« レトロゲームレビューファミコン58 『クォース』 | トップページ | レトロゲームゲームボーイ『Sa・Ga2 秘宝伝説』2 »

2011年11月13日 (日)

レトロゲームゲームボーイ『Sa・Ga2 秘宝伝説』1

Gs_b02

ゲームボーイの『Sa・Ga2 秘宝伝説』です。

このゲームは昔プレイしました。

といっても発売からは何年か経ってからでした。

「スーパーゲームボーイ」というスーパーファミコンを介してゲームボーイソフトをテレビでプレイするというものが発売された時、一気にゲームボーイソフトの中古を買い漁った時期があって、その中にこのソフトもありました。

でも箱が大きかったというくらいしか記憶が残っていませんでしたが。

 

第一世界

最初の村(名称不明)~北の洞窟~町(名称不明)

 

スタート。

前作と同じで最初に主人公の種族を選択します。

新たにメカっていう種族が増えていますね。

もうすっかり内容を忘れてしまっていますので、どれがどういう能力があるのか分からなくて迷います。

確か前作ではエスパーは突然変異で技を覚えて便利でしたよね。

ということで今回もエスパーを選択。

次に名前を入力。

「ェ」とか「ヴ」は使えないので仕方なく「ウエバ」に。

 

Gs_b03

プロローグが始まります。

父親が旅に出ると言って寝ている主人公を起こします。

これって選んだ種族によってはすごく違和感のあるシーンになりますね。

メカとかモンスターを子供に持つ人間って・・・。

そして精霊の鏡という秘宝を渡されました。

それから年月が経って主人公は父親を探す旅に出る決意をします。

結局父親は帰ってこなかったんですね。

この主人公は自分のことを「オレ」って呼びました。

エスパーガールなのに。

次に先生にも挨拶をします。

先生って何の先生だろう。モンスターだし。

そして主人公が父親から預かった鏡は大昔に神々が造った秘宝の一つだと教えられます。

秘宝は77個全部集めると女神像になるらしい。

77個ってちょっと多すぎませんか?

そこに友人達がやって来ます。

仲間を3人選ばないといけないみたいです。

それぞれ名前も付ける必要があるのですが、これがいつも悩むんですよね。

適当に人間男に「ニンゲン」、メカに「メカ」、使い魔に「モンスタ」と付けてパーティ完成。

出発します。

村を出ようとすると先生が追って来ました。

先生もついてきてくれるそうです。

何だこの展開。

 

外に出て試しに戦闘。

先生強いですね。

一撃で倒してくれました。

フィールドでBボタンを押したら先生と会話できました。

ほう、こんなシステムになっているのか。

 

北の洞窟に入ります。

途中でモンスターが道を塞いでいました。

話しかけると戦闘に。

ボスですかね。

でも先生が一撃で倒してくれました。

 

洞窟を抜けると先生は村へ帰ってしまいました。

いつまでも楽はできませんからね。

近くに町が見えるので入ってみます。

すると何やら人物がキョロキョロして去っていきました。

「あっとうさんだ!」

ええっ!もう見つけた?

追ってそれらしき人に話しかけてみましたが、その人は別人でした。

さっき見たのがこの人なのか本当に父親だったのかは分かりません。

ここで得た情報は西にイシスの神殿があり、カイという神官がいる、古き神々の遺跡に秘宝がある、北の山奥に天界を支えるという天の柱がある、魔王アシュラが秘宝を探していて北の谷に基地があるというものでした。

 

続き

 

レトロゲームプレイ日記メニューへ

レトロゲームメニューへ

TOPへ

|

« レトロゲームレビューファミコン58 『クォース』 | トップページ | レトロゲームゲームボーイ『Sa・Ga2 秘宝伝説』2 »

レトロゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/53231490

この記事へのトラックバック一覧です: レトロゲームゲームボーイ『Sa・Ga2 秘宝伝説』1:

« レトロゲームレビューファミコン58 『クォース』 | トップページ | レトロゲームゲームボーイ『Sa・Ga2 秘宝伝説』2 »