« 焼津、御前崎灯台、ワイロ最中 | トップページ | 浜名湖 »

2011年1月26日 (水)

週刊少年サンデー9号

週刊少年サンデー9号

「マギ」

まさか1週で痩せるとは思いませんでしたよ。

アリババに至っては1ページで痩せてしまいました。

こんなに簡単に痩せられれば世の女性達は苦労しませんよ。

まぁ、ギャグだったってことですよね。

 

「史上最強の弟子ケンイチ」

有益なバカ発見。

武闘派集団ティターンっていうのはなんだろう。

拳聖の弟子になる前に所属していたチームか、それとも拳聖の弟子チームの名称か。

後者ならこいつがあの3人の中でリーダーを務めているということか。

バーサーカーらしきメンバーがいましたけど、それよりも上ってこと?

 

こんな緊迫していた時にもギブスを着けている武田もそこそこバカですよね。

ケンイチを助けたのはやっぱりしぐれですかね。

先々週のしぐれのカットは前フリにしか見えませんでしたから。

分かりませんけど。

宇喜田が千影を助けたのも千影の闇抜けの前フリでしょうか。

 

「神のみぞ知るセカイ」

この日の栞攻略は先週で終わりかと思っていたら、あくまで下校イベントということでまだ続けるつもりだったみたいですね。

しかしそこに再び結が登場。

今までずっと尾けられてて、しかも歩美とちひろ(恐らく栞も)を同時攻略していることがバレています。

それでも迫ってくるということは本気で桂馬が好きなのか、それとも何か裏があるということですね。

女子制服をプレゼントされましたけど、前にコミックのおまけ4コマでちひろからも貰っていますよね。

あれはどう処理したんだろう。

それにしても先々週から登場しているミニ桂馬達が良い感じ。

 

そして新展開。

フィオーレがエルシィに会いに来ました。

最初に見た時よりもへっぽこ感が薄れて見えますね。

初見の時は何やら必死な顔していたから能力の無い人が無理しているように見えたのでしょうかね。

桂馬はフィオーレに何か感じたみたいです。

そうか、かのんを刺した犯人が誰か分からなくても推測することはできますからね。

かのんを刺した犯人がかのん健在の様子を見て、かのんと一番関係の深い悪魔-クラスメートであり、駆け魂を拘留したエルシィに接触するだろうということを。

 

「結界師」

水月と竜姫は出身地が同じというだけで特につながりはないみたいですね。

月久は死亡。

2度目もあっけなかったな。

そして動き出した最強のまじないとまほら様。

その上、良守たちも来るんですよね。

傍観するしかない正守がなんか可哀想に見えてきた。

 

「はじめてのあく」

サブローが奪った写真は4人分だけか。

未登場の人のことは結局分からず。

それにしてもサブローの手当てしてやれよ。

握っていた写真だけ取って放置って・・・。

 

そして敵と直接対決。

犯人の目星は付いていたんですね。

ただ、簡単には勝てそうもありません。

何か感じ取ったキョーコがやって来そうですから、前みたいにキョーコピンチでジロー真の力発揮という展開でしょうか。

 

「オニデレ」

盛大に騙されました。

まさかこんな展開だったとは。

2週もギャグ無しで進んだのはこの前フリだったのか。

そして上手くいきそうだったのに邪魔をする助けに来てくれたみんな。

サヤと付き合っていたことがバレてるし、ミヅキにはサヤを託されるし。

やっぱりこの展開が終わったら漫画自体終了するんだなぁ。

ところで会長はロボットに向かって何をやっているんだ。

|

« 焼津、御前崎灯台、ワイロ最中 | トップページ | 浜名湖 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569951/50692828

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー9号:

« 焼津、御前崎灯台、ワイロ最中 | トップページ | 浜名湖 »