求する話。

雅という抽象的な概念だけじゃなくて、それぞれの遊びのルールも一緒に調べようよ。

 

担任の先生の名前が判明。

「先生は雅だぞ! 名前が!」

もしかしてこのギャグのためにこの名前がつけられた?

そして意外な能力を発揮。

こんな名前を付けられたくらいですから、やっぱり生い立ちとか、何らかの設定があるのでしょうか。

オチは間違った竹馬の乗り方で何やら不気味な生物みたいなことに。

でもよく考えたらこんな恰好で素早く動けたり、マリの上で片手逆立ちできたりと何気にひめもスペック高かったりするんですよね。

 

ところで今気付いたのですが、師匠ってひめから貰ったブローチをずっと身に着けていたんですね。

見返したら貰ってからずっと着けていた模様。

 

 

ハヤテのごとく

第371話 「モテようと思わない事がモテるための近道」

 

ハヤテはモテるタイプ。

これまでも何度も言われてきたことです。

でも肝心なところでデリカシーが無かったりするんですよね。

ルカはマンガ関係で悩んでいるのかと思わせておいてストレートな悩みを抱いておりました。

 

 

鋼鉄の華っ柱

第84話 「心は守りたい」

 

おお、一気に助けに来たな真道。

流石に高校生にもなればもう体格的には完成しているワケで、圧倒することができました。

でもまだ本格的なのが控えている模様。

一度くらいはピンチに陥ることでしょう。

まぁ七郎がギリギリで寝返ってくれる予感。

 

 

月光条例

第24条[かぐや姫](11) 「桃太郎消滅」

 

見えないだけで言われてた通り月光には鎖が掛けられていたんですね。

きび団子はピンチの時に使うようにストックさせたんでしょうね。

そして桃太郎はあっけなく消されてしまいました。

実は良い奴だったという描写はやっぱり死亡フラグ。

ただこの有名な物語が消滅したら大問題ですから、なんとかなるんでしょうね。

 

 

GAN☆KON

三十八願 「願ってくれ」

 

最近ギャグが弱いのが不満だな。

掲載位置も巻末固定されてしまったし。

大丈夫かな?

 

予想通り鹿島組組長もウカもただ2人を罠に嵌めたワケでなく何か理由がある模様。

|

« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ10 | トップページ | ハンバーグマのグーグー »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/55274617

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー34号:

« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ10 | トップページ | ハンバーグマのグーグー »