« 神のみぞ知るセカイPOSTERS! | トップページ | 紅葉 明神峡 »

2011年12月 7日 (水)

週刊少年サンデー1号

電波教師

6限目 「メイドの中のメイド」

なんか力押しだなぁ。

退学にしたらイメージダウンになるって、一種の強迫ですか?

このコが特別な能力を持っていなかったら解決しなかったんじゃ。

 

 

GAN☆KON

第九願 「神と人間」

そうか、おもちゃは一番の願いじゃなかったのか。

まぁ、玩具の神だから出来ることは限られてきますよね。

他の人に姿が見えないという悩みだけはイサナみたいに依代を作ればなんとかなりそうな気もしますが、タタラには依代を作る能力がないのかな。

結局タタラはこの子供と共に残留。

今後たまに出てくるといった感じでしょうか。

マガミの方は完全にレギュラー枠に収まりました。

だんだんと新太を認めつつも表面的にはケンカばかりのキャラになっていく予感。

 

 

ハヤテのごとく

第348話 「シェフ・マリアの夏野菜スペシャル第1弾」

粘土質の土を掘り起こし1tの土を移動させて2時間ですか。

超人にもほどがありますよ。

アテネは特に何の役にも立ちませんでしたが、マリアから説明を聞いてさりげなく読者に事情を説明するための役目だったのかな。

 

 

アナグルモール

第8間 「最後の日」

正体がバレてた!

にしても一体なんだろう、アナグルモールって。

家族の間では共通認識みたいだけど、学校では誰も知らないし、特に秘密ってこともなさそうだし。

地下世界がアナグランドで名前が似てるってことと、非人間の存在を認識していることから魔人と何らかのかかわりがありそうだけど。

かといって魔人並みの能力を身につけているワケでもなさそうだし。

最後に謎の人物が登場。

前回のラストからアナグルモールの関係者かと思ってたら、ルチルの監視役だったみたいですね。

もしかしてルチルがこの家にホームステイにきたのは偶然じゃなくてこの一家を調べるために派遣されてたのかな。

でもその割に京介から隠れる素振りはないですね。

それにしてももう少し家族との仲を深めてから展開して欲しかったな。

いやまだ先の展開を見ないと判断はできませんけど。

 

 

史上最強の弟子ケンイチ

BATTLE456 「インダーブルー」

ついに美羽と遭遇。

やっぱり戦って記憶を取り戻させる王道展開だとは思いますが、どういう感じで収めるのか。

そして本郷も参戦。

これは頼もしいな。

 

 

アラタカンガタリ

第145話 「3つの技」

惜しいなぁ。

こういう展開は普通、技を教えてもらうシーンはカットして実際にピンチに陥った時に使って読者を驚かすものでしょう?

何で先にバラすかな。

 

この漫画、少し前に重い展開があったからでしょうか、ここ数話はギャグ多めでなかなかよかった。

今後もときどきこういうノリを間に挟んでもらいたいな。

 

 

はじめてのあく

第139話 「スーパー鬼ごっこ3」

シズカが捨て身でジローを守る。

おお、ヒロインっぽい。

今までの黒さがウソのよう。

といっても鬼ごっこですから、やられたあとも深刻じゃないのが良いですね。

一方、緑谷の方はユキが自然現象でピンチに。

この尿意ではあと2時間はとてももたないでしょう。

「なんでもござらんよ?」に笑った。

理性が吹き飛んだ緑谷。

タイミングの悪いヤツ。

そして捕まった4人が寝返った!

でもまぁ、ジローとキョーコが組めば最強って感じだからねぇ。

ところでジローは賞金を何に使うつもりなんだろう。

何か重要な意味がありそうなんですけど。

 

 

常住戦陣ムシブギョー

第42陣 「「蟲狩」未那蚕」

うわぁ、蟲狩こんなに強いの?

船を切り刻まれるのは予想通りでしたが、無涯と互角って。

いずれは仁兵衛たちもこいつらと戦うことになりそうですが、どれだけ力の差があるんだろう。

 

 

マギ

第120夜 「ゼパル」

やっぱり記憶を消したか。

そうなるんじゃないかと思っていました。

シンドバッドは複数の金属器を持っているそうですから、まだまだいろんな力を持っていそうですね。

この人、悪い人ではないのですが、目的のためなら何でも利用しようと考えていそうです。

アラジンはそれに気付いた感じですが、アリババの方は気付かずに取り込まれてしまっていますね。

 

 

神のみぞ知るセカイ

FLAG169 「淵」

おお?

舞島学園自体に秘密が?

あの校章にも重大な意味が込められていたのか。

前から校章にしてはやけに複雑な絵だなとは思っていたんですよ。

重要な伏線だったんですね。

そして栞を助手に学園の過去を調べることに。

女神攻略は後回しにして物語の核心に迫っていくのか。

まだ色々と分かっていないこともありますからね。

シアターの地下と岬海浜公園の洞窟がつながっていること、そこが地獄からの出口になっていること、あかね丸が地震直後にいきなり朽ちてしまったこと、洞窟の入口の位置が10年前と異なることなど。

これらが分かるかもしれないのか。

どういう理由か気になるなぁ。

 

その他

エルシィはかのんとバンドをどう両立するんだろう。

私はかのんが本番直前に目覚めるのではないかと考えていますが、この時点でのエルシィは両立する気ですよね。

「ボクは駆け魂の大群を見た・・・・・・!!」

あれ?桂馬は気絶してて見ていないハズですが?

「遭遇した」の間違いでは。

 

 

鋼鉄の華っ柱

第56話 「ピノキオサン」

いやぁ、なんかヒドいな加賀姉弟って。

友達を欲しがってたお坊ちゃんをイジメているようにしか見えない。

でもこうやって朝涼とは絆を強めていって、夏野はアホのまま成長したということですか。

ところで希少動物のゴリラはもっと大切に扱いましょうね。

|

« 神のみぞ知るセカイPOSTERS! | トップページ | 紅葉 明神峡 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/53424378

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー1号:

« 神のみぞ知るセカイPOSTERS! | トップページ | 紅葉 明神峡 »