« 週刊少年サンデー24号 その1 | トップページ | ばらの丘公園、神原のポピー畑 »

2012年5月17日 (木)

週刊少年サンデー24号 その2

ハヤテのごとく

第362話 「イルカの飛んだ日」

 

今回はルカの生い立ち説明だけですか。

それにしてもまったくもって身勝手な親ですねぇ。

 

 

マギ

第139夜 「レーム帝国」

 

やぁ、前回結構カッコよくひいたのに、なんてザマだアリババ。

でもまぁ、剣まで盗られなくてよかったですよ。

で、ここで助けてくれたのが元盗賊の三兄弟。

こんなところで再登場するとは。

紹介文の「うっかり盗んだことがある」ってうっかりってなんだよ。

ここにアリババを見て気になった闘技場の人がやってきます。

モジャンモジャンモジャアの師匠。(何この効果音)

この人、闘技場のシルエットの人ですよね。イメージ変わりすぎ。

 

 

電波教師

26限目 「ルーチンバスター」

 

教師に戻ることは戻りましたが、まだ銀杏学園のままですか。

そしてトンでもないアプリを開発・配布。

これ、一晩で作ったんですか?

理事長笑っていますけど、いいの?本当にこれで。

 

 

史上最強の弟子ケンイチ

BATTLE473 「死中の活」

 

あのままあっけなく本郷がやられるワケないとは思っていましたが、やっぱり最後の隙を狙っていましたか。

でもそれさえもギリギリで防がれてしまいます。

逆鬼が相手の強さを認めてますから本当に強いんですね。

ジュナザードの逆鬼に向けられた殺気に逆鬼は反応しません。

もしかして本郷はまだ完全には倒れていなくて、戦いは続いているということでしょうか。

 

 

常住戦陣ムシブギョー

第62陣 「猿飛佐助」

 

このハエ、圧倒的な強さですね。

世話焼きの竜さん、面白そうなキャラなのに可哀そうに。

小鳥は何かこの敵の正体について知っていそうですね。

ところで市中組の面々は勝手に休んでいるのか。

これは多分特訓ですよね。

今回の敵よりも弱いであろう蟲刈にも全く歯が立たないんですから、パワーアップは必須ですね。

でもちょっと数日特訓しただけで強くなるのだろうか。

まぁ、それが可能なのが少年漫画なんですけどね。

 

 

鋼鉄の華っ柱

第75話 「結構の刻」

 

どこまでも周到で小賢しい真道。

結局遠霧父は負けを認め娘の開放を誓いました。

が、娘を託されることまでは想定していなかった模様。

蘭子、朝涼の2人には即答したという記憶が残っていますが、実際には一瞬の迷いがありますね。

でもこの状況で後には引けずってとこですか。

これまでは仲良さそうにしていたのが現在では何だかよそよそしい感じなのはこれが関係しているのかな。

 

 

アナグルモール

第27間 「仮面」

 

おっ、ついに登場か。

学校でルチルの任務成功に賭けた1人ですよね。

強かったんだ。

新しい敵だと思っていたのは単なるかませだったか。

もう1人成功に賭けた人もそのうち出てきて仲間になりそうですね。

でもこの調子だと人間が弱いこともすぐに広まってしまいそうだな。

知れ渡ったらもう地上はオシマイですよね。

ところでストーカーは今どうしてるんだろう。

|

« 週刊少年サンデー24号 その1 | トップページ | ばらの丘公園、神原のポピー畑 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/54723616

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー24号 その2:

« 週刊少年サンデー24号 その1 | トップページ | ばらの丘公園、神原のポピー畑 »