« レトロゲームPCエンジンHu『SUPER桃太郎電鉄』2 | トップページ | 週刊少年サンデー15号 その2 »

2012年3月14日 (水)

週刊少年サンデー15号 その1

GAN☆KON

第二十一願 「諦めねぇ」

 

せっかく封印について知っていそうな神に出会えましたが、全力で拒否されます。

警告を最後まで聞かずに柵の中に入ってしまい拷問を受ける新太。

三峰さんも入ってきてしまいます。

本音はイサナさんの正体を暴き、新太の目を覚まさせること。

でもイサナさんは自分のためにやってくれているように見えています。

この誤解はずっと続けていくつもりなのだろうか。

しかし心を覗かれ三峰さん脱落。

新太も同様に心を覗かれますが、新太の心の中に諦めるという選択が一切無いことに気付きます。

諦めの悪いシーンが色々と現れていますけど、

「自分の嫁が性別も分からぬ正体不明の巨神と知っても、希望を持ち続ける諦めの悪さ!!」

やっぱりこれに一番笑った。

そしてこの神が下した結論は・・・

大人しく言うことを聞いてお帰りいただこうというものでした。

必死に諦めさせようとする神を諦めさせるとは。

どうやら封印自体を作ったのはこの神だけどイサナさんを封印したのはまた別の神とのこと。

封印を解くには3種の封具が必要。

今度はこれを探していく展開か。

 

 

ひめはじけ

第6話 「ひめぎらい」

 

おお、あの鳥はレギュラー化ですか。

それにしても、何なんだろうこの鳥。

モア?チョコボ?

この鳥を怖がるノエルさん。

そういえばノエルさんってシュトルムには偉そうにしてますけど、実際は小心っぽいですよね。

前にスーパーに行った時もゴーヤのことを教えてくれた人に対してちょっとキョドってましたし。

これはアレですか?シュトルムを嫌っているように見えて、実はシュトルムにだけ心を開いているとかっていうことですか?

このヘキサと名付けられた怪鳥のせいで朝食は台無しになり、代わりに納豆を食べさせられることに。

日本人でも苦手な人は多いというのに外国人にはキツいでしょう。

ここでシュトルムが日本人とのハーフであることが判明。

納豆ってにおいや見た目がイヤで食わず嫌いな人が多いですけど、ひめは味もダメでした。

もう許したれよとか思いましたが、ヘキサに偉そうなことを言ってしまった手前、無理矢理にでも食べるハメに。

そして隣のウサギが引越し祝いのお返しにやって来ました。

これはもう納豆を持って来たとしか考えられませんよ。

今後はひめの弱点として納豆が使われることになるのだろうか。

 

 

はじめてのあく

第151話 「祈願ペア試練1」

 

前回までのシリアスな雰囲気から一変、今回はギャグ話。

たまにはシリアスも良いけど、やっぱりこういう方向の方が好きです。

 

みんなで初詣。

こうやってみんなで仲良くワイワイ、それでいてそれぞれ個性が発揮されているのが藤木さんの漫画の魅力。

私、群像劇タイプの物語って好きなんですよ。

大学合格を願うキョーコ。

この前、進学を決めたばかりですが、もう志望校は決まったのだろうか。

そこに巫女バイトのシズカが現れ、試練を抜ければどんな願いも叶うスポットを教えてもらいます。

スポットは6ヵ所、それぞれペアで挑戦。

人数はぴったり、なんて都合の良い・・・。

ペアでってことですぐにピンときました。

アキ赤城、ユキ緑谷がペアか。

ページをめくると・・・ほらやっぱり。

それ以外のペアはちょっと意外な組み合わせでしたけどね。

アキ赤城ペアの試練は滝業。

真冬に10分間滝に打たれるって想像以上にキツいですよ?

とりあえずこのペアは試練達成。

途中までカッコ良かった赤城が最後はやっぱり変態だったというオチはいつものパターンです。

次は大神ルナペア。

これは珍しい組み合わせ。

案の定ギクシャクしています。

が、最終的には仲良くなれました。

これは今後の話のネタが広がりそうだ。

3つ目はサブロー黄村ペア。

これも意外な組み合わせですけど、なんていうか、2人には悪いですけど、あまり興味をそそられないな。

作者も自覚しているらしくここはあっけなく終了。

残りは次回です。

やっぱり次回のメインはユキ緑谷ペアですかね。

ジロー黒澤ペアには一体どんな展開があるんだろう。

 

 

神のみぞ知るセカイ

FLAG180 「Dirty Works」

 

話を展開させながらちひろに少しずつ説明していき、次第に事態の重大さを認識させていく。

上手い展開だなぁ。

 

河原でちひろに状況説明するハクア。

きちんと正座してるハクアがなんか可愛い。

正座なんて和風文化、やっぱり雪枝さんと暮らしていくうちに学んだのでしょうか。

そして歩美到着。

「この「来ちゃった」は人類にとっては偉大な「来ちゃった」である。」

何言ってんの?

書いたのは編集担当さんですか?

絵に描いたように順調に進展する桂馬と歩美。

が、ここでヴィンテージ再来。

女神を出してから襲われるのかと予想していたのですが、もう来てしまいましたか。

とりあえずノーラが1人始末。

フィオーレにも後れをとっていたノーラですけど、油断してなければそこそこやるみたいですね。

にしても始末って・・・。

そういえば学校で倒した3人はどうしたんだろ。

ヴィンテージを避けるために攻略を続けながら移動する一行。

こんな緊迫した状況なのにコミカルで良いですね。

咄嗟に切り替えができる桂馬が凄いです。

しかし最後に最悪な事態に。

リューネとバッタリ出くわしてしまいました。

桂馬が本気を出せばあっという間に歩美をオトせると思っていましたけど、なかなか周りの状況がそうさせてくれませんね。

 

そういえば前回の扉、女神の順番が違うと書きましたけど、若木さん、本気で間違えていたみたいです。

私、当日の朝7時ごろにツイッターで質問したんですけどね、返事は無く。

しかしその数時間後、同様の質問をした人に返答していてちょっと悔しい思いをしました。

起きている時間を見計らって書かないと読んでもらえないのだろうか。

|

« レトロゲームPCエンジンHu『SUPER桃太郎電鉄』2 | トップページ | 週刊少年サンデー15号 その2 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/54212537

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー15号 その1:

« レトロゲームPCエンジンHu『SUPER桃太郎電鉄』2 | トップページ | 週刊少年サンデー15号 その2 »