« 形原温泉、三ヶ根山スカイライン、弘法大師像、吉田城跡 | トップページ | レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ2 »

2012年6月30日 (土)

レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ1

所有しているファミコンのRPGを制覇してしまったので、そろそろスーパーファミコンのRPGも始めようかと思います。

記念すべき第1作目は何にするか、少し考えて『ファイナルファンタジーIV』を選択してみました。

この作品はかなり思い入れがあるんですよ。

今でこそ私はRPG好きですが、ゲームをやり始めたころは全く興味がありませんでした。

そこに友人がファミコンの『ゴエモン外伝 消えた黄金キセル』を貸してくれましてね。

やってみたら面白いんですよ。

このおかげでRPGに対する否定的なイメージが一新されました。

単なる食わず嫌いだったんですね。

そして次にプレイしたのはPCエンジンの『桃太郎伝説II』。

『FFIV』はその次でした。

友人がプレイしているのを横から見て興味を持ったんです。

見たのは地下で敵飛空挺に追い回されるシーンでした。

この映像は相当な衝撃でしたね。

やってみたい。

でもまだRPGはまだ2作品しかプレイしていないRPG素人の自分がこんな大作をプレイできるのだろうか。

そう思っていたところにタイミングよく発売されたのが『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』でした。

すぐさま飛び付きましたよ。

初心者向けに作り直された『FFIV』、これは好都合。

当時の他のRPGにはなかったドラマティックなストーリー、緻密な世界観など全てが満足。

この作品をプレイしたことで、その後の好みのRPGの方向性が決められた感じです。

 

ただこの『FFIV』、これまでに何度も何度もプレイしていますし、PS版、ワンダースワン版、DS版と様々な移植版にも手を出してきたので、そのまま普通にプレイするのでは面白くない。

そこで長年の疑問を解き明かしてみようかと。

ノーマル版とイージータイプではどれだけ内容が異なるのか。

パッと思いつくのは

・敵やアイテムの名称が一部変更されている

・ステータス回復アイテムが「万能薬」としてまとめられている

・裏技の開発室が廃止

・一部のキャラクターの特殊能力が廃止    

・ラスボスのデザイン変更

こんなところですか。

これ以外にどんな変更があるのか、ちょっと気になっていたんです。

といっても敵の行動パターンの微妙な変化とか、そういう細かいところまで調べる気はありませんよ。(というか調べようがない)

アイテムの名称がどう変化しているのか、イベントでのセリフがどう変化しているのか、そういうのを中心に調べていくつもりです。

 

今回はとりあえずタイトル画面の比較だけしておきます。

Sf_ab01

「イージータイプ」の文字が追加されているだけではなく、ロゴ自体も変更されているんですね。

ノーマル版の方は立体的で透明感がある感じです。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

|

« 形原温泉、三ヶ根山スカイライン、弘法大師像、吉田城跡 | トップページ | レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ2 »

レトロゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/55082964

この記事へのトラックバック一覧です: レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ1:

« 形原温泉、三ヶ根山スカイライン、弘法大師像、吉田城跡 | トップページ | レトロゲームスーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』&『ファイナルファンタジーIVイージータイプ』 比較プレイ2 »