« レトロゲームファミコン『ロックマン』6 | トップページ | 菜の花畑 »

2012年2月 8日 (水)

週刊少年サンデー10号

今号のグラビアの人って確か母親がわいせつ容疑で逮捕された人ですよね。

今朝の朝刊に載っていましたし、今日発売の週刊文春にも記事がありました。

なんてタイミングの悪い。

 

 

ひめはじけ

第1話 「ひめはじめ」

 

ついに始まりました。

クリスタルな洋介さんの新連載です。

前作「オニデレ」が終了してからずっと待っていましたよ。

今回は異国の姫様が花嫁修業に日本に来るけど、つい目的を忘れて遊んでしまうという話ですか。

前号の予告イラストを見る限りではキャラクターは少女ばかりで、この作者の最大の特徴であり(個人的には)魅力でもある脚の太い女性が出てこないんじゃないかと不安に思っていましたが、ちゃんと教育係として大人のキャラもメインで登場するみたいですね。

ツッコミ役の大人の男性キャラもいますし。

扉絵の扱いに反して当面はこの人がメイン進行を務めていく感じですかね。

姫様は志は持っているのですが、つい興味が逸れて遊んでしまうというキャラみたいです。

そして教育係のノエルも一緒に遊んでしまうと。

これは「オニデレ」のひばり・ミヅキの暴走を正が突っ込むという展開がメインにきたと考えてもいいですかね。

さっそくミヅキが言ってた「トンタタ」もお目見えしましたし。

今後も楽しみです。

 

 

電波教師

13限目 「美少女のナヤミ その2」

 

無言のメールを送る花音。

いちいち必要のないメールを送る娘だな。

本心ではよっぽど他人とコミュニケーションをとりたいってことですかね。

彼女は憧れの人のコンサートに行く条件となる中間テストで10位以内に入るために、伝説の家庭教師に勉強を教えてもらうことにします。

はい、予想できていました。

家庭教師は先生ですね。

多分都市伝説自体も先生がでっち上げたんでしょうね。

ところでこの花音、声に特徴があるという設定なんだから、普通にセリフを話すときでも字体を変えた方が良いように思うのですが。

 

 

アナグルモール

第15間 「バーゲンセール」

 

なんとか千羽は危機を回避。

まぁ、できることといったら耳のアレを取ることぐらいですから結末は予想通りでしたが、そこに至るためにどうやって顔に近づくのかと思ったら、紙袋とスマホですか。

マジンって結構単純なんですね。

 

 

マギ

第127夜 「氷の槍」

 

大聖母が動き出したことで再びピンチに。

そりゃあモルさんは泳げないでしょうね。

筋肉の塊みたいなものですから浮かびませんって。

この戦いでアリババは魔装を身につけられるまで成長するかな。

そういえばザガンに入る前にアモンがもうすぐ産まれるとか言っていましたよね。

あれってマゴイの質が変化したアリババに合わせてアモンが生まれ変わるとかってことでしょうか。

 

 

はじめてのあく

第146話 「欲しい物は・・・何?」

 

アキと赤城の家庭教師話の続き。

家庭教師のお礼という名目で赤城にクリスマスプレゼントを渡そうと考えるアキですが、なかなか切り出すことができません。

が、ついノートに書いてしまった本音を見られてしまいます。

ますます仲が進行する2人ですが、赤城の方が渡したのは胸を小さくするためのさらし。

ホント、ブレないなこの人は。

 

 

鋼鉄の華っ柱

第63話 「何をする!!」

 

遠霧家の因縁が明らかに。

そういえば昔は漫画とか小説でもこういった感じの話がよくありましたけど、最近あまり聞かないよーな。

今の時代ではあまりリアリティーを感じられない設定なのかな。

ですがこのあと蘭子は出られるようになっているワケで。

ここからどうやって解放したんでしょうね。

 

 

神のみぞ知るセカイ

FLAG176 「Wicked Genius」

 

ごまかした?

あんな状況にまでなったんだから、もう攻略は中断して2人とも巻き込まれると思っていたのに。

ごまかしたぁ?

