« 久能山東照宮、蓮華寺池公園 | トップページ | 「神のみぞ知るセカイ」桂馬への呼び方の変遷 非レギュラー編 »

2011年6月12日 (日)

「神のみぞ知るセカイ」桂馬への呼び方の変遷 クラスメイト編

桂馬への呼び方がどう変化していったのか。

前回はエルシィの呼び方を調べましたが、今回はクラスメイトをまとめてみました。

エルシィ編 http://weva.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-e1a1.html

非レギュラー編 http://weva.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-8bce.html

女神・悪魔編 http://weva.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-8747.html

レギュラー編 http://weva.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-187e.html

 

※注意

見逃しや数え間違いはあると思います。

呼び方だけでなく悪口も入れました。

基本的にセリフが無くても登場している話は表に入れていますが、会話で名前が出て顔だけが描かれている場合や以前のシーンをコピーしただけの回想は省き、セリフや絵が少しでも異なっていれば同一のシーンの再現でもカウントしています。

お前らなど複数形の場合は状況や言い方に応じて判断しています。

 

高原歩美

 FLAG    状態
 1  オタメガネ2、あんた  攻略前
 オタメガ、桂木、あんた  攻略中
 桂木、あんた  攻略後
 1巻おまけ  オタメギー
 29  桂木  
 30  あんた3、桂木  
 4巻おまけ    
 41    
 42    
 54    
 55  桂木2  
 75    
 76    
 80  桂木  
 83  桂木  
 84    
 85  桂木2、あいつ  結と入れ替わった桂馬とフラグ発生
 86  
 87  
 88  
 89  桂木
 オタメガ  結の立てたフラグを処理
 90  アホ
 10巻おまけ    
 94  あんた  番外編
 102  兄貴2、桂木2、あんた3  
 103    
 107  桂木  
 108  桂木  
 109    
 113    
 115    
 116    
 119  桂木くん2  かのんとの噂に怒り中
 122  あんた  
 123    
 126  桂木2  
 127  桂木2、あんた  
 137b    
 141    

歩美はクラスメイトでエルシィの友人という立場上、ちひろと並んで登場回数も多く心境の変化がつかみやすいキャラクターですね。

初めて再登場した攻略ヒロインでもあります。

 

攻略前は桂馬のことを「オタメガネ」「オタメガ」と呼んで小馬鹿にしていましたが、攻略後は桂木と呼ぶようになります。

ちひろ編では桂馬の悪口を気にしたり、80話では桂馬に見つめられてテレて蹴飛ばしたりと確実に桂馬を意識。

55話のテスト勉強の話では、キスという言葉に、このとき既に記憶を取り戻していたかのんと同じ反応を示したりもします。

 

結編では結と体が入れ替わった桂馬を最初は警戒するものの次第に仲良くなっていきました。

が、元に戻った桂馬がフラグを粉砕したため一時は険悪な雰囲気になり、久しぶりに「オタメガ」と呼びます。

それでもその後、落ち込むエルシィを励ましたいという桂馬の言葉に嬉しそうにしたり、京の桂木と結婚したい人なんていない発言への返事に間があったり、体育祭の練習で楽しそうに桂馬と二人三脚したり、リレーの優勝報告をわざわざ桂馬に言ったりと確実に歩美の方から歩み寄ってきます。

しかしそこで再び関係を悪化させるイベントが発生。

かのんが桂馬に告白するシーンを目撃、さらに尾ひれのついた噂を間に受け、次の日には「桂木くん」と笑顔で呼びながら思いっきり蹴り飛ばしたりしました。

女神復活のために歩美に再度告白しかけると蹴飛ばされたものの、その後赤い顔でため息をつくなど桂馬に対する意識は残っている模様。

 

