« 緑のカーテン アサガオ | トップページ | 千畳敷カール »

2011年7月13日 (水)

週刊少年サンデー33号

「マギ」

最初、敵の圧倒的な力を見せつけられ、次の週には主人公たちも更に圧倒的な力で反撃。

そして今週ではまた敵が優位に。

立ち位置の入れ替わりが大きいですね。

まぁ、敵に負けてジンを奪われたらそこでゲームオーバーですから負けることはないのでしょうが。

 

「史上最強の弟子ケンイチ」

対戦回数が多かったのはこういうことだったのか。

そして見ているだけで技を盗む鈴木はやっぱり怪しい。

でもなんか仲良くなってる?

 

「常住戦陣ムシブギョー」

結局、仁兵衛は何もできず。

無涯の雄姿も見ることができていなかった模様。

今週は蟲奉行様や小鳥と同列の人?なんかも出てきました。

 

「鋼鉄の華っ柱」

何だか相手の小物臭がだんだん強くなっていく気が。

 

「ハヤテのごとく」

全然はかどらないナギの漫画。

最終的にはルカが手伝うことになりましたが、この日は何も進んでいませんね。

まだルカのハヤテへの命令は発動していない様子。

 

「神のみぞ知るセカイ」

栞の女神はミネルヴァだったか。

え?するとこんな外観なのにマルスよりも年上なの?

いや、前にディアナが言ったのが年齢順だとは決まっていませんが、普通は上から順に言いますよね?

結局、栞には何の事情も説明せずにタグだけ渡してしまいましたけど、ピンチにタグを切るってこと説明しないと役に立ちませんよ。

 

一方、定期報告会に出てるハクア。

長官の交代、地区長の増員、情報不足な天界人捜索、まだまだ謎が多いですね。

久しぶりに登場したエルシィの前の上司シャリィ。

ハクアとは仲が良かったんですね。

シャリィは檜編で無理に勾留すると宿主か死んでしまうと言って反対したりしてましたから悪人ではなさそうですが、こういうキャラが実は敵側だったりすることってあるんですよね。

疑い出したらキリがないか。

 

そして室長に報告しようとするハクア。

室長は前にエルシィを重勲章候補に推薦して、それが通らなかったからと室長賞を作って与えようとしたりとこの人も悪い人には見えません。

それに普通は誰も使わない恋愛での攻略をエルシィにやらせようとしているところから、むしろ女神復活側の感じが強いんですよね。

どう展開するんだろう。

ところで最後のコマを見ると室長の目って空洞じゃなくて光を反射する物質でできているみたいですね。

ガイコツというよりもリトルグレイに近いかもしれません。

 

桂馬は無理がたたって倒れてしまいました。

この前のハクアの無理しないでねという発言はフラグだったのか。

もう時間は残り少ないのにどうする?

体調が悪くなる兆候を二階堂が見ていましたけど、もしかして二階堂が看病しにくる?

いや、ちょっと想像できないな。

歩美、ちひろに伝えて看病させに来させるとか?

あ、でもそれだとフィオーレを見られてしまうな。

 

「はじめてのあく」

新キャラがまた増えた。

今度は精神年齢の低そうな先生か。

 

さすが先生、あっという間に悪に関する知識を仕入れてきました。

でもその上で悪について勘違いしたままっていうのは相当な人ですね。

 

歓迎会で酒を飲ませたことから、酒癖が悪いって展開は想像できましたが、こういう方向の酒癖の悪さとは。

そしてエーコさんの後輩か。

色々と問題を巻き起こしそうですね。

|

« 緑のカーテン アサガオ | トップページ | 千畳敷カール »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/52193439

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー33号:

« 緑のカーテン アサガオ | トップページ | 千畳敷カール »