 

桂馬達のピンチに駆けつけたハクア。

前は名前も覚えてもらえていないほどの下っ端であるフィオーレに全く歯が立たなかったハクアですけど、まぁあれは油断していたし鎌も弾き飛ばされてしまっていましたからね。

地獄での一件から決意を新たにした本気のハクアは強い。

まさか羽衣無しで飛べるとは思いませんでした。

敵を捕獲して桂馬の元にやってきたハクアが見せた顔は・・・乙女な表情でした。

ここでこんな顔するとは思わなかった。

完全に意表を突かれましたよ。

ピンチは去ったことを認識した桂馬は攻略を続けるため、これは芝居でしたということにしました。

予想外の展開の連続ですよ。

咄嗟に話を合わせられるハクアもスゴイな。

さすが優秀な奴。

しかも攻略につながるようなセリフまで。

結局説明を受け入れたちひろ歩美。

ですが実際に女神や攻略ヒロインたちは捕まってしまったワケですからね。

助けないといけないし、攻略も進行させないといけないし、しかももう夜になってしまって時間がないし、どうするんだろう。

 

女神たちに携帯で連絡する桂馬ですが、既に捕まった描写のある結、月夜は連絡がとれません。

栞はどうなんだろう。

襲われた形跡はありましたが、捕まったのかどうかはまだ分かりませんね。

防御能力に優れた女神でしたから、もしかしたら残っているのか?

でもコール音はあの岩から聞こえますね。(単なる演出かもしれませんが)

バリアで無事だったけどそれごと運ばれたということもあり得るか。

ところで栞の携帯番号はどうやって知ったんだろう。

桂馬が攻略したワケではない天理もまだ無事ですよね。

あとはウルカヌス。

本体は捕まったみたいですけど、ルナの姿が見えませんから、咄嗟に意識を移した可能性もあります。

リミュエル、二階堂もいますし、役に立つかどうかは分かりませんがエルシィもいますし、まだ絶望的な状況にはなっていませんね。

 

今週の「神のみ」はクラブサンデーで公開されていたため、1日早く読むことができました。

でも気付いたのは夜。

クラブサンデーが何時頃に更新されたのかは分かりませんが、もうちょっと早く気付きたかったな。

 

 

セーラー服を纏った教祖様

読切第三段。

悪くないですね。

ただこういう特殊な能力を持った主人公がいろんな人の心を救っていくという漫画は「神のみ」「電波教師」と既に2つもありますからねぇ。

今回はちゃんとアンケートにもこの作品を評価する欄がありました。

第一弾のは何でアンケート欄がなかったんだろう。不公平ですよ。

 

 

史上最強の弟子ケンイチ

BATTLE463 「守るべきもの」

 

本郷とジュナザードが1対1で戦うことになりました。

前に聞いた話によると本郷は一影九拳の中でもかなりの実力者らしいですけど、ジュナザードも昔、長老と引き分けたくらいですからね。

それにしても一影九拳って結構、実力差がある感じですね。

鋼拳とガイダルは簡単に倒せた感じでしたし。

事の発端である拳聖はどうなんだろう。

元々は梁山泊に弟子入りする可能性があった人物ということですから、剣星や秋雨よりは格下な感じですけど、あれから実力をつけたでしょうし。

 

 

GAN☆KON

第十六願 「決意の一歩」

 

マガミの代行者になると宣言した三峰さんですが、そうすんなりとはなることができないみたいですね。

想いの強さが重要ですから、ただ邪魔するっていう目的じゃ弱いですよね。

いずれは組むことになるのでしょうが、どんな願いに辿り着くんだろうか。

一方、新太たちはダイコクに連れられて鹿島組の神の元へ。

相手は元鹿島組組長。

とても勝てそうには見えませんけど、ダイコクには何か考えがあるんですよね?

「あのダイコク」とか言われてますからダイコクにも色々と秘密がありそうです。

こっそりついて来た三峰マガミも関わることになるのでしょうか。

 

稲荷組六柱の2人の名前が明らかになりました。

ギンコとキンコですか。

多分「銀狐」「金狐」と書くのでしょうね。

クエビコの「クエビ」はよく分かりませんが、「コ」はやっぱり「狐」ですかね。

 

 

常住戦陣ムシブギョー

第49陣 「妾のために」

 

やっぱり無涯がきましたね。

最初に海で戦った相手とは互角の戦いでしたけど、今回は多数が相手ですよ。

大丈夫でしょうか。

|

« レトロゲームファミコン『ロックマン』6 | トップページ | 菜の花畑 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/53929054

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー10号:

« レトロゲームファミコン『ロックマン』6 | トップページ | 菜の花畑 »