小坂ちひろ

 FLAG    状態
 3    攻略前
 7  
 11  底辺兄貴、オタメガ2
 12  底辺兄貴(前の話と同じシーン)
 22  
 28  オタメガ3  攻略序盤
 29  オタメガ2、あんた2、底辺ゴキブリ男
 30  オタメガ、あんた2
 31  オタメガ
 落とし神様  攻略終盤
 32  あんた3
 4巻おまけ  桂木  攻略後
 37    
 41    
 5巻おまけ    
 42    
 45    
 54    
 55  オタメガ2、桂木  
 75    
 76    
 81  あんた  
 ゴキブリ  頼みを断って怒らせた
 83    
 84    
 85  桂木  結と入れ替わった桂馬とフラグ発生
 86  
 87  
 88  桂木
 89  桂木
 ゴキブリ男  結の立てたフラグを処理
 90  ゲーム脳
 10巻おまけ    
 93    
 94    番外編
 102  兄貴、あいつ、お前、桂木  
 103  あいつ  
 107  バカ、アホ、こいつ、桂木  
 108  あんた、バカ、最悪底辺エロ男、あんな奴  桂馬とキスしたか直接確認
 109    
 110    
 113    
 115    
 116    
 119    かのんとの噂に怒り中
 122  オタメガ
 123  ゴキブリ男  告白を拒絶
 125  桂木、あんた  
 126  桂木  
 127  桂木、あんた  
 137b    
 141    

ちひろも歩美と同様の立場にいるため、登場回数も桂馬との絡みも多いキャラです。

駆け魂に取り憑かれる前から何度も脇役で登場していた特異なキャラでもあります。

 

ちひろも攻略前は「オタメガ」と呼んでいましたが、攻略後に「桂木」へと変化。

しかしもともと口の悪いキャラな上、ちょっとしたことで腹を立てて「オタメガ」や「ゴキブリ」呼ばわりすることがあります。

ちひろも55話のテスト勉強の話で歩美、かのんと同じような反応をしたり、結と入れ替わった桂馬と仲良くなったりします。

そういえばこの漫画で桂馬の容姿を悪く言うのはちひろとウルカヌスだけですね。

まぁ、ちひろの場合は本心というよりも軽口という感じですが。

攻略時や体育祭の練習の話なんかを読むと、やっぱりどことなく桂馬と似た者同士な感じがします。

 

かのんに告白されるシーンを目撃した次の日には無表情(影がかかっててちょっと怖い)で熱い飲み物を桂馬にかけたりとかなり怒っている様子。

ちひろも桂馬の再告白を拒絶しますが、やっぱり意識はしているみたいです。

137話の番外編では「かのんちゃんは完璧だよ」というある意味敗北宣言やかのん(中身はエルシィですが)のライブを見つめる時のとてもかなわない遠くの人を見つめるような表情が印象的。

 

ちひろはガールズバンド「2B PENCILS」を立ち上げた張本人ということもあって、バンドメンバー内ではリーダー的立ち位置ですけど、その一方で他人に遠慮する性格っぽいんですよね。

歩美の桂馬に対する気持ちに気付いているような節もあります。

結編で桂馬と体の入れ替わった結がちひろにしがみついた際、歩美がギターで結桂馬を突き飛ばしますが、そのときちひろは歩美の顔を見ているんですよね。

体育祭の練習で桂馬と二人三脚の練習をして嬉しそうな表情をする歩美を見て、桂馬に歩美との間に何かあったのかと聞いてきますし。

桂馬がかのんに告白された次の日に桂馬を蹴り飛ばした歩美を目で追っていたりもしました。

だから再告白されたのを拒絶したのはかのんがというのではなくて、歩美に遠慮しているような気がするんですよ。

全くの見当違いかもしれませんけど。

ちなみに歩美がちひろの気持ちに気付いている素振りは今のところありませんね。

 

寺田京

 FLAG    状態
 1  応援男  
 11    
 4巻おまけ    
 36    
 37    
 5巻おまけ    
 42    
 45    
 54    
 55    
 76    
 84    
 85  桂木2  
 88    
 90    
 93    
 102    
 103  あいつ、兄貴、桂木  
 107    
 108    
 109    
 110    
 113    
 116    
 119  エリーの兄貴  
 121    
 126  桂木  
 127  桂木4、兄貴  
 137b    
 141    

