« レトロゲームファミコン『クォース』5 | トップページ | 小夜の中山、諏訪原城跡 »

2011年11月 9日 (水)

週刊少年サンデー50号

「アナグルモール」

第4間 尾行

ストーカーから教えを請う話。

自分でストーカーと自覚している珍しい相手。

こんな目立つ格好をして変な行動をしている人がいたら気付かれそうなものですけど。

でも一応、相手に不快感を持たれないように配慮はしているみたいです。

弟はこいつが犯人だと決めつけましたが、手紙の送り主は別にいるみたいですね。

 

 

「神のみぞ知るセカイ」

FLAG165 屋上

うわぁ、結局最後の女神は歩美かぁ。

いやもう、これまでの流れは完全に歩美にいる流れでしたからね。

ちひろに譲る、攻略対象から外される、ちひろ攻略があり得ないほど順調という展開から推測すると。

だからこそ何か裏をかかれるんじゃないかと考えていましたけど、そのまま歩美だったかぁ。

こうなるとちひろは不憫だなぁ。

恋が決して報われることなく、事情も知らされず、物語の本筋に絡むこともできなくなったワケですよ。

とりあえずこの場をどう収めるのか。

女神がいないことが分かった以上、キスはしないでしょうけど、どうやってちひろを傷つけずに別れる?

リューネが来てたから何か一波乱あって・・・とかかな。

 

それにしても押し倒されたちひろのセリフ、キスどころかそれ以上のことを想定しているように聞こえますって。

初めて姿を現したメリクリウス。

これまで新しい女神が出てくるたびに宿主との身体的特徴が離れていっていましたけど、メリクリウスはもう完全に宿主の面影がないですね。

マルスの呼びかけに反応しなかったのは何かの伏線でしょうか?

 

 

「ハヤテのごとく」

第344話 剣野カユラかく語りき3

カユラのアドバイスはヒナギクがルカへ伝えたことを完全否定するものでした。

真っ向から対立させるつもりですね。

でもこのアドバイスが有効なのは作者にセンスあってのことですよ。

 

 

「電波教師」

2限目 社会のルール

いやいや、意表を突かれました。

まさか2話目にして学校を辞めることになるとは。

ちょっとこの漫画に対する認識を改めないといけないな。

これからどういう方向に展開していくのか、少し期待。

 

 

「はじめてのあく」

第136話 家庭教師アカギ

またアキ・赤城のターンですか。

家庭教師として一晩過ごすことになった2人の話。

にしても無造作に置かれていたからと裸になってアキのスカートやブラを身に着ける赤城って・・・。

どれだけ変態なんだ。

ギャグなんでしょうけど、アキの学力はヒドいな。

これで大学を?

結局一晩明かしましたが、進展はありませんでした。

ぺったんハーレムを妄想する相手ですから難しいですね。

渡ファンクラブの他のメンバーは色々と靡いていますけど、赤城だけは全然ブレる気配がありません。

 

 

「常住戦陣ムシブギョー」

第38陣 お勤めの作法

遊んでいたようでみんな準備を整えて機会をうかがっていたんですね。

まぁ、これだけで寺社見廻り組の意識が変わったりしたら話が安っぽくなってしまいますから、意識が変わるきっかけを与える程度に収めて欲しいところ。

 

 

「GAN☆KON」

第五願 敗北の代償

今回のイサナさんは巨神姿のままですか。

それを補うための扉のサービスカットだったんですね。

巨神姿のままでバトルに突入したら依代に変身できないのか。

それだけでもある程度不利なのに相手は拾願も使える猛者。

肩書きも組長の側近って。

展開早すぎませんか?

それにしても稲荷組は理不尽な相手ですね。

向こうからバトルを仕掛けてきたのに、負けたら組織立って狙ってくるとは。

 

 

「史上最強の弟子ケンイチ」

BATTLE452 手がかりを追え!

ジェイハンは一国の王子なのにあっさり捨てられたと思ったら、拳魔邪神はもっと上の位置にいたのか。

ラストの少女はジェイハンに仕えていた少女ですかね。

 

 

「鋼鉄の華っ柱」

第53話 聞きたいこと・・・

真道の元婚約者。

顔も出さずに展開していったから特に重要なキャラではないのかと思っていたのですが、むしろ特別重要だからこそ顔を出していなかったのかな。

|

« レトロゲームファミコン『クォース』5 | トップページ | 小夜の中山、諏訪原城跡 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/53199135

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー50号:

« レトロゲームファミコン『クォース』5 | トップページ | 小夜の中山、諏訪原城跡 »