« カミデレ | トップページ | 安田の大シイ、奥大井湖上駅、不動の滝 »

2011年10月19日 (水)

週刊少年サンデー47号

「アナグルモール」

新連載第二弾。

うえきの法則の人ですね。

地底に棲む魔人の主人公が地上征服のための足掛かりとして人間の弱点を調べに人間社会に潜入するといった話。

魔人は人間をかなり誤解していますが、この誤解がずっと続いていくとは思えませんから、いつか気付いて、そして主人公が人間を魔人から守るために戦うといった展開になるのかな。

ギャグの含まれない暴力描写部分はちょっと引きましたが、全体的には面白かった。

今後も期待。

 

「神のみぞ知るセカイ」

一緒にキャンプファイアーに行くことになった桂馬とちひろ。

桂馬はとりあえずちひろに女神がいる可能性が高いと踏んでいるみたいですね。

そして歩美に恋愛相談を持ちかける桂馬。

これは本気で言っているとは思えませんから、もしかしたらちひろ編みたいに協力しているうちに攻略になっていたという展開を狙っているのでしょうか。

こういう展開になると歩美に女神がいる可能性が高くなってきますが、どうなんでしょう。

 

歩美はミスコンに出場ですか。

これがどう話に絡んでくるんだろう。

このミスコン、男の方も決めるんですね。

普通の漫画なら主人公が出るものですが、桂馬は学校中の生徒から変人扱いされていますからそれはないかな。

 

栞の小説は完成して提出できたみたいですね。

あの内容で出したのか?

いや、あれは小説と呼べるものではありませんでしたから、他に用意したのでしょうか。

ところで桂馬はこれから毎日会おうと約束しましたけど、ちゃんと守るのかな。

既にそれを言った日には風邪で倒れて会えなかったワケですし。

通常、それを言われたらその日も一緒に帰ったりすると受け取るものですが。

 

キャンプファイアーを前夜祭でやるというのも不自然な気も。

こういうのって最終日の最後じゃないの?

はじあくの文化祭でもそうだったし。

 

あと気になるのはハクアがどう合流するのか。

この作者、事情を説明させたりするのを避けたがりますから、ヴィンテージの襲撃等があってハクアが置かれた状況を説明する暇が無いような状況で合流する可能性が高い気がします。

 

「史上最強の弟子ケンイチ」

記憶や言葉を失った美羽を助けてくれた武術一家。

介抱を受ける美羽。

でもその青年の正体は拳魔邪神でした。

どういうことだ?

顔は青年だけど手は老人ってことは何らかの技で顔だけ変えているということですか。

この家族はなんだろう?

拳魔邪神の手下には見えませんが。

もしかして拳魔邪神が本当の息子を始末して入れ替わってる?

 

「GAN☆KON」

イサナはMSドールとは違って一般人にも認識されるんですね。

それにしてもこの母親の理解力の高さはなんだ?

オニデレの正の父親並の理解力ですよ。

どこまで事情を聞いているのか分かりませんが、嫁で神ということは理解している模様。

 

初めは巨神ロボ姿を拒否していた新太ですが、バトルを通じて受け入れ始めました。

そしてイサナの真の姿はまた別にあると?

まぁ、神様に姿や性別なんて有って無いようなものですよね。

でもこの真の姿が更に受け入れ難いものだったらどうするんだ。

 

バトルに勝つと領地が増えると言っていましたけど、土地が増えるワケではなくグレードアップしていく感じなのかな。

図書部の同級生もどう絡んでくるんだろう。

いずれはイサナも学校へ通う展開ですか?

 

「ハヤテのごとく」

また本筋ではなく寄り道話ですか。

今回は伊澄のメイド探し。

またハヤテは余分な仕事を押し付けられました。

で、選ばれたのが文。

このキャラ、私がサンデーの購読を休止している間に出てきたキャラなのでよく知りませんが、これまでの行動を見る限りかなりのトラブルメーカー。

すぐさまポンコツと見透かされました。

そしてあっという間にクビ。

 

「常住戦陣ムシブギョー」

やぁ、ついに復帰ですか。

せっかく物語が面白くなってきたというところで休載ですからね。

そして始まった途端に解散。

ええーーー?

まだ主要メンバーの1人の掘り下げもしていませんよ?

それと今にも江戸に出てきそうな父親はどうなった?

 

「マギ」

そうか、シンドバッドはすでに呪われていて半分堕天した身だと。

しかも完全に堕ちずに従えているのか。

特異点と呼ばれるだけのことはありますね。

一方、アリババは大変な状況。

アラジンの力で心か体の中へ入ってアリババの自らの力で呪いを吹き飛ばさせる展開かな。

ところで腕の落ちた白龍はどうなった?

 

「鋼鉄の華っ柱」

レオの必殺技を難なくあしらう真道。

しかし懲りないレオが次に狙ったのは朝涼。

これは相手が悪かったね。

でもまだ諦めず他の女性のお尻を狙うレオ。

他に無いのか?

ところが今度は真道がついて来ていない。

これは私も考えていました。

ついて行かなきゃいいじゃんって。

 

「はじめてのあく」

体育祭開催。

何もかもがウマくいかなくてヘコむ緑谷。

そしてついにユキを泣かせてしまう事態に。

次回でこれまで全然進展しなかった2人の関係を進ませる予定でしょうか。

|

« カミデレ | トップページ | 安田の大シイ、奥大井湖上駅、不動の滝 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/53028633

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー47号:

« カミデレ | トップページ | 安田の大シイ、奥大井湖上駅、不動の滝 »