« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ8 | トップページ | 上善地ひまわり畑、浜名湖ガーデンパーク »

2012年7月19日 (木)

週刊少年サンデー33号

マギ

第147夜 「新たなる皇帝」

 

おお、紅炎ではなく玉艶が皇位を継ぐと。

そして内部分裂を誘うために賛同する白龍。

白龍がやっぱり悪役っぽい感じ。

白龍自身も知らないうちに利用されているってことはないのかな。

黒いルフを纏って現れたジュダル。

コイツの真意もまだよく分からないんですよね。

 

 

ハヤテのごとく

第370話 「ミステリールーム(8)」

 

棺にひっかかってた写真は単なる切れ端かと思ったらしっかり人物が写っていたんですね。

写っていたのは子供の頃の姫神。

確かハヤテの前任執事でしたよね。

昔は何度も名前が出ていたけど、最近はずっと聞いていませんでした。

私がサンデーの購読を中断していた2年半の間にその話はすでに終わったものと思っていましたよ。

 

 

神のみぞ知るセカイ

FLAG194 「Worry Bomb」

 

女神の宿主もエルシィも世界の変化に影響されていましたけど、女神だけは変わらないんだなぁとか思っていたらハクア・ノーラも無事で、しかも普段のエルシィも天理も普通に登場。

そうか、学校の敷地内の世界が変化し続けているワケではなく、桂馬自身がパラレルワールドを移動し続けていたということか。

で、今までの世界のキャラクター達は普通に存在して行動していると。

そしてこれまで出てきた謎の少女がいる世界は未来ですか。

今後の桂馬の行動次第で世界は滅んでしまうとかいうのかな。

そしてそのまま桂馬は旅立ってしまいました。

これでやっとあの番外編につながるのか。

桂馬はほとんど事情を知らされずに行ったんですね。

まだドクロウの形見も渡されていないということは、そんなに長い間行っているワケじゃなくて、少ししたら戻ってくるということでしょうか。

ところで女神たちを出迎えたのはディアナではなく天理。

一体天理は何を知っているんだろう。

 

 

鋼鉄の華っ柱

第83話 「辛さは見せない」

 

あの短いノコじゃあ中心まで届かないか。

それでも綾音のケリで破壊して突破。

いやいやいや、蹴って壊すなんて無理でしょ?

絵を見る限りじゃまだ削れていない部分の方がはるかに多いって。

外に出られた2人ですが、結局センサーに引っかかって囲まれてしまいます。

そして遠霧の呪いの真相が判明。

ああ、そういうことだったのか。

ヒドい話だなぁ。

でも、逆に考えるとこいつらを成敗すればすべてが解決するってワケか。

 

 

ひめはじけ

第22話 「姫と教訓」

 

スピーチを成功させたことでダメな方向に進化したひめ。

先週まであれだけハリセンの重要性を説いていたのに避けられるようになっちゃイケマセンって。

学校では誰用のお土産か分からなくなって適当に渡すことに。

そんな重大なミスってワケじゃないんだから、中身確認しながら渡せばいいのに。

でも誰に渡したところで喜びそうもないお土産なんですけど?

結局ひめ自身が欲しいものを買ってきてしまったということか。

戻されたお土産を身につけるひめ。

さすがに似合うな。

ところで学校で歌ってたウヒャッホイの歌はハイジのメロディで歌えばいいのか?

 

 

史上最強の弟子ケンイチ

BATTLE482 「水族館での密会」

 

リミのサイトは情報垂れ流し。

いや、リミ自身口の軽い奴でしたけどね。

誰か監視してろよ。

 

 

月光条例

第24条[かぐや姫](10) 「挨拶」

 

やっぱりエンゲキは演じていただけでした。

鉢かつぎのピンチに月光が駆けつけるのかと思ったら、桃太郎ですか。

月の者と物語のキャラクターでは強さが違いすぎますけど、助けられるでしょうか。

でも桃太郎は失態続きでしたからね。

なんとかここで挽回してもらいたいところ。

 

 

電波教師

35限目 「不登校児・荒木光太郎」

 

ああ、気付いちゃった。

不登校児を治してから結局人数は変わらないことに気付いて慌てる展開を予想していましたが、自分で気付いてしまいましたか。

足りない人数は生徒会長で補充。

これは予想通り。

しかしやっぱり不登校児は何とかしないといけないことに。

ゲームやりながらどうやって説得するのか。

 

 

アナグルモール

第33間 「千羽救出作戦開始」

 

クラスメイトのヤな感じの奴に見つかりました。

千羽が他人のミガルドを外したことを不審に思った描写がありましたけど、そのまま嗅ぎまわっていたワケじゃないのか。

語尾にヤンス。

手下はやっぱりヤンスという「かってに改蔵」のセリフを思い出しましたよ。

 

 

GAN☆KON

第三十七願 「闘神・ミカヅチ」

 

封印を解くのに必要な封具の1つは鹿島組組長の持ち物。

なんて困難な条件。

と思ったらあっさり貸してくれました。

が、ダイコクが受け取ると八千穂がおかしくなり、2人はピンチに。

まぁ、罠に嵌めたというのは違うでしょう。

この2人を嵌めてもメリットないですからね。

でもまだ状況がよくつかめないな。

とりあえずダイコクが返事しないのは異世界(腐海の下のような場所だな)に意識がいっているからってことかな。

|

« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ8 | トップページ | 上善地ひまわり畑、浜名湖ガーデンパーク »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/55214134

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー33号:

« レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ8 | トップページ | 上善地ひまわり畑、浜名湖ガーデンパーク »