寺田京は1話目から登場しているキャラクターですが、ガールズバンド「2B PENCILS」に参加するまではほとんど脇役的な扱いでした。

たいていちひろや歩美の横にいるだけだったり、教室のシーンではモブキャラとして登場していましたね。

 

京は攻略したワケではありませんが、最初から桂馬のことを「オタメガ」ではなく「桂木」と呼び、結桂馬のドラムを素直に褒めたり、たいやきを熱いからと2重に紙を巻いて桂馬に渡したりと誰にでも分け隔てなく接してくれる良い子でもあります。

その一方、桂馬と結婚したがるような人はいないだろうからエルシィは将来苦労しそうだと言ったりして、冷静に物事を判断できている感じです。

歩美と同じ陸上部に所属していて、自力で英語のテストで100点をとるなど、結構スペックは高めですね。

歩美再攻略のため、歩美の好感度を上げようと必死になっている桂馬に次々とかのんの話題を振って桂馬を翻弄していたのが印象に残ります。

作者曰く、いとこのお姉さん的イメージのキャラだそうです。

 

中川かのん

 FLAG    状態
 7  その人、あなた、桂木くん  攻略前
 8  桂木くん2、あなた  攻略中
 9  桂馬くん4、桂木くん2
 10  桂馬くん6
 2巻おまけ    攻略後
 54    
 55    
 94    番外編
 114  桂馬くん3  
 115  桂馬くん2  
 116  桂馬くん5  
 117    刺されて昏睡状態
 118  
 121  
 122b  
 130  
 132  
 133  
 137  
 138    水化術
 139  

現役アイドルで学校にほとんど来ないため、クラスメイトでありながら登場回数はあまり多くありません。

攻略中に呼び方が「桂木くん」から「桂馬くん」に変化しましたが、ちょっとタイミングが変な感じです。

落ち込んだかのんが初めて桂馬にメールを送った時は「桂馬くん」ですが、歌を褒めて元気を取り戻した後にはまた「桂木くん」に戻っていました。

その後何度も呼びだされた後は「桂馬くん」に統一されています。

攻略時はスタンガンで攻撃してきたり、ヨロシクネメールを送ってきたり、1日36回も桂馬を呼び出したりとイタい感じでしたが、攻略後は病み成分は消えたみたいです。(駆け魂の影響だったのかな)

ただし、スタンガンは新調し続けているみたいですが。

 

かのんには女神アポロが宿っていて、再登場時には既に記憶を取り戻していたらしいですね。

自分の記憶が消えていたことから、桂馬も同じように忘れているかもしれないと考え、それとなく確認しようとしましたが、エルシィにごまかされてしまいます。

再再登場時にも桂馬に相談しようとしますが、攻略が桂馬にフラれたという結末だったため、一度は桂馬を忘れようとします。

しかしフィオーレにつけ狙われ、テスト中であるにもかかわらず桂馬に抱きつき、クラスメイトが見ている前で告白。

桂馬もかのんのことを覚えていると知り、アポロに力が戻りますが、直後にフィオーレに刺されてしまい、その後はずっと意識不明の状態に陥ります。

かのんが助かって意識を取り戻した時の桂馬に対する反応、そしてその時一緒にいるであろう他の女神たちがどう反応するかが楽しみです。

 

アポロ

 FLAG    状態
 114  桂木桂馬、桂木  
 115    
 116  お主  

かのんに宿っていた女神ユピテルの姉妹の次女。

出てきてすぐに刺されてしまったため、桂馬を直接呼ぶのは「お主」1回だけでした。

おバカキャラということで、エルシィとの掛け合いがちょっと楽しみ。

|

« 久能山東照宮、蓮華寺池公園 | トップページ | 「神のみぞ知るセカイ」桂馬への呼び方の変遷 非レギュラー編 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/51912229

この記事へのトラックバック一覧です: 「神のみぞ知るセカイ」桂馬への呼び方の変遷 クラスメイト編:

« 久能山東照宮、蓮華寺池公園 | トップページ | 「神のみぞ知るセカイ」桂馬への呼び方の変遷 非レギュラー編 »